ミニマリストの生活が共感できる。モノを買わない生活が究極のエコだ!

what-is-minimalist-lifestyle-img

最小限のモノで暮らす「ミニマリスト」と呼ばれる生活スタイルを送っている人達をご存知でしょうか?

最近、日本でもTVで「ミニマリスト」の特集が組まれたりして、言葉だけでも聞いた事がある人は多いと思います。

最小限のモノで暮らす「ミニマリスト」をもう少し具体的に説明すると、普段あまり使わないモノ、代用があるもの、装飾品などを極限に減らして生活する事です。

例えば、パソコン1台あれば、「情報を得る」という意味では新聞やテレビなどは必要ありません。 映画も見れるのでDVDや再生デッキも必要ありません。 また、車はレンタカー、住まいは賃貸にすれば、保有する必要がありません。

装飾品は一切なし、衣類も最低限あればそれで問題ないという考え方が「ミニマリスト」です。

海外ではミニマリストのカリスマと呼ばれる人達も存在していて、そのシンプルな生活スタイルが幅広く全世界で支持されてきています。

ミニマリストは新時代の価値観

gen-z-blog
新時代の価値観はシェアリングエコノミーです。

シェアリングエコノミーは欧米を中心に広がっている新しい考え方で、モノ、お金、サービス等の交換・共有により成り立つ経済のしくみのことを指します。

例えば、自分の住まいの一部を提供するAirbnbや自分の車を貸し出す、シェアリングカーなどです。 その他にもUber、Lyftなどタクシー業界を大きく変えたWEBサービスも代表的なシェアリングエコノミーです。

私は団塊世代の子供に当たる1970年代後半生まれです。 いわゆる「団塊ジュニア」の世代です。 大量生産大量消費の時代の真っ只中で育ち、モノがあふれた生活に慣れ親しんで来ました。

団塊ジュニアの世代あたりから、モノがあふれた生活に飽きたのか、生活にモノは必要ないと思ったのか、急激にモノに対する価値観に変化が起こりました。

若者の○○離れという言葉が流行したように、若い世代はモノに興味を持たなくなりました。

モノを保有しないミニマリストの生活スタイルは新しい時代の主流のライフスタイルになるでしょう。

正直、もうほしいモノなんてないよね?

Photography and edits by Kimmy Hayes.

私はミニマリストのライフスタイルに共感しています。

実際の私の生活は、プール付きの戸建てに60インチのテレビが3台、車は2台、iPadは4台など、限りなくミニマリストとは程遠い生活をおくっています。 ハワイに引っ越して来て3年弱しか経過していないのに、既に家にはモノが溢れかえっています。 

しかし、実際、テレビは1台あれば十分だし、iPadなんてそもそも必要ありません。 その他にも必要ないものが沢山あります。 

モノがあふれた生活に慣れている私は、本当は必要ないものでも、購入して保有してしまう習慣があります。 今後はこのような習慣を減らしてモノを極力、少なくしていきます。

習慣でモノを買っているだけで、冷静に考えたらほしいモノなんて殆どありません。

プール付きの豪邸、高級車、高級腕時計、ブランドモノ、いわゆる今までステータスとされていたモノを欲しいなんて一切思いません。

みんなだってそうでしょう?

ワクワクするようなモノが一切ないから?

若い世代の○○離れは単に若い世代はお金がないからと言う人達もいます。 確かに、経済的な理由で車、腕時計、ブランド物などを購入しなくなったのかもしれません。

しかし若い世代がモノに執着しなくなったのは、本当に、欲しいモノが世の中に出てこない事が原因です。

団塊の世代が初めてスーパーカーを見た時、感動したはずです。 それと同じような感動を与えるモノが今の時代にはありません。

例えば、瞬間移動できるような技術や空を飛べる車など、開発されていれば、今の若い世代も必死になって仕事をしてお金を貯めていた事でしょう。

ほしいモノがない → モノって要らないよね → シンプルなライフスタイルでいいよね → 必要なモノはシェアリングでいいね。

このような流れで新しい時代に変わりつつあります。

必要ない物は買わないのが究極のエコだ

eco-logo-banner-2
私達が文明的な生活をすればするほど、環境に影響を与えます。 資源、エネルギーの消費、大気や水や土壌への汚染、廃棄物の排出問題、有害物質の利用、生態系の破壊など様々な問題点があります。

そんな中、「エコマーク認定商品」や「グリーン購入法適合商品」と呼ばれる所謂エコ商品が開発、提供されています。

企業は自社の製品を販売し続けなければ存続できない為、色々な方法でエコ商品を促そうと仕向けます。。

それは、日用品や家庭用品、文具事務用品、家電家具、ファッション、食品飲料容器、土木建築設備資材など様々な分野でエコ商品は広がっています。

しかし、よく考えてみてください。

究極のエコはモノを買わない事です。 

ミニマリストとは単にモノを買わないシンプルライフを実現するだけではありません、地球の環境にやさしい究極のエコ集団です。

ミニマリストになりたい? では一緒になろう!

maxresdefault
ミニマリストになりたいけど、どうやって初めていいか分からないという人。 まずはモノを買うのを考えるようにしてください。

買い物などに出かけて商品を手にとった時に、一言考えてください。

「これは本当に必要なのか?」

私はこれを1年間実行してきていますが、この1年間で購入した商品はギターアンプ1個と釣り竿1本だけです。

実際に商品を手にとって、必要なのか考えると大抵のものは要らないんですよね。

こういった習慣をつけると欲しいものも無くなってきます。 私達は企業のイメージ戦略などに惑わされていて、モノというものは継続してなんでも購入しなければいけないものだと思い込まされているんです。

ミニマリストは誰でも明日からなれますから、一緒にミニマリストになりましょう^^

日本のメディアの放送は極例

20160124202137

日本のメディア(アメリカのメディアもだけど、、、)は視聴率ほしさに誇張された情報が流れています。 こちらの画像はTVで紹介されたミニマリストです。

モノを持たない生活とは、なにもこんなに極端にモノが少ない生活を指す事ではありません。

ここまで来ると「シンプルに必要なモノはシェアして暮らそう」というコンセプトから外れ、モノを少なくする事が目的になっています。

例えば、こちらの画像の場合は部屋にテーブルすらありません。
aa7291aa
生活を不便にしてまで、モノを減らすライフスタイルはシンプルだとは思えません。

メディアで放送されたミニマリストは少し誇張された映像でしたが、私も少しずつ生活スタイルをシンプルにしていくつもりです。

皆さんはどうですか? まだまだ欲しいモノが沢山ありますか?

以下の4つの記事も必読の記事です!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

シェアありがとうございます