【アメリカでアフィリエイト】どんなサイトを作る?

online-business-ideas-3

Webメディアのマーケットが大きいアメリカで、アフィリエイトサイトを作ろうと計画しています。

アメリカでのアフィリエイトは稼げる事から、最も競合が多い国なので、作戦が必要です。 闇雲に作っても、その他大勢のサイトに埋もれる事は確実です。

成功する確率を上げる為に、どのようなサイトを作れば、世界のユーザーに受け入れられるのでしょうか。

本記事では、英語圏のユーザーが使ってくれるウェブサイトの条件を考えていきます。

以下のリストは、私が出した条件となります。

  • 自分自身が専念する必要がない
  • 自動でコンテンツが増えていく
  • ページ数が多い
  • 世界中の人が使うコンテンツ
  • Google Adsenseが掲載できる
  • 非英語ネイティブでも勝負ができるジャンル

それでは順を追って説明します。

アメリカ(英語圏)でウェブサイトを作る条件

ちなみに注意して頂きたいのは、これらの条件は、あくまでも私が作成する時の条件です。 これらの条件がアメリカでアフィリエイトサイトを作る場合の最適な条件ではありませんので、ご注意ください。

自分自身が専念する必要がない

Webサイトを作るときに重要なのは、自分が専念しないでも運用できるサイト作りを目指す事です。

ウェブ運営の最大の魅力はインターネット上のサイトが自分の代わりに仕事をしてくれる事です。

自分が朝から晩までサイトを通じて、顧客の対応などに時間を取られるような形を作っては意味がありません。

出来る限り自動化して、最終的に単純作業はバーチャルアシスタントに依頼できるような仕組みを目指します。

自動でコンテンツが増えていく

自動でコンテンツが増えていくサイトは以下の様なサイトです。

  • 掲示板のようなユーザーが投稿する事によりコンテンツが増える。
  • 自動でデータ等を収集して独自のデータベースを構築していく。
  • ブログサービスやキュレーションシステムを提供してユーザーがコンテンツを作っていく。

自分自身がコツコツとコンテンツを作成しないでも、自動でコンテンツが増えていくサイトを目指します。

ページ数が多い

自動でコンテンツが増えていくサイトを作りますが、尚且つページ数を稼げるコンテンツを作ります。

ページ数が10しかないWebサイトよりも、ページ数が1000ページあるサイトの方がユーザーが見つけてくれる可能性が高くなります。

近年のGoogleはページを大量生産するサイトの評価を著しく下げる傾向があります。回避するには長期的に毎日少しずつ良質のコンテンツを生成していくようなシステムが必要です。

アメリカでのSEOやマーケティングは、現時点では一切分からないので、試験的な事も含めて調査していきます。

世界中の人が使うコンテンツ

アメリカ(英語圏)に向けてサイトを作成する目的は、世界中の人に使ってもらい、トラフィックを稼ぐ事です。

その為、英語で作成しても、特定の地域の人がターゲットになっているサイトは趣旨から外れます。

例:ハワイの情報サイトなど。

理想はアメリカ人に向けて配信している情報を、他の英語圏の人達も一緒に利用できるサイトです。

Google Adsenseが掲載できる

広告の掲載はGoogle Adsenseをメインに使いたいです。
理由は「自分自身が専念する必要がない」の条件にも書いたように、自分の時間は極力使わない方向に持って行きます。

ASPから広告コードを取得して掲載する。
成果報酬の広告のCPCを調べて、効率の良い広告を探す。

このような作業に時間を費やしません。

広告収入が落ちても放置できるPPC広告を使います。

非英語ネイティブでも勝負ができるジャンル

英語が母国語ではない人間が、英語圏でアフィリエイトサイトを運用するのは、大きな挑戦です。

専門的な知識が必要となるようなサイトや、ユーザーを言葉で説得させる必要のあるサイトは分が悪いので避けます。

アフィリエイトサイトの条件まとめ

簡単にまとめると、自分は専念したくないから自動でコンテンツが増えてくサイト。
アメリカだけではなく、英語圏のユーザーが使うサイト
広告掲載は面倒なのでPPC広告を使う。
非英語ネイティブでも運営できる楽なサイト。

という事になります。

なんという、自分勝手な条件なのでしょうか。
先日の記事では、アメリカアフィリエイトを成功させるのは並大抵の事ではない。
と書いたにも関わらず、生ぬるい夢の様な条件を出しています。

さて、どうなる事でしょうか^^;

以下の4つの記事も必読の記事です!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

シェアありがとうございます

ABOUTこの記事をかいた人

澤 亜澄

日本、香港でIT会社を経営、35歳で本業から一線を退いて現在はハワイでセミリタイア生活を送る。 日本を含む世界5ヶ国で不動産に現金5億円以上を投資、家賃収入で経済的自由、時間的自由を得る。 「自由な人生」をテーマに企業や組織に縛られない新しい生き方を伝えるブログ。