iPhoneのSiriで英語発音チェック。日本人が苦手な英単語10個に挑戦!

こんにちは、澤です。

英語の発音は得意ですか? 英語の発音を上達させるのはなかなか一人では難しいですよね。今日は、そんな英語の発音を一人でチェックできる方法をご紹介します。

スマホやスマートスピーカーを使って自分の英語の発音をチェックする方法です。

iPhoneのSiri、アンドロイドのGoogleアシスタント、Amazonのアレクサなどを使って誰でも簡単に確認する事ができますよ。

今回は私が保有しているデバイスiPhoneで手順を説明します。

本記事と同じ内容の動画もありますので動画を好む人はこちらをご覧ください。テキストが好きな人はそのまま読み進めてください^^

まずはデバイスの言語設定を英語に

デフォルトの状態では言語設定が「日本語」になっているのでiPhoneのSiriの設定を「英語」に変更してください。

変更方法はこちらです。

iPhone、iPad、iPod touch の場合 「設定」>「Siri と検索」の順に選択します。 「言語」をタップして、Siri が要望を聞き取るときや応答するときに使う言語を変更します。

手を触れずに「Hey Siri(ヘイシリ)」と呼びかけて起動させる場合は

ホームから[設定]>[Siriと検索]の手順で進みます。
2項目の「”Hey Siri”を聞き取る」を[オン]にします。

ご注意!100%認識されるわけではない

最近、英語学習者の間でSiri(音声認識デバイスなど)を使って英語の発音チェックが流行しています。その背景には近年の音声認識の精度が格段に上がり、かなりの確率で聞き取りが可能になったからです。

しかしながら英語がネイティブのアメリカ人であってもSiriに聞き取ってもらえない、通じないという事が頻繁に起こるので、しっかりとした発音であっても100%認識される事はないと考えてください。

また、基本的に文章で認識するようなプログラムですので、複数個の単語を連続で言っても認識されません。

1つや2つの単語だけなら問題ありませんが数個の単語を連続で言う場合は文章を作って、その文章で話しかけてください。

日本人最難関の英単語10個

それではSiriに話しかけてみましょう。準備はできましたか?

音声デバイスの言語設定(英語)と起動の設定ができたら後は英語で話しかけるだけです。

日本人が不得意とする英単語を10個集めてみました。 

heart(心臓)

Hurt(痛い)

Walk(歩く)

Work(働く)

Girl(女の子)

Water(水)

Earth(地球)

Squirrel(リス)

Entrepreneur(起業家)

Mirror(鏡)

以上の10個です。これは難しいですよね。しかし単語だけでは音声デバイスに聞き取ってもらえませんので以下の文章を使ってください。

My heart hurts
I walk to work everyday
Are you a girl?
How much water is there on earth?
What kind of an entrepreneur can learn from the squirrel?
Do you know what a mirror is?

いかがでしたでしょうか? 音声デバイスは理解してくれましたか?
もし聞き取ってもらえなかった場合は、貴方の発音方法に何かしら間違っている箇所があるかもしれません。

発音記号を学び、聞き取ってくれない単語がどのような母音・子音で構成されているのか調べてみましょう!

英語の発音は難しいですが、一つ一つの音を確実に学ぶ事が大切です!

それではまた!


YouTube※YouTube始めました!!
澤 亜澄(Facebook)※友達申請は全員承諾しますよ。
澤 亜澄(Twitter)