マカプウ岬のタイドプール(Makapuu tide pools)への行き方

IMG_2954

こんにちは、ハワイ在住の澤(@SawaAzumi)です。

ハワイでの水遊びといえばプールか海ですが、その中間に位置するタイドプールって聞いたことありますか?

タイドプールとは磯や砂浜などに潮が引いた時にできる潮溜まり(プール)の事なんですが、ハワイには素敵なタイドプール(Tide pools)が沢山あるんですよね。

ハイキングで有名なマカプウ岬にもいくつかタイドプールが存在していますが、今回紹介するのは比較的安全で子供向けのタイドプールです。

観光客でもマカプウ岬にハイキングに行く人は多いですが、タイドプールを知っている人は少ないでしょう。

実はあまり教えたくない秘密の場所ですが、ハワイの情報ブロガーとしては隠しておくわけにはいきませんo`・з´・)p

アクセス:マカプウ岬への行き方


マカプウ岬はワイキキから車で東に30分くらいの場所にあります。

正式にはマカプウ・ポイント・ライトハウス・トレイルといいます。

岬の高台になっている所から見下ろすと美しい海とビーチが望めます。 岬の先には展望台があり、展望台まで緩やかなハイキングコースがあり連日ハイカーで賑わう場所です。

冬のシーズンにはクジラが見える有名なポイントで、ホエールウォッチングとしても大変人気のある場所です。

駐車場はいつも満車で道路に駐車しなければいけないほど!

マカプウ岬、ビーチ、ハイキングコースはこちらの映像を見て頂けると伝わりやすいかもしれません。 どうです?綺麗でしょうー!

関連記事:ハワイの家族向けビーチ、ベイビー・マカプウ(コックローチ・ベイ)に行ってきたよ

マカプウ岬に実際に行ってきたよ。

この日は朝の9時頃に到着しましたが既に車で一杯。
IMG_2932
ここが山の麓。 ゴミ箱などはありますがトイレはありませんので注意してください。
IMG_2939
マカプウ岬への道というは1本しかありませんから、ハイキングをする場合はこのまま山に向かって歩くだけです。 道も舗装されているので小さな子どもから年配の人も全然問題なし!

しかし今回はマカプウ岬のハイキングコースではなく、秘密のタイドプールへと行きますので山に向かって登りません。
IMG_2944
ここです! 知らなければ絶対に素通りするような小道。
ここを右に曲がってください。 
IMG_2945
この道をひたすら歩いていきます。 遠くの方に岩があるのが見えますか? あの岩は有名なパワースポットのペレの椅子です。 タイドプールはあの下にありますので、ペレの椅子を目指してあるきましょう。 というか1本道ですけど。
IMG_2947
砂利だったり土だったり、、、なんの変哲もない道。
IMG_2949
ペレの椅子がだんだん近づいてきました。 椅子というか犬みたいだね。
IMG_2950
ビーチが見えて来ました! ここがタイドプールがある場所です。
IMG_2960
到着しました~! どうですか、この秘密の場所っぷり! 
IMG_2959
駐車場からここまで徒歩で15分くらいでしょうか。 遠いようでけっこう近い。 小さな子どもでも全然歩けますよ。

これが世界最高峰のタイドプールだ!

この透明な海、オアフ島の中でもこれだけ透明度の高いビーチはなかなかありません。
IMG_2952
ビーチの周りの岩には地元の人が岩を掘って文字など絵が描かれています。
これは約300年前に描かれたものです(適当)
IMG_2969
早速タイドプールを見てみましょう! おぉ~なんという綺麗なプール。 こんな素敵なタイドプールは見たことがありません。
IMG_2954
一つだけではありませんよ、何個か同じようなプールがあります! こちらは少しサイズが大きいですね。 囲いが本当にプールのようになっています。
IMG_2955
凄い透明度、こんなかわいい魚が沢山います。
IMG_2977
上を見上げるとパワースポットのペレの椅子が! マカプウ岬も有名なパワースポットですから、ここのタイドプールで泳げばご利益がある事間違いなし!
IMG_2996
おぉぉ、なんか力が湧いてきましたヽ( *`・ω・)ノ

ハワイの神様、僕にお金をください!! カネクレε=┗(`・∀・´)┛=3カネクレ

多分、そういう場所ではありません。

タイドプールでの注意点

ハワイに訪れた時は是非マカプウ岬のタイドプールに訪れてください。 パワースポットのタイドプールなんて中々経験できませんよ。

しかし何点か注意点があります。

・潮を必ず確認してからいきましょう。
⇒満潮時でも十分に遊べますが、プールの部分がこのように埋まってしまいます。
IMG_2995
・明るいうちに帰りましょう。
⇒灯りは一切ありませんので、暗くなるうちに戻るようにしてください。

・マリンブーツを持参しましょう。
⇒苔等で滑りやすく、また瓶の欠片なども比較的多いので足を保護する為にマリンブーツを持っていってください。

・奥にはいかないようにしましょう。
⇒タイドプールの先は波が高く大変危険です。 *ライフガードはいません。
IMG_2968
是非参考にしてくださいね^^

以下の4つの記事も必読の記事です!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

シェアありがとうございます