アメリカで高騰する家賃が深刻化、各主要都市で生きていくのに必要な給料はこの額だ!

6242791556_8525b06d76_b

こんにちは、不動産投資家の澤(@SawaAzumi)です。

アメリカでは年々高騰している家賃が深刻化しています。 都心部では高額な家賃を支払う事が出来なくなり、地方に引っ越す人、シェアハウスに移り住む人、ルームメイトを募集する人などが増えています。

中には住宅を借りる事が出来なくなり、キャンピングカーで生活する人も現れました。
⇒アメリカ不動産:家賃の高騰によりキャンピングカーで生活する人が増加

不動産のデータを取り扱うSmartAsset社がアメリカで最も大きな10都市で2ベットルームを賃貸するのに必要な給料を割り出しました。

使用されたデータは2016年度の不動産賃貸価格、算出された家賃価格は給料の28%。 アメリカ政府は快適に日常を過ごす為に毎月の家賃は給料の30%程度に収める事を推奨しています。 それを踏まえ、電気、水道等の用役費を引いた28%がベースとなっています。

以下がアメリカで最も大きな10都市で必要な給料額ランキングです。

ダラス, テキサス州

dallas-555778_960_720
家賃を支払う為に必要な年収: $62,700
2ベッドルームの平均家賃: $1,463
昨年度との変動比: 10.2%

フィラデルフィア, ペンシルベニア州

CITY_HALL_PHILADELPHIA
家賃を支払う為に必要な年収: $65,100
2ベッドルームの平均家賃: $1,519
昨年度との変動比: -0.5%

シカゴ, イリノイ州

Chicago_skyline,_viewed_from_John_Hancock_Center
家賃を支払う為に必要な年収: $76,071
2ベッドルームの平均家賃: $1,775
昨年度との変動比: 1.7%

マイアミ, フロリダ州

Biscayne_Boulevard_night_20101202
家賃を支払う為に必要な年収: $90,300
2ベッドルームの平均家賃: $2,107
昨年度との変動比: 8.7%

シアトル, ワシントン州

Seattle_from_Kerry_Park_(1)
家賃を支払う為に必要な年収: $98,271
2ベッドルームの平均家賃: $2,293
昨年度との変動比: 7.3%

ワシントンD.C.

capitol-395038_960_720
家賃を支払う為に必要な年収: $119,271
2ベッドルームの平均家賃: $2,783
昨年度との変動比: 3.7%

ボストン, マサチューセッツ州

15296417146_65e70a4c60_b
家賃を支払う為に必要な年収: $120,900
2ベッドルームの平均家賃: $2,821
昨年度との変動比: -0.2%

ロスアンゼルス, カリフォルニア州

LA_Skyline_Mountains2
家賃を支払う為に必要な年収: $145,629
2ベッドルームの平均家賃: $3,398
昨年度との変動比: 17.1%

ニューヨーク, ニューヨーク州

new-york-city-1150012_960_720
家賃を支払う為に必要な年収: $158,229
2ベッドルームの平均家賃: $3,692
昨年度との変動比: -0.1%

サンフランシスコ, カリフォルニア州

san-francisco-918903_960_720
家賃を支払う為に必要な年収: $216,129
2ベッドルームの平均家賃: $5,043
昨年度との変動比: 7.4%

いかがでしたでしょうか? サンフランシスコで2LDの住宅を借りるには年収で2200万円が必要という事になります。 実際は共働きだったり、年収1000万円の人が借りていたり、理想とは違います。

今度もアメリカでは継続して家賃は上昇してくるのでしょうか? 
ちなみに今回はアメリカの大きな都市だけが算出されているので、ホノルルやサンディエゴといった賃貸が高騰している地域は今回はランキング外となっています。

ホノルル市の家賃上昇も深刻な問題で、給料が低い人達は経済的に住む場所がなくなり、家賃の安い内陸部へと移動していっています。

今度このトレンドが継続して、最終的にハワイの海岸沿いには所得が高い人しか住めなくなるかもしれません━━((((。iдi。)))━━

以下の4つの記事も必読の記事です!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

シェアありがとうございます