画像・動画があるとグーグルアドセンスの審査に落ちるは大嘘

Tips-Google-Adsense-Approved

グーグルアドセンスの審査について、ネット上でデマが出回っています。
審査時に画像・動画があるとグーグルアドセンスの審査に落ちるから、必ず外しなさいとアドバイスしているサイトが非常にたくさんあります。

本日は、そんなグーグルアドセンスの審査についてのお話です。

ウェブサイト(ブロブ)を運営しているオーナーは大抵、アフィリエイト広告の1つとしてグーグルアドセンスを掲載します。

グーグルアドセンスは広告コードを貼り付けると広告が表示され、その広告がクリックされると報酬が得られる仕組みとなっています。

Googleに出稿している広告内容が表示される事になっていて、便利なのは自動的にサイトの内容を解析し、そのサイトにあったコンテンツ連動型広告である事です。

例えば、当ブログの場合だったら、不動産、ハワイ、アフィリエイト関連の広告が自動で表示される事になり、ユーザーにとって少しでも興味のある広告を配信してくれます。

全然関係ない広告が表示されれば、それだけクリックされる可能性が低くなりますので、関連する広告が表示されるという事は、Google、サイトオーナー、アクセスユーザー三者にとってメリットがあります。

便利なグーグルアドセンスの広告は誰でも利用が可能ですが、Googleに申し込みをして、審査に合格しなければいけません。

この審査に関して一部、ネット上では嘘が出回っているので、正しい情報を配信します。

グーグルアドセンスの審査の流れ

審査の流れは一次審査と二次審査に分かれています。

グーグルアドセンスに登録

 ↓
一次審査(登録後、数時間で完了)
基本的には自動で完結します。 自動でグーグルアドセンスのアカウントが作成されるので、管理画面より任意の広告ユニットを作成して、審査時に登録したウェブサイトに掲載をします。
 ↓
二次審査(一次審査後、数日で完了)
広告を掲載したサイトをグーグルのスタッフが目視で確認します。
グーグルアドセンスにはプログラムポリシーと禁止コンテンツポシリーの審査基準が存在しています。

これらのポリシーに違反している場合は二次審査で落とされる場合があります。
詳しくはこちらを参照してください。

・AdSense プログラム ポリシー

・禁止コンテンツ

審査する時は全ての画像・動画の掲載を外してください?

インターネット上にはグーグルアドセンス審査時には必ず「審査する時は全ての画像・動画の掲載を外してください」とアドバイスしているサイトがたくさんあります。

しかし、これは嘘です。

画像や動画が掲載されていたからといって二次審査に落ちる事はありません。

グーグルの禁止コンテンツポシリーの1つに「著作権で保護されているコンテンツ」があります。

掲載されている画像・動画が著作権で保護されているコンテンツであった場合、審査にて落とされます。

著作権違反していない限り、画像や動画を掲載していても一切問題ありません。

当サイトでは画像も動画も掲載しながら、グーグルアドセンスに申し込みをしましたが、数日で審査に合格しました。

実際に審査に落ちている人の場合は画像・動画以外の所に問題がある

Googleの大きな収入源は広告です。
グーグルアドセンスを掲載するサイトは、その大きな収入源を手助けするパートナーです。

Googleとしては、出来るだけ多くのグーグルアドセンスの広告を掲載してくれるパートナーを探しています。

しかし、同時にある程度のクオリティのあるサイトを選定しなければ、グーグルアドワーズ広告のクオリティも下がってしまいます。

本当はクオリティの問題で落とされたサイトが、オーナーは何が原因か分からず、闇雲に、画像や動画を掲載していると落とされたとネット情報を配信して、嘘の情報が拡散したのでしょう。

Google側の立場から考えたら、著作権違反もしていない、単に画像や動画が掲載されているからといって、審査に落とすような筋の通らない事はしません。

審査に落ちた場合

グーグルアドセンスの二次審査に落ちた人は、Googleに立場にたって改善してください。

Googleが望んでいるウェブサイトはGoogle自ら発表しています。

・ウェブマスター向けの品質に関するガイドライン

・内容が重複している複数のページは禁止
・アフィリエイト プログラムで構成されているサイトは禁止
・高い独自のコンテンツ

重複コンテンツもアフィリエイトで構成されている事柄も回避する事は簡単です、もしこれらの事に気をつけていても審査に落ちた場合は「コンテンツ不足」です。

Googleが下す「高い独自のコンテンツ」の判断は、アクセス数、滞在時間、直帰率、リピート率なども考慮しています。

ネット上では記事数は○○個以上、文字数は○○文字以上、サイト運営歴は○○ヶ月以上と色々噂が出てきますが、審査側は目視といっても、じっくり見ているわけではないので、グーグルアナリティクスのデータを元にある程度、二次審査も自動化しているはずです。

グーグルアドセンスの審査が落ちた人は、グーグルアナリティクスのデータを上げる努力をしてください。

以下の4つの記事も必読の記事です!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

シェアありがとうございます

ABOUTこの記事をかいた人

澤 亜澄

日本、香港でIT会社を経営、35歳で本業から一線を退いて現在はハワイでセミリタイア生活を送る。 日本を含む世界5ヶ国で不動産に現金5億円以上を投資、家賃収入で経済的自由、時間的自由を得る。 「自由な人生」をテーマに企業や組織に縛られない新しい生き方を伝えるブログ。