ハワイでDIY:スプリンクラーのパイプを修理するよ

2

こんにちは、家の修理なら何でもお任せハワイのハンディマン澤(@SawaAzumi)です。

アメリカって住宅でも公共施設でも庭は綺麗に管理していますよね。 日本の場合、草がボウボウに生えている所はたくさんありますが、アメリカには殆どありません。

アメリカはスプリンクラーのシステムが安価で設置できる事、定期的に来て庭木を管理してくれるガーデナーを雇うのも安いですから、庭を綺麗に保てる環境が揃っています。

*住宅の場合は庭を綺麗にしていないとHOA(地域の管理組合)からペナルティを課せられるから、という理由が大半ですけど、、、

今朝、MY畑のスプリンクラーの調子をチェックしていたら、なんと、パイプの一部が割れていて水が漏れている箇所を発見しました。

・MY畑についてはこちら
→ハワイでガーデニング:枝豆をタネから育てて収穫したよー

パイプにヒビが入って水が漏れています。
IMG_5219
これでは水が均等に植物に与えられないので、早急に修復しなければいけません。

スプリンクラーのシステムってどうなってるの?

image_timer_install
アメリカの住宅のスプリンクラーシステムは基本的に全自動で動きます。 手動で動かしている家もありますが、基本的な仕組みは同じです。

流れ的には上記の画像のようなコントロールパネルでスプリンクラーを動かす日時や時間を設定します。 私の家では毎日、朝7時に自動で水がまかれるように設定されています。

仕組みはシンプルで、設定している時間になったら、画像の6番の部分のバブルが開きます。 水道の蛇口をヒネる動作を自動で行っているだけです。

逆に終了時間になれば、バブルが閉まります。

スプリンクラーの水を勢い良く、草木に与えるためにはある程度の水圧が必要です。 その為、家の大きさによっては5箇所、10箇所と時間を分けてスプリンクラーを動作させます。

このコントロールパネルで、時間以外にも分散する場所の設定なども行う事が出来ます。

スプリンクラーのヘッド

dreg1
スプリンクラーの水が飛び出す部分のヘッドは大きく分けて2種類あります。

Spray Head SprinklerタイプとGear Drive Sprinklerです。

Spray Head Sprinklerはガーデンなど花や植物の場所にそのまま設置するタイプで、Gear Drive Sprinklerは芝生の中に埋め込むタイプです。

Gear Drive Sprinklerは水圧がかかると頭の部分が出てきて、水圧が弱まると戻ります。 芝の上は人や動物が歩くのでSpray Head Sprinklerのようなタイプは適していません。

Spray Head Sprinklerのイメージ。
5000_HouseSpray
Spray Head Sprinklerはこんな感じです。
maxresdefault
芝の上に置いて手動で行うタイプもあります。
Garden-sprinkler-rotate-360-degrees-automatic-sprinkler-Gardening-spray-irrigation-Green-water-head

破裂したハイプを買いにホームセンターへ

近所のホームセンター、City Millにやってきました。

City Millの良い所は店員さんが多く、親切な事です。 The Home DepotとかLow’sは店員が少ないのと、店員に知識がなくて質問しても役に立たない事がたまにあります。

早速、ガーデニングコーナーに向かいます。 パイプがありました、3ドルです。 安い!
IMG_5243
ジョイントの部分もついでに変更します。 1.5ドルでこれも安い! *実際買ったのはこれではありません。
IMG_5244
テフロンテープは水回りの修繕には必需品です。 パイプなどのジョイント部分にテープを張ることに寄って隙間を埋める事ができます。 でも家にあるので買いません。
IMG_5248
スプリンクラーのヘッドなどもも沢山売っていますよ。 ホームセンターで全てのスプリンクラーのセットを買い揃える事が出来ます。
IMG_5247
でも、これも必要ないので、今回はパイプとジョイント部分だけ購入してきました。

修理をするよー

破裂しているパイプをジョイント部分から切り離します。
IMG_5257
全然取れない、、、もう何年も前の物なのでしょう。 

仕方ないので、電動ノコギリでカットします。 家の修理をするのに、道具をその都度買っています、結構揃ってきました^^
IMG_5258
カットしても中にパイプが残っているので、それもカット。
IMG_5259
中身をペンチで取り出します。
IMG_5260
後は反対側も同じようにカットして中身を取り出せば、後は新しいパイプに交換するだけです。

買ってきたジョイント部分を装着しますー
IMG_5263
完成しました。 どうですか、簡単でしょう?
IMG_5264
後は、家のスプリンクラーのコントロールパネルを操作して水を放水します。
IMG_5265
少し画像では分かりづらいですが、綺麗に水が出るようになりました。
IMG_5266
使ったお金は4.5ドルの500円です。 これをガーデナーやハンディマンに依頼すると最低でも50ドル~80ドルとかするでしょうね。 いや、ハワイの場合、100ドルとか請求してくるかもしれません。

自分でやれば500円、依頼すれば1万円、、、 (; ・`д・´)…ゴクリ

というか、ハワイの場合、依頼しても当日に来ない場合がありますからね、こういうのは何でも自分で出来るようになっていた方が楽です。

アメリカの家は大抵自分で修理できるようになっていますから、アメリカ在住の皆さん、修理は自分でトライしてみてください。

以下の4つの記事も必読の記事です!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

シェアありがとうございます