ビットコイン(他の仮想通貨)の購入方法・買い方・注意点をまとめたよ

1002

こんにちは、仮想通貨投資家の澤(@SawaAzumi)です。

私が仮想通貨に投資するよ~とブログで書いた所、「私も買いたい!」「買い方教えて!」「何の仮想通貨買ったらいいの?」などなど問い合わせが殺到したので、今回はビットコイン並びに他の仮想通貨の購入方法のお話です。

仮想通貨(暗号通貨)って複雑で取り扱いが難しいと思っている人が多くいますが、実はものすごく簡単です。

基本的には株やFXと何ら変わりません。 証券会社やFX会社にようにオンラインでアカウントを作成して入金すれば、資金に応じてビットコインや暗号通貨を購入するだけです。

取引できる会社は日本に何社がありますが、今回は一番使いやすく、取引量が多い大手1社をご紹介します。

取引所はコインチェックが一番おすすめ

日本でビットコインや他の仮想通貨を購入するならコインチェックが一番おすすめです。
03_cc_banner_540x180
日本で取引高が一番の仮想通貨取引所です。 人気がある理由はウェブやアプリの操作性です。

非常に見やすく分かりやすくユーザビリティが高い。

会社自体は2012年にレジュプレス株式会社が設立(その後、社名をコインチェック株式会社に変更)した取引所で新興会社ですが、導入企業数も利用者も爆発的に伸びています。

ビットコイン等の仮想通貨を購入するならばコインチェックを利用すれば問題ないでしょう。

コインチェックが取り揃う豊富な仮想通貨の種類

download
売買可能な仮想通貨は以下の通りです。

ビットコイン(Bitcoin, BTC)
イーサリアム(Ethereum, ETH)
イーサクラシック(Ether Classic, ETC)
リスク(Lisk, LSK)
ファクトム(Factom, FCT)
モネロ(Monero, XMR)
オーガー(Auger, REP)
リップル(Ripple, XRP)
ゼットキャッシュ(Zcash, ZEC)
ネム(NEM、XEM)
ライトコイン(Litecoin、LTC)
ダッシュ(Dash、DASH)
ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash, BCC)

現在は12種類の仮想通貨を売買する事ができます。

このような仮想通貨取引所で取り扱われる事を「上場」と言いますが、これから新しく上場するコインも出てくる予定です。

各仮想通貨がどのようなコインなのかはここで説明すると長くなるので後日別記事で紹介しますね。

アカウント作成方法

コインチェックのアカウントの作成は非常に簡単です。
download
メールアドレスとパスワードを入力して『アカウント作成』をクリックしてください。
登録したメールアドレスに認証リンクが届くのでリンクをクリックしたら完了します。

アカウント作成が完了したらチャート等の情報を見る事ができますが、直ぐにビットコイン等の仮想通貨が購入できるわけではありません。

仮想通貨の取引所には主に「取引所」と「ウォレット」に分かれています。

取引所とは文字通り、仮想通貨を売買する場所です。 株の売買、外貨がの売買と同じイメージです。

ウォレットとは日本円を入金したり、購入したビットコインを保管して置く場所、取引口座のようなものです。

取引口座の開設には以下の手順が必要です。

1.携帯の電話番号を入力してSMSでパスワードを受信、入力
2.免許証やパスポートの身分証画像を専用ページからアップロード
3.ユーザーの入力情報と提示書類が審査され、登録住所へ郵便書留を発送
4.郵便書留に受け取りのサインをして本人確認が終了

以前はもっと簡単に口座を開設できたようですが、改正資金決済法が新しく出来て厳しくなったようです。

日本で仮想通貨の売買をするには携帯番号、身分証明書、住所の3つが必要になります。

コインチェックでの売買方法(買い方、売り方)について

冒頭でコインチェックが人気の理由はそのユーザービリティの高さだと紹介しましたが、売買は本当に簡単です。
4
ビットコインを購入する場合、BTCの枠を選んで購入ボタンを押します。

「コインを買う」するので購入する数量とレートを確認して最後に「購入する」ボタンを押すだけです。

どうですか? 簡単でしょう?

購入が完了すれば自分の「ウォレット」にビットコインが表示されます。

注意点としては、1ビットコイン(1BTC)の単位です。

分かりやすく、1BTC=10万円とした場合は以下の通りです。

100BTC=10,000,000円
10BTC=1,000,000円
1BTC=100,000円
0.1BTC=10,000円
0.01BTC=1,000円
0.001BTC=100円
0.0001BTC=10円
0.00001BTC=1円
0.000001BTC=0.1円
0.0000001BTC=0.01円

自分が購入する時のレートと予算を予め調べておくといいでしょう。
取引所で自動で計算してくれますので、適当に数字を入れてみて考えてもいいと思いますよ。

どの暗号通貨がおすすめ?

売買できる仮想通貨の数って実は1000種類近くあると言われています。

仮想通貨で億万長者が続出している事もあり、次から次へと新しい通貨が誕生しています。 95%は中身のない詐欺通貨と言われていて1000種類あったとしても実際に将来を期待されている仮想通貨は50個くらいなものです。

いや、もっと少ないかも(゚ー゚;

関連記事:これから仮想通貨に投資をする上で絶対に必要な心構え・考え方

基本的にコインチェックで取り扱われている仮想通貨はメジャー中のメジャーですから、どれを購入してもよいと思います。

コインチェックとしては売買してもらえなければ利益に繋がりませんから、相当慎重に取り扱うコインを精査しているはずです。

個人的な意見としてこんな感じです。

基本的には中長期での投資がおすすめ。 短期でトレードするんだったら別にFXとかでもいいんじゃないかと思う。

コインチェック利用時の注意点

コインチェックを利用する場合、手数料(スプレッド)が高いのでデイトレなど頻繁に売買する人には向いていません。

またクレジットカードでコインを購入する場合も別途手数料が発生するので、現金で購入する事をおすすめします。

また購入した仮想通貨は第三者に不正ログインされて勝手に送金された場合、自己責任となっているので必ず二段階認証を設定しましょう。
*不正ログインされた場合100万円まで補償対象になっています。

ビットコインってどのくらい価格が上昇するの?

現在ビットコインを購入している人達(個人もファンドも私も含めて)は将来価格が上昇すると考えています。

どのくらい上昇するのか、それは誰にも分かりません。 2018年には1ビットコイン1000万円を超えるとか、3年以内に1ビットコイン5000万円になるなどと噂もされています。

しかし1ビットコインが5000万円になる可能性があるという事は1ビットコインが0.5円になる可能性もありますから、今から投資する人はハイリスク・ハイリターンという事を肝に銘じてください。

以下の4つの記事も必読の記事です!

    None Found

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

シェアありがとうございます