子供に資産を残すべきか? 多額な相続は子供の人生を狂わせる?

family-810297_960_720

こんにちは、不動産投資家の澤(@SawaAzumi)です。

私は、投資物件とハワイの自宅を合わせると不動産だけで7億円以上(購入時の価格なので売却すると10億円以上)の資産があります。

私の不動産投資スタイルは超長期保有型ですから、基本的に購入した物件からは死ぬまで家賃を貰い続ける予定です。 売却は一切考えていません。

色々な人に私は不動産は売却するつもりはない、という話をすると「では、最後はどうするの?」という会話になりますが、最終的には全部子供に相続させる予定です、と答えています。

子供に7億円以上の資産を相続させると言うと、色々な反応が返ってきます。 人によっては「お子さんが羨ましい」とか「素敵なパパですね」とか、一方、全く真逆の反応で「そんな事したら子供の人生がおかしくなる」とか「子供が働かなくなる」など、子供に悪影響を及ぼすから止めろ、という意見を頂く事もあります。

子供に資産を残すべきではないという考え方にも理解できます。 確かに、子供に資産を残す場合、色々な事を考えないといけないといけません。

しかし、私は全面的に子供に資産を残すべきだと考えています。 そして、資産を残す事は大した問題でないと思っています。

貴方はどのように考えていますか? 子供の事を考えた場合、資産を残すべきでしょうか? 残さない方が子供の為になると思いますか?

お金(金融資産)の相続は所詮、親から与えられた一つのアドバンテージに過ぎない

cow-1357210_960_720
人は様々な物を親から与えられ、受け継ぎます。 DNAはもちろん、教育、愛情、考え方などなど。 人によっては会社を受け継いだリ、伝統的な技術を受け継ぐものもいるでしょう。

親から与えられる金融資産とはこれらのカテゴリの一つ。 お金は所詮、親から受け継ぐ多くの物の中の一つに過ぎません。 みんな過敏に反応しすぎ。

アメリカには「Play With the Hand You’re Dealt」と言う人生を例えることわざがあります。

これは人生をポーカーに例え、直訳すると「渡されたカードで戦え」という意味です。 カードとは自分が持っているアドバンテージ(もしくはハンディキャップ)の事です。

人は生まれながら色々なカードを持っています。

人によっては容姿端麗、頭脳明晰、家系が資産家など大体の場面で勝てる手(フルハウスなど)のカードを持っている人もいれば、容姿が醜く、超ド貧乏の家庭で育ち、満足に教育を受けられないようなポーカーでいう最悪の手(ブタ)のカードを持って生まれた人もいます。

全てのカードにはそれぞれ、プラスにもマイナスにも成りえる要素が存在しています。

例えば、容姿の場合、外見が良ければ人に好かれる可能性が高いし、異性にもてます。 プラスの要素の方が大きいでしょう。

以前テレビで優れた外見は就職活動に有利か?という調査を行った所、多くの採用担当者が容姿の良い人を採用したいという結果がでました。 悲しいですがこれが現実です。
1298259921_3
しかし、プラスの要素しかないと思われがちな外見ですが、実はマイナスに作用する場合もあります。

容姿が良いばかりに、町でスカウトされ芸能界に入り、売れる為に枕営業を強要され、覚醒剤に手を出し(こんなアイドルいましたよね)本来だったら幸せな家庭を築く事が出来たのに、なまじ外見が良かっただけに想像もつかない苦労を強いられる事もあります。

彼女の場合、容姿端麗、中身はアホというコンビネーションが悪かった・・・

親から金融資産を受け継ぐ事も同じです。 悪い面もあるものの、圧倒的に有利な点の方が多い。

資産を受け継いだ場合、どのようなマイナスが考えられる?

light-bulb-1042480_960_720
資産を受け継いだ際のプラスの事柄は明白なのでここで話す必要はないでしょう。

では、多額の資産を受け継いで、幸せではなく、不幸になってしまう場合とはどのようなケースでしょうか。

例えば、突然宝くじに当選して、金銭感覚が狂い、最終的に借金をして心身ともに疲れ、人生が狂ってしまうパターン。 親から突然、多額の資産を受け継いで、これと同じパターンで人生を狂わせてしまう人もいるでしょう。

