他人の成功体験を参考にしてはいけない、成功哲学は学ぶだけ時間の無駄

person-1245959_960_720

こんにちは、連続起業家の澤(@SawaAzumi)です。

ビジネスでも投資でも自己啓発、成功哲学の本やセミナーって世間に溢れています。 それに付随して一生懸命、他人の成功体験や物事の考え方を吸収しようと勉強している人達も多いですよね。

そのような人達を最近では「意識高い系」とでも言うのでしょうか、成功を目指している人達は競うように本を購入したりセミナーに参加しています。

でもね、最近、気付いたのですが、実際に成功した人達の考え方や理屈・理論って聞くだけ時間の無駄なんですよ。

そんな成功者の話に耳を傾ける時間があったらもっと他の事にその時間を使うべきです。

もっと極端な事を言うと、他人の成功体験を参考にすると、逆に自分の成功が遠のく可能性があります。

成功者による成功理論は多くが後付であり再現性が乏しい

SteveJobsBook
松下幸之助、本田宗一郎、孫正義、稲盛和夫、ビルゲイツ、ステーブジョブスなどなど私も色々な成功者の本を読み漁った時期がありました。

有名な経営者たちは心を打たれる名言を多く残しているので、読み物としては非常に面白いです。

しかし、各成功者にはそれぞれ独自の成功要因が存在していて、それは一般化できるものではない事から、成功哲学を学ぶという意味では殆ど意味ありません。

仮に成功者の成功理論を実行した所で、期待通りの結果が得られる事はまずない。 なぜなら、成功者が持っている成功要因の条件が貴方には存在していないからです。

成功要因の一つ、例えば時代やタイミング

ビジネスや投資を成功させるには時代・タイミングも大切です。

例えば15年前にインターネットビジネスで成功したIT会社社長の成功体験を参考にしたとしても、今からIT会社を興すのは難易度が違います。

時代、タイミング、考え方、行動など本当に色々な条件が重なって成功・結果が生まれます。 それを真似しても同じように成功する事は出来ないんです。

ゴルフのスイングに置き換えると分かりやすい

12900110563_9b7a1a10c6_z
自己啓発とか成功哲学というと形のない考え方が基本となっているので、分かりずらいですが、ゴルフのスイングに置き換えてみましょう。

ゴルフはボールをどれだけ正確に狙った所に飛ばして落とすかを競うスポーツですから、何十年も前から、どうやったら正確なショットを打てるのか研究されています。

これが面白い事に、時代時代に正しいスイングの方法が変わっています。 例えば、以前まではクラブを振る際は右に体重を置いて打つ時に左に体重を移動するスイング理論が主流でした。

しかし、近年のゴルフ理論では右左に体重移動するとタイミングが狂った場合、コントロールが悪くなる事から、一切体重移動をしない事が最新の打法とされています。

他にも沢山あります、以前まではゆっくりテイクバックする事が理想とされていましたが、最新のゴルフ理論では早くテイクバックして、下してくる反動でボールを遠くに飛ばす事が理想といわれるようになりました。

なぜ理論がコロコロ変わるのか?

board-776688_960_720
これだけコンピューターが発達している時代ですから、計算式で最新のスイング理論をはじき出す事は可能です。 それにも関わらず、コロコロ理論が変わります。

時にはタブーとされていた事が突然、推奨されたりするのです。

これは、その時の時代で強い選手のスイングが参考にされるからなんです。 優勝して賞金王になれば、タブーとされていた事も認められてしまいます。

ゴルフは綺麗なスイングを競う協議ではありませんから、このような変化が起こります。

プロのゴルフ選手は身長も骨格も人それぞれなので、みんな本当にスイングがバラバラです。 誰一人として同じスイングをする人はいません。

ビジネスや投資も同じ。 考え方・理屈・理論を競うのではありません。 結果が全てなのです。 

成功哲学を学ぶ人は最新のゴルフ理論を学ぶのと同じ

board-1097118_960_720
一生懸命、成功者の話を聞きにセミナーに通っている意識高い系の人達は、最新のゴルフ理論を学んでいるのと同じです。

その時代の強者によってゴルフ理論が変わる様に、その時代のビジネスや投資の成功者も考え方、行動が変わるのです。

ゴルフの場合、身長、骨格が違う様に、ビジネス・投資も考え方・行動が違います。 再現する事が極めて難しいのです。

仮に再現する事が可能ならば、プロのゴルファーは皆同じスイングをしているはずです。 ビジネスの成功者も皆同じ考え方をしているはずです。

みんな違うという事は、参考にしても時間の無駄だという事です。

基礎勉強は必ず必要、基礎と成功哲学は全く別物

成功者の話は一切参考にならないという事ではありません。 やはりゴルフのスイングにも基礎があるように、ビジネスや投資にも基礎が存在しています。

基礎を学ぶという意味では意義は大いにあります。

例えば、不動産投資の場合、利回りの計算方法、税金、経費、ローン、全体的な仕組みなどは考え方ではなく、基礎です。

ビジネスだったら業界のルールや仕組み、他社のビジネスモデルなどを徹底的に勉強する必要があります。

自分だけの成功哲学・理論を探すしかない

17098947926_6bc3857487_z
第一線で活躍するプロゴルファーも若い時は基礎を徹底的に勉強したでしょう。 でも、ゴルフ理論の本やスクールには時間をそれほど費やさなかったです。

それよりも、人より多く練習して、試合に出て、自分のゴルフを追求していったはずです。

ビジネスや投資も同じ。 セミナーや本で人の成功体験や考え方を学ぼうとしている時間があるのならば、実際に行動して、失敗して考えて、どうすれば、思い描いている結果を手に入れらえるのか自分で探し出さないといけません。

それを突き詰めて、自分の成功パターンを見つけた人が上手く結果を残すのです。

という事で、今日からアホみたいな自己啓発・成功哲学の本を買ったり有料セミナーに参加したりするのを止めましょうm9(^Д^≡^Д^)9m

以下の4つの記事も必読の記事です!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

シェアありがとうございます