投資目的で購入したワイキキのコンドミニアムを売却したよ

haarlem-1904288_960_720

こんにちは、海外不動産投資家の澤(@SawaAzumi)です。

昨年の秋頃に投資用に購入したワイキキのコンドミニアムですが、昨年末からリスティングをしていて、先週無事にクロージングが終わり、売却の手続が完了しました。

結局、半年も保有する事なく手放してしまいました。 以下が簡単な物件購入から売却までの流れです。

①エアビーでワイキキのコンドを運用したら儲かるんじゃない、という事で
関連記事
ハワイで不動産投資開始!バケレンで運用すれば大儲け?

②ワイキキで10万ドル以下でコンドミニアムを探し出す

関連記事
Airbnbで運用する為にワイキキのコンドミニアムにオファーを入れました。
購入したコンドコンドミニアムのテナントが退去

③自分でリフォームしてエアビー運営も自分で計画して
関連記事
コンドのリノベーション。古いキッチンや洗面台を取り外すよ
ポップコーンシーリング(アスベストの天井)を除去
ハワイでDIY:コンドミニアムのリノベーションが完了

④購入後直ぐに管理組合から短期貸し禁止令が出て
ハワイで購入したコンドミニアムがいきなり短期バケレン禁止

⑤仕方がないので直ぐに売却しました → 今ココ

簡単に経緯を要約すると、バケレン目的で購入したコンドが購入後すぐにバケレンが禁止なり、当初の予定通り事が進まなくなったので、損切り覚悟で売却をしました。

いくらで購入して、いくらで売却したの?

coins-948603_960_720
コンドミニアムは73k(73000ドル)で購入して、売却価格は95kです。

なんと、損切り覚悟の売却が22000ドル高く売る事が出来ました。

不動産の売却益で22000ドルは大した金額ではないと思われるかもしれませんが、購入した元の値段が73kですから、数字的には短期間で3割近くも値上がりした事になります。

3割も高く売却出来た理由は、相場よりも遥かに低い価格で購入できた事と、ハワイナンバーワンのハンディマンである私自ら綺麗にリフォームした事です。|ω・`)チラ

もちろん、売却手数料やリフォームに使った費用があるので、22000ドルが丸々利益ではありませんが、赤字覚悟で売却したにも関わらず、黒字になってラッキーでした。

( ๑´艸` ๑) ムフフ

フリップ投資はリスキーで魅力的ではない

dilapidated-983952_960_720
今回のコンドミニアムの売買ですが、結果的にフリップ投資になりました。

フリップ投資とは古びた不動産を購入して、リフォームを施し、物件の価値を高めて売却益を狙う投資法です。

特にアメリカではこのフリップ投資を生業にしている投資家が多いのですが、今回自分で経験して改めて極めてリスクの高い投資方法だと実感しました。

売却益を狙うという事は、売れなかった場合、赤字になります。 しかも不動産の場合、固定資産税、管理費など月々に必ず発生する固定費があります。

購入者が現れない場合は、株や為替のように塩漬けにすればするほど、赤字が確実に増えます。 株や為替はその後、価格が戻ったり値上がる可能性はありますが、不動産にはそのような事は起こりにくい。

不動産は一度値段が付いてマーケットに長い間売れないでいると、いくら不動産のマーケットが上昇したとしても、突然に複数のバイヤーが殺到して値段を押し上げるという事が確率的に起こりにくいからです。

しかも流動性が低い不動産は、瞬時に損切りする事も出来ません。

フリップ投資をするならば、自社でリフォーム会社、不動産会社を抱えるくらい投資家側に優位性がなければダメでしょうね。

何れにしても、損を作ることなく切り抜けられて良かったε-(^∇^*)ホッ

以下の4つの記事も必読の記事です!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

シェアありがとうございます