ポップコーンシーリング(アスベストの天井)を除去をする方法

add_text

こんにちは、ハワイの家の補修・リノベーションならなんでもお任せハンディマンの澤(@SawaAzumi)です。

現在ワイキキにあるコンドミニアムのリノベーションを行っています。 古いコンドなので天井にポップコーンシーリングと呼ばれるアスベスト(石綿)を含むペンキ素材が使用されています。

ポップコーンシーリングはこんな感じの天井です。 アメリカの古いホテルなどに泊まると良くみかけます。
popcorn-ceiling
アメリカでは、アスベスト(石綿)が含まれた素材を使うことが禁止されたのは1977年。それ以前に建てられた家やコンドミニアムの天井や壁、キッチンの床などにアスベスト(石綿)が含まれている可能性があります。 

アメリカの政府運営環境団体によれば、アスベストが飛散して吸いこまなければ安全との見方なので、そのまま住む分には問題ありません。 しかし、ポップコーンシーリングは見た目が古臭く、今回のリノベーションで出来れば除去したいと思っています。

ポップコーンシーリングは自分で除去できるの?

ポップコーンシーリングとは単にアスベストを含むペンキの素材を天井に吹き付けているだけなので、簡単に除去する事が可能です。

このようにハケのような物で簡単に剥がす事が可能です。 コンドミニアムなら剥がせばコンクリートが、木造戸建てならDrywallか木が出てきます。

その上からペンキを塗ったり、木で覆ったりする事で修飾する事が出来ます。
removing-a-popcorn-ceiling
通常ならばアスベスト除去の免許を保有している業者に依頼するのが正しい除去方法ですが、インターネットで検索する限り自分達で除去している人が多くいます。

免許保有の業者に依頼しなければいけない法律もなく、一説によるとポップコーンシーリング程度の除去でアスベストでの健康被害は被らないと主張する人達もいて、多くの人はDIYで除去してしまいます。

実際に「Popcorn ceiling removal」等のキーワードでYoutubeで検索すると山ほど除去している動画が出てきます。 例えば、この人はパテの下に袋を付けると簡単に取れると解説しています。
2
他にはアスベストが飛び散らないように水分を付けてから除去した方が良いなど、色々なHow toがネットで紹介されています。
4
私のコンドはスタジオタイプでポップコーンシーリングの部分は極めて少ないので、Youtubeで紹介されているように、水分を付けて自分でパテで剥がそうかと考えています。

アスベストの健康被害とは?

ポップコーンシーリングの除去方法を調べると当時にアスベストによる健康被害についても調べました。

アスベスト(石綿)は非常に細く肉眼では見る事のできない極め細い繊維で出来ています。 その為飛散すると空気中に浮遊して、吸入されて人の肺胞に沈着しやすい特徴があります。

万が一吸い込んでしまった場合、アスベスト(石綿)一部は異物として痰の中に混ざり体外へ排出されますが、石綿繊維は丈夫で変化しにくい性質のため、肺の組織内に長く滞留することになります。

この体内に滞留したアスベスト(石綿)が要因となって、肺の線維化やがんの一種である肺がん、悪性中皮腫などの病気を引き起こすことがあります。

しかしながら、アスベスト(石綿)による発病率は極めて低く、40年前にアスベスト(石綿)の吹き付けを生業にしていた人達で、長期間吸った人でも肺がんや悪性中皮腫になる人はごく一部にすぎません。

でも結局アスベスト除去業者を呼んだ

コンドミニアムのマネージャーにインターネット接続の事や駐車場の事を確認するのに話を聞きにいったついでに、自分でポップコーンシーリングを除去しても良いか聞いたら、即答でダメだと言われました(笑)

別にハウスルール(コンドミニアムの規約)にはポップコーンシーリングの除去については書いてないじゃんっと突っ込みを入れたのですが、綺麗に除去できなかった場合、他の住民に迷惑が掛かるからダメという事になりました。

ここで揉めてマネージャーと関係が悪くなると後後面倒なので、素直にアスベスト除去の業者に依頼して除去する事になりました。

日時を決めて依頼したら、さすがプロフェッショナル! ささっと来て、直ぐに除去して帰りました。
img_7920
どのような手順で除去するのか確認したら、私が調べた通り、水分を含ませて剥ぐだけでした。 洗面器の下から水を使っていた。
img_7924
まぁ、余分なお金がかかりましたが、自分で除去したらアスベストを吸っていたかもしれないし、コンドのマネージャーとトラブルになっていたかもしれないので、結果的には良かったですヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ
img_7921

その後は床を綺麗にしました

アスベスト除去の業者の作業後は古いBaseboardを剥がして、カーペットを留めていたTack Stripを取り除きました。
img_7954
取りあえず天井と床は除去完了です。
img_7955
あとは釘を抜いた時に床のコンクリートも一緒に取れてしまったので、これをパテで埋める作業が必要ですね。 でも上からフローリングをひくから別に穴を埋める必要はないかな。
img_7953
次は壁を綺麗にしてペンキを塗る準備をします。

ん? あれ? ちょっと肺が痛くなってきた。。。

息苦しい・・・

まさか、、、アスベストが完全に除去されていなくて、飛散しているのでは?

( ꒪﹃ ꒪)ウッ

以下の4つの記事も必読の記事です!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

シェアありがとうございます