ハワイのゴルフ練習場に自動ティーアップ装置を導入できないかな?

frog-1212201_960_720

こんにちは、ハワイ在住の澤(@SawaAzumi)です。

アメリカは日本と違ってゴルフ練習場が少なく、基本的にゴルフ場に隣接されています。 恐らくアメリカの場合、ゴルフ場へのアクセスが良い事からゴルフ練習場を単体で作っても商売として成り立たないのでしょう。

私が住んでいるエリアでも同じです。 周辺にはゴルフ練習場だけの施設はなく、ゴルフの練習をする時はゴルフコースに隣接されたレンジで練習をします。

ゴルファーの立場からすれば、練習場は単体でもゴルフコースに隣接されていても、家からのアクセスが良ければ問題ありません。

最近、近所のハワイカイゴルフコースのゴルフ練習場が少し新しくなったと噂を聞いたので、本日はドライビングレンジ(ゴルフ練習場)に来ています。
IMG_6888
ちょっとした軽食が食べられるようになったのと、ボールを機械で購入する事になりました。

以前までは受け付けで、袋に入ったボールを直接購入していたのですが、今度からは受け付けで専用の番号をもらう形になりました。
IMG_6889
レシートに書かれている番号を機械に入力すると。
IMG_6890
ドボドボーっとボールが下から出てきます。 ちなみにカゴは自分でセットしないといけません。 私はカゴをセットしないで数字を入力したら、全部のボールが床に散乱して拾うのが大変でした( ́・ω・ )

ハワイカイのゴルフ練習場ってどんな所?

ハワイカイの練習場はボール40個程度で$5です。 

屋根が付いている打席が約30、屋根なしも約30打席、直接芝の上から打てる場所が15打席ほどです。

千葉県のゴルフ練習場は200打席とかありますから、日本の練習場と比べると打席数は少ないですが、広さは断然ハワイカイの方が広いです。 奥行きも300Y近くあり山に向かって打つ自然のドライバーレンジは爽快です。

難点は風が強い所です。 でもハワイのゴルフコースは基本的に風が強いので、風でどのくらいボールが曲がるのか理解できるのは逆に良いかもしれません。

屋根あり打席
IMG_6891
屋根なし打席、日差しが強い日中は辛いかも
IMG_6893
芝の上から打てる打席、一番奥にあるよ。
IMG_6894
アメリカの練習場は直接芝から打てるのがいいですよね。 いつも私は芝の上から練習しています。 
IMG_6897
そんなハワイのゴルフ練習場ですが、一つ大きな疑問があるんですよね。 それは…

ハワイのゴルフ練習場ってなぜ自動ティーアップ装置がないの?

facilities-point_img02
ゴルフをやらない人には分からないかもしれませんが、日本のゴルフ練習場には「自動ティーアップ装置」が付いています。 自動ティーアップ装置というのは、ボールが自動的に床から出てくる装置です。

この装置が付いていると、自分でボールをカゴから持ってきてセットする必要がありません。 ハワイのゴルフ場(アメリカ本土も一緒)には自動ティーアップ装置がないので、毎回毎回、ボールを打ったら自分でボールをセットする必要があります。

日本であれだけ普及していてゴルファーの支持を得ているのに、なぜアメリカでは全く浸透していないのか不思議です。

一説によると自動ティーアップ装置で練習すると真剣にボールを打たなくなるからゴルフが上達しないという話もあります。

そういった技術的な話は置いていて、ハワイでは高齢のゴルファーが多く、毎回毎回、腰や膝をかばうようにボールをセットしている姿を見ます。

そんな高齢ゴルファーが練習している姿を見て、日本の様に自動で床からボールが出てきたら、楽なのにな、、、と思ってしまいます。

私の場合も日本のゴルフ練習場では毎回100球ほど打ちますが、ハワイの場合、自分でセットするのが面倒なので40球前後(1回分)で終了するようになってしまいました。

ビジネス的には自動ティーアップ装置があった方が利益が出る?

17123254699_c2f412c9ee_b
アメリカのゴルフ練習場が自動ティーアップ装置を導入しない理由ってなんでしょうか?

導入コストがかかるからでしょうか? コストと利益の数字が実際にどのようになっているのか分かりませんが、日本であれだけ導入されている事を考えると、自動ティーアップ装置を導入した方が長期的に利益がでる事は間違いないでしょう。

自動ティーアップ装置があれば、ゴルファーはもっと気軽にボールを打つようになりますから、ボール1球の値段が同じであれば、客単価は上がるはずです。

また、ボールの購入をカード方式(1000円から)にすれば、全部のボールを打たないで帰国する旅行者も出てくるし、年配の人などで40球も打ちたくない人は、別に日に使う事も出来ます。

好きな時にカードを使って練習が出来れば訪問回数も増えるから軽食等の売り上げも一緒に増えるんじゃないかな。

私が代理店になってハワイのゴルフ場に提案しようかな

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
インターネットで自動ティーアップ装置を販売している会社を調べると、たくさん出てきます。 日本全国であれだけゴルフ練習場があるんですから、それだけ設置業者がいる事は簡単に想像できます。

今度、日本に帰った時に、自動ティーアップ装置を販売している会社に訪れて、相談してみようかな。

代理店のような形でアメリカの窓口になって、ハワイのゴルフ練習場に導入コストやメリット、売り上げ予測などのデータを提出して提案してみようかな。

それともゴルフ場の自動ティーアップ装置は海外で普及しない「ウォシュレット」のような日本独特な物なのかな?

以下の4つの記事も必読の記事です!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

シェアありがとうございます