外壁塗装は築何年目にする必要がある? 本当に塗装なんて必要なの?

3295176921_b4f48cf43e_o

こんにちは、不動産投資家の澤(@SawaAzumi)です。 普段はハワイに住んでいますが、今月は夏休みを利用して日本に一時帰国しています。

日本滞在中は普段は賃貸に貸し出している物件が空いていたので、そこに家族で滞在しています。 物件といっても、10年前に新築で購入した自分の自宅ですけど。

先日、近所の人達と一緒に食事をする機会がありました。 話題に上がったのは住宅の外壁塗装です。 皆同じタイミングで10年前に住宅を購入している為、そろそろ外壁塗装をした方が良いのではないかと話が出ました。

外壁塗装って10年くらいでやるのが良いと言われていますが、本当でしょうか? ハウスメーカーが利益を出す為のウソなんじゃないかと思って調べてみました。

だって自宅の外壁はこんなに綺麗なんです。
IMG_6109
10年経過して、多少汚れている部分はありますが、コケ・カビは一切なし、クラックなどの亀裂もありません。

築10年って内装もまだまだ綺麗です。
IMG_5424
外壁も内装も所々、古くなってきている部分はありますが、大規模な補修が必要になる場所は一切ないですね。
IMG_5427
ちなみに、通常は賃貸に貸し出しているので家具などは一切ない状態で暮らしています。 なんだかリアルミニマリストになった気分です(笑)

こんな状態で1ヶ月近く暮らしていますが、別に不便さはありません。 家具って要らなかったんだ!

メンテナスが必要な個所は自分でやりました。 例えば、家の周りの雑草を抜いたり
IMG_6108
障子の底の部分が劣化していたので、ホームセンターで敷居滑りを買って直したり。
IMG_6054
補修が必要なのは、本当にこのような小さな部分だけです。 

話を戻しますが、このような綺麗な状態でも、外壁塗装は本当に必要なのでしょうか?

外壁塗装は10年毎に必要は嘘?本当?

自宅はハウスメーカーで建てたのですが、ハウスメーカーに外壁の事を聞くと、予想通り目安は10年くらいですと回答がありました。

ハウスメーカーの話では塗装は毎日紫外線を含んだ日差しと、雨風にさらされているので、毎日劣化を繰り返していて、目に見えて劣化が始まってから外壁塗装をした場合手遅れになるケースがあるという事でした。

例えが悪いですが、病気と同じですよね、病状が悪化してから手術するよりも、初期の段階で治療をすればそれだけ長生きできて、医療費もかからないという事でしょうか。

でもね、ハウスメーカーの言う事なんて簡単には信じません。

塗装業20年の友人に聞いてみた

高校を卒業してからずっとペンキ屋として働いている友人がいます。 工務店やハウスメーカーで外壁塗装を依頼しても結局、外注して職人を使いますので、私の友人のような職人が色々な住宅の塗装をしています。

友人にハウスメーカーにした同じ質問「外壁塗装は築何年目にしたら良い?」と聞くと、「10年くらいが目安かな」と同じ返答でした。

どうやら、本当に外壁塗装は10年くらいの目安で塗装した方が良さそうです。

実は新築の場合は10年ではなく5年で塗り直しが必要?

外壁塗装は順番にアクリル樹脂塗料、ウレタン樹脂塗料、シリコン樹脂塗料、ラジカル制御型塗料、フッ素樹脂塗料と高級になり、耐久性も高くなります。 

新築の家の場合、アクリル樹脂塗料を使用している場合が多いです。 新築の場合、メーカーが利益をだす為に安いペンキを使う事も理由の一つですが、住宅は湿度や温度、気圧などの変化により少しずつ動きます。 新築で住宅を建てた場合、その影響が最初の数年間多く受ける事になります。

その為、どのような塗料を塗っても、亀裂など入りやすくなり、初期の段階では安価なアクリル樹脂塗料を塗って住宅が或る程度落ち着いてから、耐久性の高いペンキを塗るのが常識となっているようです。

その為、新築の場合は5年くらいで外壁を塗る事を進める業者もいます。

10年で外壁塗装が必要な理由

10年で外壁塗装が必要なのは10年前後でペンキの寿命が切れるからです。 ペンキは雨風や紫外線から外壁を守っています。 ペンキの寿命が切れた状態で長期間放置すれば、雨水が浸透して壁を腐らし、梁や柱など住宅の命ともいえる場所まで浸食する可能性があります。

外壁をきちんと保護する目的で10年前後で塗装が必要です。

でも業者の言う事は100%鵜呑みにしてはいけない

10年で外壁塗装が必要というのは一つの目安です。 まずはハウスメーカーにどのような塗料を使用したのか確認してください。 新築の場合ではなく、過去に塗装をしている場合は業者に使用した塗料を確認してください。

外壁塗料の場合はアクリル塗料、ウレタン塗料、シリコン塗料、ラジカル塗料、フッ素塗料、断熱塗料、遮熱塗料、光触媒塗料、無機塗料、ナノテク塗料など色々な種類があります。 アクリル塗料の場合5年~10年くらいで塗り替えが必要になるし、高価なフッ素塗料を使っている場合は20年くらい持つ可能性があります。

難しいのは高額な金額を出したとしても、下請けの下請けに仕事が回って、安価なアクリル塗料が使用される場合も考えられるので、支払った金額で判断してはいけません。

ハウスメーカー以外で塗装するとハウスメーカーの保証が消える?

ハウスメーカーと話をしていて酷いと思ったのは、外壁塗装を含めた住宅のメンテナンスを他の業者で行った時点でメーカーの保証が終わるという事です。

外壁塗装などはハウスメーカーを通さないで工務店や塗装職人に直接依頼すれば、それだけ安く塗装する事が可能です。

簡単な見積もりで比較した場合、ハウスメーカーは約130万に対して工務店は70万ほどです。 同じ塗料を使って同じレベルの職人が作業した場合、金額にして60万円も差が出てきます。

メーカーは看板を背負っているので、なにかあった場合の責任は追及できるので、金額に差がでるのは仕方ありませんが、他の業者で塗装を行った場合、ハウスメーカーの保証が全てなくなるのは納得がいかない部分です。

自宅は今年で築10年、外壁塗装はどうやら10年毎にする必要があるので、そろそろ正式な見積もりや検査などのアクションが必要です。

うーん、メーカー保証どうしようかな、、、塗装する時はハワイから依頼する事になるので、やっぱりメーカーに依頼してしっかり仕事してもらった方がいいかな。。。

皆さんは10年くらいで外壁塗装しましたか?

以下の4つの記事も必読の記事です!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

シェアありがとうございます