子供のお金を稼ぐ楽しみのを奪う可能性もあります。 私が起業した20代の頃は、いかにしてお金を稼いでやろうかと毎日ワクワクしていました。 実際にお金を稼ぐ楽しみも味わいました。

親から多額の資産を受けついた場合、こういった人間のハングリーな部分を奪ってしまう可能性があります。

兄弟がいる場合は相続の事で揉めるかもしれないし、親族間での人間関係が崩れる可能性も考えられます。

価値観や金銭感覚が変わり、仲の良かった友人たちと付き合えなくなるかもしれません。

でも、このようなマイナスの部分が存在するなら、それを解決すれば良いのです。

コントロール出来ないカードと出来るカード

girl-1339685_960_720
親から受け継ぐものでコントロール出来ないカードと出来るカードが存在しています。

例えば、DNAなどはコントロールできません。 容姿や肉体的な事をコントロールするには限界があります。 筋肉などはある程度鍛える事が出来ますが、持って生まれた筋肉の質や骨格などは努力ではコントロールできません。

判断が難しいですが、頭の良し悪しも、結局は肉体の一部(脳)なので、人によってはいくら努力しても、東大などの難関大学に入学できない人達もいるでしょう。

こういったコントロールする事ができないカードはトランプのゲームでいう交換が終わって、もう交換の出来ないカード。 正にPlay With the Hand You’re Dealt、持っているカードで戦うしかありません。 

しかし、親が子供に対してコントロールする事のできるカードが存在しています。 それは環境、教育、資産の相続などです。

これはトランプで言う交換の出来るカード。 子供の為に高度な教育、良い環境を与える事が可能です。 

資産を継がせる事も同じです。 子供に多額の資産を受け継がせる場合、コントロールできる事としては、お金の知識を与える、ビジネス、財務の事を勉強させる、資産を相続させるタイミングを考えるなどです。

資産を相続させるタイミングは大切

お金の仕組みや使い方を知らない時に、数億円の資産を受け継がせても無駄に浪費するだけです。 そうではなくて、お金に関して教養を与え、ある程度の年齢(30才とか40才とか)に資産を引き継がせたらよいのです。

お金はこの世で最も大切な物ではありません、しかしもっとも便利であるものには間違いありません。 その便利なものを子供に受け継がせてあげる事にデメリットはありません。

大切なのはコントロールできるカードをどのようにコントロールするか。 もちろん金融資産を一切相続させないという判断もコントロールの一つ。

受け継いだ人はもっと胸を張って良い

16241388115_fec39f427a_b
親から資産を受け継いだ人で、相続した事を隠していたりする人っていますよね。 相続した事は自分の実力とは違うと考えているのか、他人から軽蔑されると思っているのか、誇りに思っていない人がいます。

私の友人でも、父親の会社を受け継いだ事に対して、後ろめたさがあり、周りからの視線をやたらと気にしている人もいます。

でもね、相続した人はもっと胸を張って良いと思うんですよ。

冒頭で述べたように金融資産や会社など受け継いだ場合でも、それは1つのアドバンテージにしか過ぎません。

健康的な肉体、高度な教育・環境、知性などを受け継ぐのと一体なにが違うんですか?

自分は背が高いという事を自慢する人、高学歴をアドバンテージに思っている人と、親から10億円の資産を受け継いだ人との違いはありません。 どれも所詮一つのアドバンテージ。

違いがあるとすれば、どのようにそれを利用するか、自分の人生にどのように活用するかの違いだけです。

その活用方法を間違えれば、教養、肉体、金融資産だってどれも人間を不幸にします。

親が子供の為に資産を残してくれるって素敵な事じゃないですか、もっと胸を張って自慢してもいいんじゃないかな。

否定的な意見は単なるやっかみ

昔から金持ちの子供はバカが多いとか、金持ちの夫婦は離婚するとか言われていますが、こんなのデタラメ。 実際に統計を取ったら確実に貧乏な夫婦の方が離婚率が高いし、バカな子供の方が多いでしょう。

世の中はお金がない人の方が多数派ですから、結局、やっかみでしかないんですよね。

このような多数派の意見を真に受けてはいけません。

さて、皆さんは子供に資産を継がせる事に対してどう思いますか?

以下の4つの記事も必読の記事です!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

シェアありがとうございます