ブロックチェーンの技術で町から不動産業者がいなくなる日が近づいている。

pexels-photo-373912

こんにちは、不動産投資家の澤(@SawaAzumi)です。

私のように比較的安価な物件を頻繁に取引するような不動産投資家の敵は売買時の手数料です。

塵も積もれば山となる、、、ではありませんが、手数料ってバカになりません。

不動産の売買時に頼りになる不動産業者ですが、その手数料をもっていくのも不動産業者なんですよね。

個人的にはもう不動産屋って時代遅れだなぁと思うのですが、実際、人口知能が発達すれば真っ先に必要なくなる職業の一つと言われています。

しかし、不動産業者が、どのような流れでなくなっていくのか想像がつかない人もいるでしょう。

という事で今回は具体的にどのような形で不動産売買の業界が変わっていくのか説明したいと思います。

WWWの発明で不動産取引に大きな変化があった。

world-wide-web-341418_960_720
ティム・バーナーズがWWWを発明してから28年経過しました。 

WWWとは、インターネット上で提供されるハイパーテキストシステムの事で早い話がインターネットの事です。

インターネットが発明される前の不動産業者というのは、地域の不動産物件を取り扱う、いわば情報通のような存在でしたね。

地域の不動産の情報が不動産屋に集まるからこそ成り立っていた商売と言えるでしょう。

しかしインターネットが発明されてからは、全国の不動産情報がネットに集約されるようになり情報格差が無くなってきました。

アメリカでは物件の情報に限っては全ての不動産業者が同じ情報にアクセスする形になっています。 川上物件など存在していません。

Zillow、Trulia、Redfinなどの多くの情報サイトが出て来た事により、現時点でも不動産屋が持っている情報と消費者が持っている情報に大きな格差はありません。

一昔前は不動産屋さんに物件を探す依頼をしていましたが、今はインターネットで自分で探して不動産屋さんに依頼するようなパターンも出てきましたよね。 こんな事15年前では考えられなかったでしょう。

このようにインターネットが不動産の情報の垣根をなくしたように、今度はブロックチェーンが取引の垣根を無くします。

REX(REAL ESTATE REVOLUTION)

2
REX(REAL ESTATE REVOLUTION)は不動産売買にブロックチェーンの技術を使ったシステムを開発しています。

取引時にEthereumという技術を使ってコンピュータのスクリプトで契約書や契約を理解して処理してしまいます。

REXは不動産業者を介入する事なく個人間での売買を可能なものにしました。

取引にはブロックチェーンの技術が使わている為、契約書及び金銭のやり取りでの不正は出来ません、しかも仲介は存在していませんので売買手数料は限りなくゼロに近づく。

REX(REAL ESTATE REVOLUTION)はまだ構想の段階で実際にシステムのスタートは2017年末になるようです。

まぁ、個人的にはREXが成功するとは思えませんが、似たようなコンセプトをもとにブロックチェーンの技術を取り入れてZillow、Trulia、Redfinあたりが始めるのではないかと思っています。

ブロックチェーン関連のサービスはアイデアだけで立ち上げるのは難しいでしょう、資本もネットワークも必要になります。

もしかしたらGoogleとかAmazonがやったりして。

誰がプラットフォームを提供するのか分かりませんが、近い将来、不動産の売買は完全に個人間で行われるようになる事は間違いないでしょう。

時代的に「なぜ物件を売買するだけで物件価格の5%とか10%を手数料をして支払わなければいけないのか?」という疑問と不満が今後膨れ上がります。

Amazonが本屋を一掃したように変化は突然やってくる

book-809887_960_720
不動産売買が個人間で行われる? そんなバカな? ネットとか使えない人とか物件を自分で見に行けない人達はどうするんだよ? 複雑な契約書は誰がチェックするんだ?

って思う人もいるでしょう。

でもね、ネットで買い物をする? 送られてこなかったらどうするんだ。 ネットとか使えない人は? 個人情報が漏れるじゃないか? 詐欺だったらどうする?

ってインターネットが流行する前に思っていましたよね。 しかし今はスマホで誰でもネットで買い物する時代になったし、この変化って突然ではなかったですか?

勿論、ネットで買い物が出来ない一部の人達もいるでしょう。 しかし時代はその一部の人達の為には待ってくれません。

町から本屋さんが消えた時のように不動産屋も町から消える日が来ます。

あと3年から5年くらいのスパンじゃないかなぁ。

不動産投資家にとっては売買時の手数料が格段に下がるので嬉しい事ですね^^

以下の4つの記事も必読の記事です!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

シェアありがとうございます