ハワイで管理専門の不動産会社を設立したい!

1

こんにちは、ハワイ在住の不動産投資家、澤(@SawaAzumi)です。

ハワイで何かビジネスをしたいな~と考えながら何もしないで、もうすぐハワイ移住4年目に入ります(@Д@;

ソフトクリーム屋さんが面白いかな~とか、$5のプレートランチ屋さんがいいかな~、とか色々アイデアは考えているのですが、中々本気でコミットしたいと思えるビジネス案が出てきません。

・合わせて読んでね
⇒ハワイで新しいタイプのアイスクリーム屋をオープンさせたい
⇒ハワイで5ドルのプレートランチ屋さんを開業したい

最近、またハワイでビジネスをやりたいな~などと考えています。 先日、「毎日が日曜日の会」の会長LEEさんとハワイでビジネスするなら何がいいかな?と話していた所、お互い不動産投資家という事もあって「物件の売買を一切しない管理会社専門の不動産会社が面白い」という話になりました。

・合わせて読んでね
⇒「日米の不動産投資の違い」不動産投資家LEEさんと対談しました。

というのは、ハワイの不動産物件って1つ1つが高額で、仲介手数料も高くなる事から、ハワイの不動産エージェントは売買専門の所が多いんです。

物件管理は色々手間がかかるわりには儲からないので、管理業務は請け負わない不動産会社が大半です。 という事は、逆に管理専門の不動産会社をハワイで作ったら差別化出来て、既存の不動産会社とも上手く共存できるかな、というのが話の流れです。

管理会社って地味だけど、キャッシュフロー投資に似ている

cash-flow
不動産投資家の立場から見ると、不動産の売買はキャピタル投資、物件管理はキャッシュフロー投資に似ています。

物件の売買は1回の報酬が高額なので、大きく利益を出す事ができます。しかし、損をする事もあります。 損をするというのは、売買の契約までこぎつけられない場合は、その間使った経費を回収する事が出来ません。

キャピタル狙いの不動産投資の場合は、物件の価値が上がれば売却益が出ますが、価値が下がれば損をします。

一方、管理会社の手数料は家賃の10%なので、大きく儲かる事はありません。 

どんなに高い家賃の物件を管理しても地味に10%を毎月管理費用として頂くだけです。 大きく損をする事もなければ商売として大きな利益を上げる事がありません。

不動産の家賃収入も全く同じで、毎月、一定の家賃が収入になりますが、家賃が10倍になる事はあり得ないので、大家として突然大きな利益がでる事はありません。

そう考えた場合、私の不動産投資のスタイルと同じで、仮に不動産会社を始めた場合、高額な報酬が期待できる売買にはあまり興味がなく、コツコツ毎月一定の報酬が手に入る管理会社の方が私は好きです。

オーナーの気持ちが痛いほど理解できる

6242791556_8525b06d76_b
私の保有している全ての物件は管理会社に管理を依頼しています。 私が依頼している管理会社はしっかりと調査して信頼できる会社を選んでいるので、今までトラブルは一切ありませんが、それでもオーナーとして改善してほしい箇所があります。

例えば、修繕したら修繕前と修繕後の写真を送ってほしい、高額な補修が発生したら業者に相見積もりを取って比較してほしいなど。

補修に関しては、賃貸に出せば必ず発生する物です。 アメリカの場合、管理会社がスムーズに物件の修繕を行えるように$300以下(契約内容によって異なる)はオーナーの確認をせずに管理会社の判断で修繕する事が出来ます。

もちろん、毎回連絡されても困るので、契約内容自体に問題ありませんが、どのような部分が悪くなって、どのように補修をしたのか写真で把握したいのです。

また、HVACや屋根やペンキなど費用が数千ドルになる場合は、複数の業者に相見積もりを出してもらって価格や商品の比較をしたいです。 物件の補修等は全てオーナー負担ですので、どうしても管理会社は値段を気にせずに業者に横投げしている感じが否めません。

一連の流れは全てIT化できる

もしかして、写真を取ったり相見積もり等の対応をすると仕事が増えて家賃の10%では、会社として採算割れするのかもしれません。

しかし、不動産会社側でシステムを作って、WEB上で写真、領収書をアップすると同時に管理会社側とオーナー側にレポートが届くようにすれば、ある程度の自動化は可能です。 

似たようなソフトウェアをアメリカの管理会社も使っていますが、オーナーが毎回、管理画面にログインの必要があったりオーナー側に手間がかかります。 そんな事をしないでもオーナーのメールに自動で生成されるレポート(PDF)などを送信すれば、メールを開くだけで物件の最新情報が確認できればオーナーも楽です。

私はIT出身なので、不動産の管理システムも簡素化できるのではないかと思っています。

ハワイで管理会社作りたけどブローカーの免許が必要

ハワイで管理会社専門の不動産会社を作りたいですが、会社を作るのにはブローカーの免許が必要なんですよね。

ブローカーの免許は、リアルターの免許取得後、3年後に別途試験を受ける必要があります。 そう考えるとハワイで管理会社を作るのに、リアルターの免許を取得して、3年間勤務して、ブローカーの試験を受けなければいけません。

うーん、道のりは長い・・・

独立希望のブローカー免許保持者はいませんか?

man-814697_960_720
例えば、ブローカーの免許を保持していて近い将来、独立しようと思っている人、本業は別にあって副業として不動産業を営んでいる人とか、ブローカの免許は持っているけど、殆ど活動していない人とか。

一緒に、ハワイで管理会社専門の会社を作りませんか? 

会社を立ち上げる資金がないという事であればLEE会長と私で出資します。 私はSEOやネットでの集客が得意ですので、インターネットを使って多くの人に不動産会社をアピールする事も出来ると思います。

LEE会長と私のブログで宣伝していけば、それだけでも「ハワイ+不動産」に興味がある何千人というユーザーに知ってもらえるんじゃないかな。

不動産投資家であるLEE会長と私が今まで感じてきた大家の不満を解消できるような管理会社を作りたいな。 そうすれば、結果的に大家も会社も潤うと思うんですよね。

連絡お待ちしていますー

以下の4つの記事も必読の記事です!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

シェアありがとうございます