『投資』は何から始めたらいいの? まずは本を10冊読んでこい、話はそれからだ。

pexels-photo-1259327

こんにちは! 投資家の澤です。

最近、半年ほど放置していたTwitterを再開しました。

気軽に色々な人と交流を持つ事ができるTwitterは面白いですよね。

私のアカウントはメッセージ機能を開放している(通常は相互でフォローしないとメッセージが送れない)ので本当に様々な人からメッセージをいただきます。

・ビジネスプラン聞いてください!
・出資してください!
・儲かる話があるので今度会いませんか?
・人生相談に乗ってください!
・ハワイについて教えてください!
・お前ネカマだろ! ←私を女性だと勘違いしている人がなぜか多い(笑)

などなど、意味不明なメッセージから深刻な相談など幅広いです。
その中でも断トツで一番多いメッセージがこちら

私も同じように不動産で不労所得を得たいのですが、まずはどうしたらいいでしょうか?

私が不動産投資家という事から、いただく質問の内容はほぼこれです。

不動産投資を始めたくても、何から初めていいのか分からない。。。そんな人が多いようです。しかしこの質問1つに様々な事が集約されていて、正直勿体無いなぁ、と思ってしまいます^^;

質問する前に最低10冊くらいは本を読もう

「何から始めたらいいのか?」という質問に対しては関連書籍を10冊程度とりあえず読んでくださいとお伝えしています。

何から始めたらいいのか分からない状態というのは、その分野に対して全く知識がない状態ですから、まずは基礎知識を学ぶ必要があります。

不動産投資をするならば、不動産関連の本をAmazonでも書店でも10冊ほど購入して全部読んでください。

不動産に限らず株式、FXなんでも一緒ですが、本を10冊読めば殆どの事は理解できます。

複数の本を読むと、違う著者が書いているにも関わらず、共通している内容が多い事に驚くでしょう。それは書いている側も個別に強烈なネタを持っているわけではなく、著者自身にも特別な知識やノウハウがないからです。

世の中に出回っている投資というのは特殊なものではなく、私達のような一般市民が行うようなものですから、基盤となる知識や投資に対する考え方というのは簡単に手に入れられるんですよね。

基礎的な知識がないと質問のレベルが上がらない

投資実践前に既に結果を出している投資家に話を聞く機会があるとすれば、それはとても貴重です。

しかし質問のレベルが低い場合、聞き出せる事は本でも学べる内容と同じで、知識の機会損失とも言えるでしょう。

十分な知識があれば、違った質問をして、書籍には書いていないノウハウなど聞き出せたかもしれません。

質問のレベルを上げるというのは別に投資に限った事ではなく、全てのケースに当てはまります。

最近では暗号通貨のハッキングや流出問題で記者が責任者に対してトンチンカンな質問をして、ネットでバッシングされていましたが、記者の暗号通貨の知識が低く、質問されている側も、それを視聴している側も無駄な時間を過ごしましたよね。

とにかく考える癖を作る

pexels-photo-256548
物事を始める時に「何から始めたらいいのか?」という疑問が出てくるという事は、十分に考えられていない証拠ともいえます。

しっかり考えて、自分で行動を起こす事ができるならば、まずは本やWebで情報収集して、更に疑問が出てきたらそれを調べて、どうしても分からない事がでてきたら、実践で学ぶか、既に投資している人に聞く、という考えに至るはずです。

この考える癖というのは投資するうえで最も重要な能力で、本で学んだ事や人に聞いた事をそのまま実勢すると必ず痛い目に遭います。

本当に借り入れは正しい手法なのか?地方の物件は大丈夫なのか?利回りとリスクのトレードオフの関係はどうなっているのか?などなど考える事ができれば1冊の本を読んでも無限に疑問が湧いてくるはずです。

まずは書籍を読んで、考えて入念に調べる。 質問のレベルを上げて投資家に質問する。という流れが出来たら成功する確立も高まるはずです。


澤 亜澄(Facebook)※友達申請は全員承諾しますよ。
澤 亜澄(Twitter)※フォローお願いします^^