ハワイで不動産エージェントを変えたい場合はどうすればいいの?

980x

こんにちは、ハワイ在住の澤(@SawaAzumi)です。

ブログの検索ワード(検索エンジンからどのようなキーワードを使ってユーザーがアクセスしてきているか)を調べていた所、「ハワイ 不動産エージェント 変えたい」というワードで多くの人が検索していました。

どうやら、ハワイで不動産エージェントを通して不動産物件を探しているけど、不動産エージェントを変えたいと思っている人が多いようです。

日本人の事ですから、エージェントを変更したいと伝えると、相手が傷つくのではないか、怒るのではないか、と思って出来るだけ波風立てずに変更できる方法はないのかと検索しているのでしょう。

さて、ハワイの不動産エージェントを変えたい場合はどうすればいいのでしょうか?

エージェント変更には遠慮なく意思を伝えよう

不動産エージェントは実際に物件の売買が成立しなければ、報酬が発生しない為、物件の案内などをしてもらうと気が引ける人もいると思います。

しかし、これだけ不動産エージェントが乱立している中、物件の売買を取りやめたり、エージェントを変更したりするのは日常茶飯事です。

不動産エージェント側も慣れていますから、もしエージェントを変更したいと思っている場合は、遠慮なく相手にその意思を伝えましょう。

しかし、相手に伝えるにしても「あんたは無能で、押しが強すぎるし、不動産の知識が全然ない。 動きも遅いし、無理!」と伝えると慣れているエージェントでも、傷つきますから、お礼と共に「既に違うエージェントに依頼する事にしました」と伝えましょう。

みんなどんな時にエージェントを変更しているの?

不動産エージェント変更の目安は人それぞれですが、一般的に主な理由で変更する人が多いです。

・コミュニケーションスキル不足
・答えられない質問が多い
・近隣地域に対しての知識不足
・予算外(興味のない)の物件を案内される
・電話やメールのレスポンスが遅い
・要領が悪い
・交渉力が弱い

こうやって考えると不動産エージェントには色々なスキルが必要ですね。

不動産エージェントの変更のタイミングなどは自由ですが、Buyer’s Broker Agreementsの契約書を交わしている場合は注意が必要です。

Buyer’s Broker Agreementsの契約書を交わしている場合

iStock_buyer_broker_contract-1024x685
Buyer’s Broker Agreementsとは不動産エージェントと交わす媒介契約書の事です。

通常、住宅を購入する際に結ぶPurchase Agreement(売買契約書)の前にエージェントと媒介契約書を結びます。

Buyer’s Broker Agreementsは様々な種類や形式がありますが、大きく分けてExclusiveとNon-Exclusiveに分かれます。

Exclusiveとは独占的なという意味で、日本の媒介契約書でいう専属専任媒介契約(Exclusive)と一般媒介契約(Non-Exclusive)のようなものです。

既に不動産エージェントのBuyer’s Broker Agreementsを交わしている場合は、不動産エージェントを変更する前に契約内容を確認してください。

Non-Exclusiveの場合、複数のエージェントと契約する事が可能ですが、一番最初に案内された物件は案内したエージェントに権利が発生します。 Exclusiveの場合、他のエージェント経由で購入すると契約違反となり、契約しているエージェントが報酬を得る事になります。

どのような契約内容になっているのか判断が出来ない場合は不動産専門の弁護士に契約内容を確認してもらいましょう。

弁護士に相談する前に、不動産エージェントにBuyer’s Broker Agreementsを交わしているけど、契約を解除してくれないか確認するのが良いでしょう。

多くの不動産エージェントはBuyer’s Broker AgreementsがExclusiveの場合であっても、契約解除してくれるものです。

一番良くないのは、エージェントに黙って他のエージェントに変更して物件の売買をする事です。 これは、契約書を交わしていない状態でも同じです、必ず、相手に敬意をもってエージェントを変更したい意思を伝えましょう。

契約書の期限を確認しましょう

不動産エージェントとBuyer’s Broker Agreementsを交わしている場合で、直接エージェントに伝えたくない場合、契約書の期限が切れるまで待つ方法もあります。

契約期間は様々ですが、一般的にはNon-Exclusiveの場合は1ヶ月か2ヶ月、Exclusiveの場合は3ヶ月から1年の契約期間が多いです。

この契約期間が過ぎれば、不動産エージェントとは関わりがなくなりますから、直接本人に伝えないで、不動産エージェントを変更したいと思っている場合は、契約が切れるのを待つのも良いでしょう。

Buyer’s Broker Agreementsの契約をする前に確認する

不動産エージェントとBuyer’s Broker Agreementsの契約を交わす時に、途中で解除したい場合はどうすれば良いのか確認してしまいましょう。

プロフェッショナルなエージェントの場合は、「お客様が満足して頂けなかった場合は自由に確約してください」や「必ず満足して頂ける物件をお探し致しますので、そのような事は起こりません」などと個人的に確約してくれるはずです。

それが「そういった契約破棄は困ります」「途中解約した場合は訴訟問題になりますので」という返答が来た場合は、そもそも、その不動産エージェントとは契約を結んではいけません。

それともう1点、不動産エージェントと結ぶ契約はエージェント側も解除できますから、無茶な要望や俺様はお客様的な態度で接するのは止めましょうね^^;

以下の4つの記事も必読の記事です!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

シェアありがとうございます