ハワイのおすすめ人気ビーチランキング10選

nice-hawaii-beach-74

ハワイ好きの皆様、こんにちは。
ハワイ在住でハワイのビーチ博士と呼ばれている澤(@SawaAzumi)です。

ハワイといえば綺麗なビーチ。 誰もが真っ先に思い浮かべるハワイのイメージはビーチが一番多いのではないでしょうか。

色々なタイプのビーチに囲まれたハワイの島々。 風景、波、砂、利用する人々、どれも個性溢れるビーチばかります。

ハワイには全米NO.1を決めるアメリカズ・ベストビーチに選ばれたビーチが沢山あります。 *昨年の2015年はオアフ島ワイマナロ・ベイ・ビーチパークが全米NO.1になりました。

先月、USA TODAYというアメリカ大手雑誌が4週間かけてハワイ州のビーチの人気投票を行いました。 本日は、USA TODAYの人気投票で見事アワードを勝ち取ったハワイ州のトップ10をご紹介します。

ハワイに訪れる際は人気ビーチランキングを是非参考にしてください。

フロポエビーチ(Hulopoe Beach)ラナイ島

6905295201_9d14dff6b9
ラナイ島の南海岸にあるフロポエビーチは三日月形のビーチで、年間を通じてスイミングとシュノーケルが楽しめます。 今回、USA TODAY誌により、ハワイのベストビーチに選ばれました。

フロポエビーチは1997年に全米ナンバー1ビーチに輝いた事もあります。

ビーチにはピクニックテーブルやバーベキュー施設、トイレ・シャワーなども完備されています。 沖からはイルカやクジラ(冬の季節)の姿を見る事もできます。

ラナイ島はハワイ6島の中で一番人口の少ない島で、ラナイ島を訪れる人はかなりのハワイ通だと言えるでしょう。 オアフ、マウイ、ビッグアイランドを訪れたら次はラナイでフロポエビーチですね!

ハプナビーチ(Hapuna Beach)ハワイ島


ハプナビーチ(Hapuna Beach)はハワイ島のハプナ・ビーチ州立公園内にあります。

世界ベストビーチトップ10の常連で、海水浴、ボディボード、シュノーケリングをするのに人気があります。 溶岩が多いハワイ島のビーチにでは貴重な白砂のビーチです。

公園内にショップ、ピクニック・エリア、トイレ、シャワーがあります。 駐車場は観光客は$5(カマアイナは無料)です。

カアナパリビーチ(Kaanapali Beach)マウイ島

ka-1344474703-1245-612
カアナパリビーチはマウイ島西部の代表的なビーチです。

白い砂浜が4.8km続きと海水の透明度が高い事が特徴です。 ビーチ沿いにはホテルやショッピング施設、ゴルフコースなどが隣接していて、大きなリゾートが作られています。 

カアナパリはハワイ初の計画的リゾートで、その成功により、同じ形式のリゾートが世界中に広まりました。 スキューバ ダイビング、シュノーケリング、カヤックなども楽しめます。

ビーチ沿いの長く続く歩道橋は年配の人達に人気で、ビーチ内に立ち入れる事なく、ビーチを散歩できる事が出来ます。

ワイレアビーチ(Wailea Beach)マウイ島

Wailea-Alii-Maui-wailea-beach
マウイ島のワイレアビーチはワイレアの高級リゾート地区内にあります。

パウダー状の砂が特徴的なビーチは日光浴やシュノーケリングに最適です。 

整備された高級リゾート内のあるので、シャワー・トイレの完備はもちろん、セキュリティ的にも安全なので小さな子供を連れて訪れるには最高のビーチです。 

ワイレアビーチより少し北に歩くとウルアビーチ公園があります。 ここには綺麗なサンゴ礁が見れるシュノーケリングスポットです。  運が良ければ、マンタやウミガメとも遭遇する事ができます。

マウナケアビーチ(Kaunaoa Beach)ハワイ島

beaches-kaunaoa-bay-hawaii.rend.tccom.616.462
マウナケアビーチ(Kaunaoa Beach)はハワイ島の北西にある白砂ビーチです。 ハワイ島には数少ない綺麗な白砂ビーチの一つです。 別名カウナオア・ベイとも呼ばれています。

マウナケアビーチはマウナケア・ビーチ・リゾートの敷地内にあり、アクセスはゲートから入ります。 ビーチだけの利用の場合はゲートの警備員に伝えると許可証が貰えます。 ホテルの有料駐車場を利用しても良いですが、道路を奥まで進むと無料駐車スペースがあります。

ビーチは浅い場所が多く、透明度も高い事から小さな子どもでも海に入って遊べます。 このビーチは海岸線がほどよく三日月形にカーブしているので、ビーチの端まで行くと風景写真をとるにもおすすめのビーチ。

