税金を恐れないで生きる、税金から逃れるために海外移住する人達に思う事

NZ-Tax-Haven-FB-Thumbnail

こんにちは、2013年から海外に移住した澤(@SawaAzumi)です。

皆さん、税金払うの好きですか? 私は嫌いです。

もう何億円と税金を払ってきたか分かりません。 30代でこれだけ税金を国に収めた人も珍しいでしょうから、国から表彰してもらいたいくらいです。

最近は慣れましたけど、会社を設立した当初は税金を支払うのはどうも納得がいかない時期がありました。 

だって、稼いだお金の半分は税金で取られますからね。 なんか一生懸命働いたのに手元に残るお金は少ないな、、、、みたいな(TдT)

私はお金を稼いでも脱税で捕まって追加徴税されたら意味がないと思っているので、税金はきっちり支払うタイプです。 現金収入は一切ありませんから誤魔化しようがない事もありますけど。

税金を少なくするために出来る限りの税金対策はしました。 例えば、日本に住んでいる時に海外不動産を購入したり、でも合法で出来る節税対策なんて、大したことなんですよね。

そんな合法でできる節税対策の中でも考えさせられる方法があります。

それは「海外移住」です。

一部の会社経営者やトレーダーなどで、日本の税金から逃れるために海外移住する人達がいます。

例えば、相続税、所得税の安いシンガポールや香港などです。

しかし、自分の人生の生活拠点を変えてまでする価値のある節税行為なのでしょうか?

お金に支配されている

CQoUpmkUEAAoCJc
先に断っておきますが、私自身も海外移住しているので、海外移住者をディスっている訳ではありません。 また、香港やシンガポールを移住先として相応しくないと言っているのではありません。

税金から逃れる為に海外移住する人達は「お金に人生を支配されています」 だって、香港やシンガポールが好きで移住したわけではなくて、自分の所得が減らない場所に移住したんですよね。

お金というのは面白いもので、時より人間の精神構造を支配します。 自分では気付いていないけど、お金に対して過度の執着を持つ人はたくさんいます。 

例えば、「俺はお金に興味がない」とか、「お金があっても幸せになれるとは限らない」とか、闇雲に「お金持ちになりたい」とか言う人達いますよね。

別に過度にお金を否定的に考えたり、幸せとお金を結びつけたりする必要なんてないんです。 勿論、生きていく上で最低限のお金は必要ですが、幸せとお金を結びつけて考えるなんて、お金に精神構造を支配されているからこそ、そんな発想が生まれるのです。

税金から逃れる為に海外移住する人達も同じです。 シンガポールに移り住む事は本当に貴方のやりたい事だったのでしょうか、貴方の人生で成し遂げたい事だったのでしょうか?

自分の本当にやりたい事の延長線上に「海外移住」があれば、それは最高の選択です。 しかし、大抵の人は税金面でのメリットがなければ、シンガポール、香港には住んでいないでしょう。

お金に支配される人生って、楽しいですか?

アメリカ国籍を捨てるアメリカ人

Patriotic boy with American Flag
似たような話で、アメリカ国籍を放棄する米国人が多くいます。 アメリカ人の場合、IRS(日本でいう国税局)が強烈過ぎて、米国外に移住したくらいでは税金から逃れられません。

日本の場合、居住場所によって課税場所が決まりますが、アメリカ人の場合は居住場所ではなく、国籍です。 アメリカ人でいる限り、世界のどこに行っても米国に申告義務が発生します。

その為、ベンチャー企業などで大金を稼いだ場合、税金の支払いを逃れる為、アメリカ国籍を捨てるアメリカ人が増加しています。

有名なケースでは、FaceBookの創立者の一人であるエドワルド・サヴァリン。 米国国籍からシンガポールに国籍を移しました。 また、歌手のティナ・ターナーも米国籍を税金逃れの為に捨てています。

彼らもお金に支配されていると思いませんか? 自分の国の国籍を捨ててまで守りたいほどお金って価値あるものなのでしょうか?

米国の場合、米国籍を放棄した人に対して、アメリカに再入国を認めない法律を作ることを検討しています。 将来、税金対策の為にアメリア国籍を捨てた人は自国に戻ってこれない可能性もあります。

アメリカ人が国籍を捨てる他の理由

・所得税率が高い。 全世界の所得に対する課税額、外国所得の控除を入れても高い税率になる。

・外国金融口座の報告、米国人は自分の財産、銀行口座の残高、株など全て申告する必要がある。 米国人はこの完全な管理体制に嫌気が指している。

・外国金融口座のペナルティ、上記のルールに従わないで申告しなかった場合、高額なペナルティが課せられる。

・外国の金融口座を開けない:ヨーロッパなどでは、アメリカ人と言うだけで、口座を開く事が出来ない。

アメリカ人の場合は単純に税金対策というよりも、自国に嫌気が指して米国籍を捨てる人達も多くいます。

税金はドンドン払って、その分稼げばいいじゃん

kaliteli-duvar-kagidi-wallpaper-5
確かに税金を支払うのは嫌です。 個人も企業も節税対策はしっかりするべきです。 支払う必要のない税金は国に収めるべきではありません。

しかし、自分の人生に大きな影響を与えるような事、「海外移住」や「自国の国籍を捨てる」までして、節税とはするべき事なのでしょうか?

1億円稼いで5000万円税金で取られたら、また1億円稼げばいいじゃないですか。

稼ぐ自信がなければ、最初から1億円稼いだと思わないで、5000万円だったと思えばいいじゃないですか。

そのお金が自分や家族の生死を分けるほど額なら、海外移住して節税する価値があるかもしれませんが、多くの人は富裕層で、そこまでして守る必要のないお金だったりするんですよね。

以下の4つの記事も必読の記事です!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

シェアありがとうございます