ハワイ州の不動産免許取得に必要な資格と手続きについて。ハワイのリアルター免許を取るぞー!

xl

こんにちは、海外で不動産投資をしている澤(@SawaAzumi)です。

先日、AMAZONで注文していた書籍が届きました。 日本の場合、朝注文すると夕方届いたりしますが、ハワイの場合は1週間以上掛かる場合もあります。

しかもハワイの場合、送料無料ではありません。 送料に4ドルくらい払いました、良く考えたらアラモアナの本屋さんで買えば良かった。

さぁ、何が届いたかな~
IMG_5267
Ta-da!
IMG_5268
注文していた本はReal Estate License Exams FOR DUMMIESでしたー

これは米国の不動産資格取得時の試験問題の参考書です。

ハワイの不動産資格(不動産販売士、ハワイ州宅建とでも言うのでしょうか)の免許を取る事にしました!

そうです、私はこれからハワイ州の不動産屋さんになって、高額な不動産物件を売買して、大きな手数料をGETして、ウハウハな生活を送る予定です。

( ゚∀゚)ムハハ八八ノヽノヽノ \ / \

皆さん、ハワイで物件の売買をする時は是非、私をご指名ください。

・・・・

というのは嘘です。 私みたいな適当な人間にリアルターは務まりません。

ハワイでちょっとした不動産関係の会社を作ろうかと友人と話しておりまして、別にリアルターの免許は必要ないのですが、個人的に興味があるので取得しようかと思っています。

ちなみに、参考書のReal Estate License Exams FOR DUMMIESのDUMMIESはアホとか間抜けの意味ですが、「お前みたいなアホはこれでも読んでおけ」という意味ではありません。

日本語で言うと、「サルでも分かる宅建試験参考書」みたいな感じでしょうか?

早速参考書を読んでみます。

AMAZONで見た時はもっと薄い本だと思っていましたが、分厚くて大きい。 しかも字が小さくていっぱい・・・
IMG_5269
あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

「おれは 数ページ読んでみたが
全く 意味がわからねぇ」

な… 何を言っているのか わからねーと思うが 

おれも 何が起こっているかわからない…

おれは帰国子女で英語が堪能、アメリカの不動産投資だって7年以上やってる

アメリカの物件は30件近く買ってきた…

頭がどうにかなりそうだった… 

最初、ドイツ語の参考書を間違えて注文してしまったのかと思ったぜ…
20150921020517
想像を遥かに超えた文字数にビビリました。
試験に受かるのか急に不安になってきました(´;ω;`)ウッ…

ハワイ州不動産免許取得に必要な資格と手続

real-estate-license
ハワイ州の不動産免許の受験資格は以下の通りです。

1)18歳以上
2)米国市民である、または労働可能なグリーンカードを保持している
3)社会保障番号を持っている

労働ビザを持っていない場合は受験資格はありません。

アメリカは州毎に不動産免許が発行されるので、ハワイ州で免許を取ったとしても他の州では不動産を取り扱うことは出来ません。

ハワイ州の不動産免許を受験するには政府認定のスクールでPreLicensing Educationを60時間受けて、スクールが実地する最終テストに合格する必要があります。

・詳しくはこちら
Department of Commerce & Consumer Affair

PreLicensing Educationの最終テストに合格した人は、州の不動産免許のテストを受験する資格が与えられます。 

不動産資格の試験はUniform(General)(アメリカ全州に関する問題)が80問(150分まで)State(ハワイ州での法律等)50問(90分まで)の2部構成となっています。

ちなみに、私が購入した参考書はアメリカ全州に関する参考書となっています。 という事はあの本とは別に、ハワイ州の法律等も別に勉強しなければいけません。 

(; ・`д・´)…ゴクリ

不動産ライセンスの種類

real-estate-agents-1116779_960_720
アメリカの不動産免許で少しややこしいのがライセンスの種類です。
日本の場合、宅建の免許を取得すれば不動産会社を立ち上げて物件の売買をする事ができますが、アメリカは出来ません。

アメリカの不動産免許は2種類あります。 不動産セールスライセンス(Real Estate Sales License)と不動産ブローカー(Real Estate Broker License)です。

不動産セールスライセンス(不動産免許、リアルター)を取得しても、不動産売買業務は出来ません。 不動産ブローカー(Principal Broker)が経営する会社や事業主に所属して、初めて不動産エージェントとして業務を行う事が出来ます。

■リアルター アソシエート (RA) Realtor Associate
不動産セールスライセンスで不動産協会の会員のエージェント

■セールス (S) Salesperson
不動産セールスライセンスで不動産協会に所属していないエージェント

不動産ブローカーになるには、不動産ブローカーが経営する会社、事業主に所属して3年以上の実務経験を積んだ、不動産セールスライセンス(Real Estate Sales License)保有者にブローカーの受験資格が与えられます。

ハワイ州不動産委員会が実施する不動産ブローカーライセンス(Real Estate Broker License)の試験に合格しなければなりません。

■リアルター (R) Realtor
不動産ブローカーライセンスで不動産協会の会員のエージェント

■ブローカー (B) Broker
不動産ブローカーライセンスで不動産協会に所属していないエージェント

ハワイ州で自分の不動産会社を立ち上げる場合は、セールスライセンスを取得後、ブローカーの資格を取得しなければいけません。 独立するには最速でも3年必要になります。

なぜハワイの不動産資格を取るの?

上記でも言及したように、ハワイで不動産関係の会社を立ち上げるかもしれないので、もしかしたらリアルターの免許を持っていると役立つかもしれない、という事で受験する事にしました。

また、会社を立ち上げる話とは別ですが、投資家としてリアルターの資格を持っているとメリットがあります。

MLS(Multiple Listing Service )というデータシステムにアクセスする事ができるからです。

MLSは日本でいうレインズのようなシステムで、そこに不動産に関するデータが蓄積されています。 不動産投資家としてデータにアクセス出来るのは非常に有利ですので、もし免許が取れたら活用したいと思っています。

*でも、売買とかしないのにデータだけ見たりしても良いのでしょうか?・・・

紹介手数料が貰える

不動産免許を持っていると、他の州の物件購入時に紹介手数料が貰えます。 私は今後もアメリカで不動産物件を購入していく予定なので、ハワイの免許を持っていれば、物件購入時に、手数料を折半したりする事ができるのです。

この手数料目的に不動産の免許を取得しているアメリカ不動産投資家は多いです。

強者になると、リアルターとして活動しながら、良い物件を探している投資家もいます。 さすがにそこまで、私は気合を入れられません。

宣言します

SD-Readyfor100-1200x628Pull-Thru_05
宣言しましょう、私はハワイ州の不動産免許に1発合格します。

私は小学、中学とニューヨーク州に住んでいたので、英語も堪能。 しかも、私は不動産投資家ですから、アメリカ不動産の売買時における法律やルールの知識だって普通の人よりも豊富です。

その私がアメリカの不動産免許のテストに落ちるわけがありません。

必ず1回で合格します。

よし、、、

これだけ自分を追い込めば、勉強するだろ(*゚∀゚)=3ハァハァ.

以下の4つの記事も必読の記事です!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

シェアありがとうございます