マケナビッグビーチ(Makena Big Beach)マウイ島

Beaches-of-Maui
マウイ島のマケナ・ビーチは、ワイレアの南、マケナ・ビーチ&ゴルフ・リゾートに近くあります。

マウイ島の南部、マケナ・アラヌイ通り沿いに位置するビーチです。 ビーチの長さは約1kmに渡り広く広がっている事からビッグ・ビーチとも呼ばれています。

オレンジと白の混ざり合った色の砂が特徴的なビーチです。 マケナビッグビーチは、傾斜の有る海岸線とショアブレイクが有名で、スキムボード、ボディボード、ボディサーフィンが人気です。

公衆トイレ、ピクニックテーブルなども完備されています。 波が強いので、小さな子どもと海水浴する事はオススメできません。

プナルウブラックサンドビーチ(Punaluu Black Sand Beach)ハワイ島

Punaluu5
ハワイ島のプナルウブラックサンドビーチはハワイでもっとも有名な黒砂海岸のひとつです。 

絶え間ない火山活動から溶岩が砕けてできた砂浜は、キラキラ輝いています。 漆黒のビーチとも呼ばれ、ハワイでは幸運を呼ぶと言われるウミガメがビーチによく出てきます。

パナルウの黒砂海岸へは、カイルア・コナから約1時間45分、キラウエア火山へ行く途中にあります。 

海水浴には適していませんが、テーブルなどの設備とトイレは完備されています。 多くの人は黒いビーチ目当てよりもウミガメ目当ての人が多いです。

ラニカイビーチ(Lanikai Beach)オアフ島

lanikai-beach
全米で最も美しいビーチに選ばれた事もあり、各種メディアのベストビーチ・ランキングに常に登場する、オアフ島のラニカイビーチ。

昔は知る人ぞ知る秘密のビーチでしたが、ここ数年で一気に有名になり、最近では平日でも車を停める場所を確保する事が難しくなってしまいました。 車で行く場合は午前中に、それも可能であれば朝に訪れるのがオススメです。

ラニカイビーチの特徴はターコイズブルーの海と、サラサラの白い砂です。

ラニカイビーチには、ワイキキのあるホノルル市内からパリ・ハイウェイを通って山を越えると、ウィンドワード地区に着きます。 

ウィンドワードには雄大なコオラウ山脈と、カネオヘ・ベイや、カイルア・ビーチ、ワイマナロ・ビーチなど、人気ビーチにはさまれたエリアです。その中にラニカイ・ビーチがあります。

ハワイ語で「ラニ」は天国、「カイ」は海のこと。 天国ビーチと呼ばれ長く地元に愛され続けています。

ラニカイビーチはオバマ大統領がバケーション時に立ち寄ることでも有名なビーチです。

ワイキキビーチ(Waikiki Beach)オアフ島

45705049a7f856cb650eacc7ecaa925e
言わずと知れたハワイ州で一番知名度の高いワイキキビーチ。

オアフ島、東はカピオラニパークから西はヒルトンハワイアンビレッジまで、約3kmにわたって続く三日月型の美しい砂浜のビーチです。ハワイを代表するビーチで、ワイキキビーチは7つのビーチに分かれています。

海水浴、シュノーケリング、サーフィン、ボディーボード、各種アクティビティ、老若男女幅広く楽しめるのがワイキキビーチです。 歩道橋も完備され散歩やジョギングなどにも適しています。

様々なイベントなども開催され、観光客からはもちろん、地元の人にも人気があります。

ハナウマベイビーチ(Hanauma Bay)オアフ島

hanauma-bay
ハナウマ湾はワイキキから車で約20分、オアフ島東南部に位置するビーチです。

生態系を守るためハワイの自然保護地区に指定されています。 入場人数の制限や入場に際してのビデオプログラム鑑賞などが義務付けられています。

その為、海の透明度も高く、珊瑚や魚が豊富で人気のスノーケリングスポットとなっています、運がよければウミガメにも遭遇する事があります。

駐車場、更衣室、休憩室などショップの施設が完備されていて、シュノーケル・ベストなどのレンタルもできます。 現地ガイドを雇う事も可能なので、観光客に人気があります。

私の家は徒歩でハナウマ湾にいける所にあります、ハナウマ湾にはハイキングコースがあって、上からハナウマベイビーチを見渡せる場所があります。 そこからの景色も絶景です。

いかがでしたでしょうか、ハワイの人気ビーチラインキング。 個人的にはワイマナロのビーチが一番好きです。 ハワイに訪れる際は是非、ランキングを参考にしてください。

以下の4つの記事も必読の記事です!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

シェアありがとうございます