海外不動産はお金があれば誰でも買える。でも誰から買うかが問題だ。

1

こんにちは、ハワイ在住の不動産投資家の澤(@SawaAzumi)です。

私のブログには相変わらず、海外不動産投資に関するトラブルの相談が寄せられてきています。 これはブログを開始した4年前から変わっていません。

4年前と比べて海外の不動産物件を取り扱っている業者の数が増えている事から、相談の件数が増えています。

恐らく、インターネットで海外不動産に関する事を調べているうちに私のブログに辿りつき、誰とも利害関係のない不動産投資家の私に客観的なアドバイスを求めて連絡してくれるのでしょう。

しかし、私は人様の投資に助言できるほど自信も経験もありませんから、大抵の場合、正直にわかりません、とお答えさせて頂いています。

海外不動産の場合、国内と違って何かしらのトラブルが発生した場合、現地に飛ぶのにも時間も費用もかかります。

現地の言葉が話せない場合は本人では直接対応できず、どうする事も出来なくなります。

海外の不動産投資はお金があれば誰でも購入する事が可能ですが、誰から買うのか、購入後はどうするのか、問題が起ったらどうするのか、これらをしっかり考えて購入しなければ、トラブルに陥った場合、とても大きな損失を被る事になります。

ブログ開設当初より海外不動産投資家に対して警鐘を鳴らし続けていますが、今回もどのような事を理解して投資するべきか大切なポイントをおさえてみました。

海外不動産投資は詐欺が多い事を認識しよう

Fennec-Augsburg_Zoo-IMG_0274
私に寄せられる多くは詐欺に関する内容です。 海外不動産投資の場合、1回の取引が高額で報酬も多額になる事から、詐欺師が後を絶ちません。

日本国内でも投資や不動産絡みの詐欺が多いですが、海外の場合、訴訟を起こすのがどうしても難しくなるので、それを逆手に取って詐欺を計画している輩が大勢います。

海外の場合、相手が意図的に詐欺を行っていて、その証拠を掴んだとしても訴訟を起こして賠償させる事も出来ません。

私もデトロイト不動産では、販売業者に騙されてしまいましたが、相手に対して日本国内で訴訟を起こしても、相手は「司法権はアメリカにあるので、アメリカで争うべき」という主張だけでした。

その時、既に販売業者はアメリカ現地では会社を廃業して、当人はタイに逃亡していたので、アメリカで裁判をする事も出来ません。

結局の所、相手が詐欺を前提に準備をしていたら、投資家側は勝てません。 それがもしも海外不動産投資だったら尚更です。

その事を良く理解して海外不動産投資をしましょう。

販売会社に依存してはいけない

animals-737407_960_720
とある業者を信用して、海外不動産を購入したけど、その後、トラブルが発生してその業者との関係が悪くなる事があります。

販売業者との関係が悪くなった場合、物件の管理会社を変更したい、売却したい、補修をしたい、現地の状況を聞きたいと思っていても、業者との関係が悪くなったので連絡をしたくない、もしくは出来なくなったという状態に陥ります。

現地の言葉が苦手な投資家はこのケースに陥る場合が多く、他にお願い出来る業者を同じ地域で探せない場合、大きなトラブルに発展します。

特定の仲介会社が存在していないと成り立たない投資はするべきではありません。

現地のリアルターなどではなく、日本の業者、投資物件を取り扱っている会社などを介して海外の物件を購入しても問題ないと思いますが、会社のサポートが終わっても自分で対応できるのか事前にシミュレーションして購入しましょう。

人や業者を信用してはダメ

animal-339400_960_720
海外不動産の場合、物件ではなく販売している人で判断して購入している人が多い。

例えば、私がニューヨークの投資用物件の紹介を始めたとしましょう。 多くの人はニューヨークの投資用物件の内容よりも、私が信用できるか、出来ないかで物件購入・投資判断を下します。

ニューヨークの投資用物件なんて現地を見に行っても良く分からないし、英語も分からない。 そうなると、本来、色々な角度から調査しなければいけない投信案件も、判断材料が販売している人が信用できるかという事に偏ってしまいます。

海外不動産投資で失敗している人は、このパターンが多い。 この場合、その仲介業者に悪意がなくても実力不足だった場合、粗悪な投資用物件を掴まされる事になります。

現地のアメリカ人相手に商売出来ない、情報リテラシーの低い日本人相手に商売している業者というのは実力がない事が多い。 この事を良く理解するべきです。

事前にインターネットで情報を確認する

Cat_stares_at_itself_on_computer_monitor
投資する地域の事や販売業者の事は必ずインターネットで調べましょう。 未だにデトロイト不動産やオハイオの不動産を購入している人達が居ますが、既にインターネットで調べれば、被害状況など多く出てきます。

もちろん、それでも販売会社や物件を紹介しているコンサルタントの事を信用して購入を進めるのは自由ですが、多くの人は全く何もネットで調べず、問題が起きてから調べて、がっくりする事が多いです。

まぁ、、、騙される人というのは「ネットで調べない」「業者に依存する」「人を信用する」「詐欺だと疑わない」と本記事で書いた事、全てに当てはまるので、私が一生懸命ここで書いても彼らの目に触れる事はないでしょう(;´・ω・)

海外不動産物件の購入を考えている人で、もしも何かの縁でこのページを読んだ人は、ここに書かれている事をよく理解して、被害者にならないように気を付けてくださいね。

以下の4つの記事も必読の記事です!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

シェアありがとうございます