【悲報】Fippa.comで早速、詐欺師に騙される。

depression

こんにちは、澤です!
2013年からアメリカのハワイで生活しています。

アメリカ移住後はアメリカのWebメディアマーケットの大きさに圧倒させられて、自分もアメリカでウェブメディアの運営に挑戦するべく、アメリカでアフィリエイトに挑戦中です。

現在は、色々なアメリカのサイトやウェブサービスを見て回って勉強中です。
先週くらいにアメリカの人気ウェブサービスの1つ、Flippa.comについて、このような記事を書きました。

記事には9割が詐欺師で構成されているので、利用には十分気をつけて!と書きましたが、、、、

なんと、、、

注意を促した私が詐欺師に騙されました。。。

旅行系のウェブサイトを購入する予定が・・・

Flippa.comにはStarter Sitesといって、実際に運営する前の段階のウェブサイトが売買されています。

多くの場合はドメインを変更するだけで、何個も複製できるようなサイトです。

例えば、Amazonのアソシエイトプログラムを使った特定のジャンルの買い物サイト、複数のショッピングサイトのAPIを利用した価格比較サイト、旅行関係のAPIを利用したホテル・航空券の比較サイト。

これらのサイトは基本的に、お金を一切生まない事から非常に安価で販売されています。

これらのサイトで、ホテル・航空券の比較サイトで、面白いシステムのサイトをFlippa.comで見つけました。

それは、Cheapflights.comのようなシステムを搭載しているのですが、ホテルや空港チケット購入時の成果報酬ではなく、ホテルや空港チケット検索時のページビューに対して利益が発生する仕組みを搭載したサイトでした。

ページビューの報酬は$1から$4と高額です。

この手のサイトは非常に沢山あるので、運用して利益を出す事は難しいと思っていました。

それでも、アメリカや他の国でトラッフィクを稼ぐ方法は勉強しながら、試験的に運用するのは面白いと思い売り主に連絡を取りました。

Flippa経由ではなくPaypal経由で支払いを求められた

リストにあった旅行系のサイトについて、売り主に連絡をとった所、Reserve価格(最低落札価格)は$500に設定してあると返信がありました。

連絡を取った時点で、入札が一切ない事から、$200で売って欲しいと伝えると、$300なら直ぐに売却すると返信がありました。

Flippa.comでは、このようなやり取りは日常的に行われています。

基本はオークション形式ですが、双方の同意があれば、入札が沢山ある場合でも、売り主は好きなタイミングでオークションを終了させる事が出来ます。

このようなやり取りを、他のケースでも見ていた私は、早速手続きに入りました。

売り主から、代金の$300はPaypal経由で送ってほしいと連絡があり、何の疑いもなく私はPaypalで決算を行いました。

その後、、、

売り主から連絡が途絶えました(笑)

$300簡単に騙し取られる

Business Team

Paypalで$300を送金した後、いくら連絡を取っても返信がありません。
Flippaに連絡をしたら、よくある詐欺師の手口である事がわかりました。

もちろん、Flippa.comはなにもしれくれません。
最終的には、売り主のアカウントを凍結する事になりましたが、新しいアカウントを作ればいいだけです。

Paypalにも詐欺である事を連絡しましたが、返金されるのか不明です。

Flippa.comの支払い方法を理解していなかった、私のミスですが、まさか、こんな簡単に騙されると思っていませんでした。

Flippa.comには3000万くらいのサイトもたくさん売っています。
1年くらいで回収できる案件などもあるので、投資として購入しようか考えていましたが、良く考えないと、更に痛い目にあいそうです。

皆さんもくれぐれもFlippa.comの利用には気をつけてください。

以下の4つの記事も必読の記事です!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

シェアありがとうございます