「遭遇率100%!?」ウミガメと会えるラニアケアビーチの行き方・注意点など

animal-1866831_960_720

こんにちは、ハワイ在住の澤(@SawaAzumi)です。

ハワイに訪れた時に是非行ってほしいのがノースショアにあるラニアケアビーチ。

ラニアケアビーチは数あるビーチの中でも特別です。 なぜならウミガメと出会えるビーチだからです。

ワイキキビーチなどでも泳いでいるウミガメを極稀に見ることができますが、確率は相当低い。 もし目撃しても沖の方で小さく見えるくらいでしょう。

でもね、ラニアケアビーチはウミガメがビーチに上がってきて甲羅干しするので目の前でハワイのウミガメを見る事が出来るんです。

ハワイでウミガメに出会いたい人は是非参考にしてください。 *ウミガメはハワイの保護法で厳しく守られていますから紹介する注意点もしっかり守ってくださいね。

ノースショアのラニアケアビーチの行き方


ラニアケアビーチはハワイのノースショア、オールドタウンハレイワのちょっと先にあります。

車のナビで向かう場合はこちらの住所を使ってください「574, 61-574 Pohaku Loa Way 」

ホノルル市内から車で行く場合は、H1フリーウェイ・ウェスト方面 H1 West に乗ってMililani/WahiawaでH2フリーウェイへにアクセスしてください。

そのままカメハメハ・ハイウェイを進めばノースショアへ到着します。

⇒ハレイワHaleiwaの町を通るのならそのままカメハメハ・ハイウェイ(99号線)
⇒ハレイワを通らず真っ直ぐラニアケア・ビーチへ行くのなら、Joseph P. Leong Hwy(83号線)を通るのが近道です。

車で1時間~1時間30分程度です。

ホノルル市内からバスで行く場合

一番オススメな方法は一度アラモアナセンターまで行ってからAla Moana Bl + Ala Moana Centerのバス停から52番バスWahiawa – Haleiwaに乗る方法です。

61番目のバス停Kamehameha Hwy + Lokoea Plで55番バスHONOLULU – Ala Moana Centerに乗り換えて、Kamehameha Hwy + Opp Pohaku Loa Wayのバス停で下車してください。

一度、ハレイワで乗り換える事になるので、バスでいく場合はハレイワのタウンを観光してからいくと良いでしょう。 車の場合でもハレイワに寄るのがオススメです。

駐車場・路上駐車は絶対に厳禁

ラニアケアビーチはウミガメが毎日上陸して甲羅干しをする事で人気のビーチです。

その為、観光客が押し寄せるようになりカメハメハハイウェイの路上駐車が問題になりました。 

渋滞が凄い事から路肩にバリケードが設置され、それでも駐車をやめない人たちに対して路上駐車の取り締まりが強化されています。 今では路上駐車する人は殆どいません。

もし駐車場に停める事が出来ない場合でも絶対に路肩に駐車しないでください、速攻で警察が来てレッカーで車を持っていかれますから^^;

ラニアケアビーチの横を走っている道路をカメハメハハイウェイといいますがハイウェイとは名ばかりで普通の道です。 こんな感じ↓
IMG_7708
ビーチの目の前に駐車できるスペースがあります。 ラニアケアビーチの駐車場↓
IMG_7705
車は必ずこの駐車場に停めるようにしてください。

実際にウミガメを見に行ってきたよ

IMG_7706
駐車場を渡れば目の前に広がるビーチがラニアケアビーチです。 基本的にいつも観光客で賑わっているので直ぐにわかります。
IMG_7711
ウミガメは甲羅干しをする為にビーチに上がってきています。
以下豆知識。

ウミガメが甲羅干しする理由:
1 : 体温調節
太陽光からの温度、外気で体温を調節する事で血液の循環が良くなり、効率よく体が温める。
2 : 甲羅に付着した寄生虫などの除去
紫外線で殺菌して寄生虫から身を守っている。 皮膚病の予防、甲羅の病気予防も含む。
3 : 藻類が甲羅に生えさせないようにしている
藻類が生え難くするために甲羅干しをします。
4 : 栄養素を吸収
体内でビタミンに変化する物質 「 プロビタミンD 」 は太陽の紫外線によって皮膚でビタミンDへと変換されます。

甲羅干しともう一つ重要な理由があります。 それは海藻を食べにきています。

ラニアケアビーチの手前は岩場となっていて栄養満点の海藻が元気に生えているんですよね。
IMG_7717
どれどれ、ハワイのホヌちゃんウミガメはどこかしら?
IMG_7725
左を見ても。。。
IMG_7720
右を見ても。。。
IMG_7722
ウミガメがいない、、、あれ? おかしいな?・・・

海をよーく見てみると・・・あ、いた!
IMG_7737
岩場から登ってきています!
IMG_7739
結構立派なウミガメが出てきました~!
IMG_7740
ウミガメが出没すると観光客が集まります。
IMG_7773
ビーチ側にも移動して他のウミガメを探してみると沢山いた! 楽しそうに泳いでいますね、これは子供ですね!
IMG_7752
ラニアケアビーチってサーフポイントにもなっていて、私はよく来ていますが、今のところ100%の確率でウミガメを見ます。

ラニアケアビーチだったら100%ウミガメが見れるんじゃないかなぁ(適当)

「絶対に守って」ラニアケアビーチでの注意点

ハワイのウミガメは保護法で厳しく守られています。

・カメの2メートル以内に近づく事は条例で禁止されています。 当然触ってはいけません。

・2メール以内に入ったりウミガメを触った場合、罰金(5000ドル)を課せられますので注意してください。

水中の場合、ウミガメの方から近づいてくる事もありますが、手を出したりすると噛みちぎられる事もありますので、水中で近づいてきた場合は逃げてください。

ラニアケアビーチでも注意書きの看板がありますので確認してください。
IMG_7726
またラニアケアビーチの岩場は藻が生えていて大変滑りやすいのでマリーンブーツなどを持参するようにしましょう。
IMG_7733
以上、ハワイでウミガメ遭遇率100%(私調べ)のビーチの紹介でした。

ノースショアに訪れる事がありましたら、是非観光プランに入れてくださいね!

以下の4つの記事も必読の記事です!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

シェアありがとうございます