投資用物件を購入する際の現地調査は必要? 物件を見ないで購入するってどういう事?

7932506788_68b31b00f5_b

こんにちは、2009年から不動産投資をしている澤(@SawaAzumi)です。

私は海外で金額にして5億円以上の投資用物件を購入しています。 高い物件で5000万円以上、安い物件だと1000万円以下の物件を購入しています。

国はアメリカを中心に日本、カナダ、フィリピン、イギリスに物件を保有しています。 物件数としては全部で30件以上になります。

海外不動産投資をしていると、良く聞かれる質問があります。 それは「物件の現地調査はどうしているの? 毎回、購入するタイミングで現地に視察に行っているの?」などです。

フィリピン、カナダは現地視察して物件を購入しましたが、イギリスは物件の下見をしていません。 アメリカの場合も半分以上の地域には訪れていなく、実際に見て購入した物件は数件だけです。

こういった返答をすると、殆どの人が驚きます。

「へ~、不動産を見ないで購入しているんですか? 凄いですね~」といった言葉をかけてくれます。 でも皆さん大抵「こいつマジかよ、あたま大丈夫か?」という顔をしています^^;

確かに、不動産を見ないで購入するというのは常識からは想像つかない考え方なのかもしれません。

投資スタイルは色々ある、常識なんてどうでも良い

An Afghan boy gives a funny face in Mazari Sharif, Afghanistan, January of 2009.
私は会社に勤めて、たくさんの人と一緒に働きたくない(だって疲れるから)、そして南の国で暮らして自由に生きたい(だってその方が楽しいから)と思って、実際にハワイに移住してきた変わり者です。

このライフスタイルが良いか悪いかは置いておいて、30代で自分が思い描いたライフスタイルで生活しているのは、私が常識にとらわれない自由な発想を持っている事、更にそれを実行できる行動力があるからでしょう。

<( ̄^ ̄)>スゴイダロ。

海外不動産投資も同じ

「物件は絶対に自分の目で見てから購入しなさい」と不動産投資の教科書には載っている事から、多くの人は投資用物件は、必ず自分で目で直接調査するのが常識だと思っています。

しかし、そんな常識を信じてはダメです。 投資用物件の現地調査なんて必要ないんですよ、そんなの時代遅れ。

遠方で物件を購入する時、現地調査したら何が分かるの?

アメリカの現地で、その人は物件やその周辺の何を見て、何が分かるのでしょうか?

街並みが綺麗? 治安が良さそう? 家が住みやすそう? 確かに自分が直接現地を訪れて、肌で感じる事は重要でしょう。

しかし、貴方個人が感じて理解した事と、その地域、その物件が不動産投資に適しているのかは全く別の問題です。

不動産で重要なのは「location location location」と言って立地です。

長年、その地域に住んでいる地元の人だったら、どのような立地が良いのか地理感覚が養われますが、遠方から現地調査として訪れた場合、数回の訪問で投資に必要な地理感覚は簡単には得られません。

貴方が良いと思った場所は実は地元では人気のないエリアの可能性だってあります。 物件だって、直接内覧して、貴方が気に入っても、賃貸で借りる層が敬遠する間取りかもしれません。

自分が地理に疎い地域で投資をする場合、自分の目で見て感じる事を信用してしまうと、逆に誤った判断を下してしまう可能性があります。

自分の感覚、直感などを信じる事は逆に投資の世界では危険な事だと認識するべきです。

では、どうしたら良いと思いますか?

現地で信頼できる不動産会社を探す

lavoro assunzioni ipermercati supermercati negozi
自分の感覚や直感を100%信じないで、地元で長年ビジネスをしている不動産会社の目を信じたら良いんです。

地元の管理会社、不動産売買会社を探して、自分の投資スタイルにマッチした物件を探してもらった方が、投資を成功させる確率は上がります。

不動産物件の視察、現地調査をする時は、物件を見るのではなく、案内してくれる不動産会社を見ます。 同じような物件を複数の管理会社や不動産会社に案内してもらって、どのような目線で不動産を見ているのか比較すると良いでしょう。

信頼できる不動産会社を探す事が出来たら、彼らから紹介された物件をネット上のデータなどを見ながら購入の検討をします。

海外不動産投資で一番難しいのは、信頼できる現地の会社を探す事です。

不動産投資は会社経営だと考えよう

business-1137397_960_720
不動産投資は賃貸経営というだけあってビジネスです。 株やFXのように購入して終わりではありません。

賃貸経営に必要なのは、良きビジネスパートナーです。 信頼できるリアルター、管理会社、補修などを行なう各業者を探しましょう。

もちろん、管理から補修まで全て自分でする投資家もいますが、海外不動産で遠方に住んでいる投資家の場合は物理的に出来ない事もあります。

そういった意味でも、海外不動産投資をする場合は、直接、自分の目で物件を確認するよりも大切なのは、現地で信頼できるパートナーを探す事です。

以下の4つの記事も必読の記事です!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

シェアありがとうございます