ハワイで船の買い方・係留場所の値段などのまとめ

8cd81b_6a4333b478c946239f84f7ddbe6ef793.jpg_srz_980_551_85_22_0.50_1.20_0

こんにちは、2013年から家族でハワイに移住してきた澤(@SawaAzumi)です。

ハワイのような常夏の島で船を持っていたら最高ですよね。 年中好きな時に船を出せるし、島自体が狭いので船をどこに係留しても問題ありません。

日本の場合、東京に住んで、千葉や横浜に船を係留したとしても移動に1時間~はかかるし、冬場は寒いので遊べる期間は案外短いです。

ハワイで複数の友人と船を購入して、みんなで使い回せば楽しいんじゃない? という事で、先日、ハワイで船の下見にいってきました。

これから、ハワイで船を購入しようと思っている人で「船の買い方や係留のルールなど全く分からない」という人の為に情報を共有します。

船の初心者必見です!

船の値段は? 誰でも購入できるの?

米国で船を購入するには、米国国籍は必要ありません。 ビザや米国に住居も必要ないので誰でも購入できます。

船の値段は大きさや年代によって幅があります。 また船のタイプ:カタマラン、ヨット、パワーボートなどによっても異なります。

船の値段や相場を調べるには下記のサイトにアクセスしてください。 大まかな値段を把握する事が出来ます。

個人的な感想では、思ったよりも安いです。 また船は車のように価値は下がりません。 不動産のように価値は上がりませんが、適切にメンテナンスすれば資産としての価値を保つ事が出来ます。

*船の価格を調べられる売買サイト

・Ala Wai Yachis
・Sailboatlistings.com

ハワイでの係留場所や料金は?

係留場所は州が管理するハーバーとプライベートハーバーがあります。 州が管理するハーバーの方が係留が安く、プライベートハーバーは高いです。

Ala Wai Harbor や Kewalo Basin Harborは州が管理する代表的なバーバーです。 どちらもハワイで一番良い場所に作られている事もあり人気があります。
2
係留料は停泊場所によって多少異なります。 1フィート$10~$20で設定されています。 35フィートのボートの場合、月の係留料金は約$350~$700前後となります。

その他の維持費として以下の様なメンテナンス代金がかかります。

・登録料金:20フィート以上の船の場合、初年度$30 更新時$20
・2ヶ月に1度程度、船底についたフジツボの除去$35前後
・4~5年に1回、船底のペンキ塗り 数千ドル
・年の保険料金: 1フィート$10程度、35フィートの船の場合、年間約$350

船には不動産のような固定資産税はありません。 維持費は思ったりもかからないですね。

ちなみにフジツボは英語で「Barnacle《複》barnacles」といいます。 船のブローカーと話をしていて覚えました。 一生に一度使うか使わないか、わからないほどマニアックな英単語です。

このような無駄な英単語は忘れないのに、使用頻度の高い単語はよく忘れます。。。

係留場所の申し込み

ハワイのAla Wai HarborやKewalo Basin Harborは人気の為、現在順番待ちの状態になっています。
申し込みから順番に案内される為、現在は約2年待ちの状態です。

*プライベートの場所では空きがあるハーバーもあります。

州が管理するハーバーでは係留場所を次のオーナーに譲る事はできません。 州の係留場所に停めてある船を購入しても係留場所を引き継ぎする事が出来ないのは注意してください。

州の係留場所に停めてある船を購入した場合、4ヶ月間の猶予があるので、その間に違う係留場所を確保して船を移動させる必要があります。

船の知識が全くないから、下見しても不安

船の知識が全くないから、購入するのは不安という声が聞こえてきそうです。

私も全く船の知識はありません。 船の下見時にブローカーがエンジンなど見せてくれました。 私は「へ~結構綺麗ですね~」なんて超適当な事を言っていましたが、エンジンを見せて貰っても、良いのか悪いのか全くわかりません。

そんな人達の為に、船を検査してくれるSurveyor(サーベイヤー)という人達がいます。 これは不動産の価格を算出してくれる不動産鑑定士ような人達です。 船の状態を第三者目線で調査してくれます。

値段はSurveyor(サーベイヤー)によって異なりますが、1フィート$18前後が相場のようです。

35フィートの船の場合、調査料金は$630です。

もし貴方に船の知識がない場合は、必ずSurveyor(サーベイヤー)に頼んで、船の状態を調べてください。

Ala Wai Harborに船の下見にいってきました~

Hawaii-Oahu-Honolulu-Aerial-Ala-Wai-Harbor-Downtown
先日、アラワイハーバーに船の下見にいってきた様子です。

今回は35フィート前後のヨットに絞って下見にいってきました。 見てきた船はこんな感じです。 売られている船にはFor Saleの札がありますので、もし船が欲しい場合はブローカーに連絡しなくても、札に書いてある連絡先に電話して直接オーナーとやり取りする事も可能です。

これは47フィートのヨットです。 少し大きめのヨットも見たかったので見学しましたが、ここまで大きなヨットは必要ないと感じました。
2016-03-20_185515507_C76E8_iOS
こちらは35フィートです。 これくらいのサイズが丁度いいですね。 
2016-03-20_200912757_C8B96_iOS
ヨットに惹かれたのは中が広い事です。 中にはベットとかテーブルがあるので、寝泊まりをすればちょっとした旅行気分を味わえます。
2016-03-20_201217784_82C79_iOS
ソファーも十分の広さです。 もちろんトイレやシャワーも付いていますよ。
2016-03-20_201159711_78EA8_iOS
これは30フィートのヨット。 30フィートだと少し狭いかな? 船は5フィートの違いで大きな差がでます。
2016-03-20_210704915_0E3DD_iOS
こちらは35フィートの船です。 この船は係留料金が安く月に$350です。 オーナーはノースショアに住んでいて、週末になると家族でヨットを楽しんでいるようです。
2016-03-20_234601702_500D5_iOS

ハワイ州が管理するハーバーは2年待ちですので、申し込みをして係留場所の確保が先ですね。 船の購入は2年後に再度考える予定です。

でも、私、実は凄い船酔いするんですよね。。。

大丈夫かな、、、

以下の4つの記事も必読の記事です!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

シェアありがとうございます