ハワイ・オアフ島のコンドミニアム、戸建ての価格が過去最高価格を記録

waikiki-59dc1d0f147fc4a75e15fd6d1b74d25b

ハワイ・オアフ島の戸建ての平均価格が昨年2015年に過去最高額の$700,000を記録しました。2014年の平均価格は$650,000だったので、1年間で平均3.7%上昇した事になります。

コンドミニアムの平均価格も2014年度の$350,000から2015年度は36万ドルに上がり、2.9%上昇しています。 コンドミニアムも過去最高価格を記録しています。

全米で打撃を受けたサブプライムローンによる不動産価格の下落ですが、ハワイは殆ど影響がありませんでした。 ハワイはその後も、安定的に価格が上昇しています。

物件価格の上昇は主に、物件在庫不足、低金利、安定している経済状況が理由です。

オアフ島の物件の成約スピードも驚異的で2015年では、戸建ての平均契約日数(物件を売りに出して契約に結びついた日数)が20日。 コンドミニアムの場合は平均19日となりました。

物件の取引数は3,455件の戸建て、5,028件のコンドミニアム。 いずれも其々5.2%、4.5%と前年を上回っています。

ハワイ・オアフ島:戸建ての過去最高価格

$700,000 – 2015年
$675,000 – 2014年
$650,000 – 2013年
$643,500 – 2007年
$630,000 – 2006年
$624,000 – 2008年
$620,000 – 2012年

サブプライムがあった2009年が消えていますが、順調に毎年確実に価格が上がっている事が分かります。

ハワイ・オアフ島:>コンドミニアムの過去最高価格

$360,000 – 2015年
$350,000 – 2014年
$332,000 – 2013年
$325,000 – 2008年, 2007年
$317,500 – 2012年
$310,000 – 2006年

コンドミニアムも安定的に上昇しています。 

2016年に入り、建設予定だったカカアコのコンドミニアムが資金難を理由に建設がキャンセルされたり、居住者以外の物件保有者の固定資産税を3倍にするなど議論されています。

詳しい内容はこちらを参照してください。



これらをきっかけに2016年くらいからハワイの不動産の下落が開始するのではないかと個人的には思っています。

どうなる?2016年のハワイの不動産?

2016年の1月の戸建ての価格は $733,500からスタートしました。 2015年の1月の平均価格は$675,000でしたので、なんと1年間の間に8.7%も上昇した事になります。

コンドミニアムに関しては2016年1月の平均価格は$374,500、2015年1月の平均価格は$386,250でしたので、昨年と比べて1.8%価格が下落した事になります。 しかしながら、物件の取引数は18.2%上昇しています。 物件の取引は活発だけど、価格は安定的です。

戸建ても昨年の1月と比べて10.5%上昇しています。 2016年1月の取引数は記録的だったと地元のリアルターが言っています。 

戸建ては$600,000から$800,000、コンドミニアムは$200,000から$400,000の価格が特に売れています。これらの物件レンジは現在も在庫不足となっています。

戸建て、コンドミニアム共に、平均価格前後の価格帯が人気ですが、私が住んでいるハワイカイ周辺の物件(2ミリオン前後)も頻繁に売買されています。 

流石にここまで価格が上がってしまったハワイの物件は、今後も上がる事はないだろうと思っていましたが、今後も少しずつハワイ不動産は上昇を続けるのかもしれません。

今後のハワイ不動産マーケットの動向に注目です、新しい動きがあれば、ブログにてお知らせ致します。

以下の4つの記事も必読の記事です!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

シェアありがとうございます