ハワイと日本のデュアルライフが最高に楽しい理由

photography-731891_960_720

こんにちは、デュアルライフ愛好家の澤(@SawaAzumi)です。

私が2013年にハワイに移住してきて3年以上経過しましたが、その間、殆ど島から出る事なくハワイで生活してきました。

最近、日本で新規ビジネスを立ち上げる為に、日本とハワイを行ったり来たりして生活しています。 来週からまた日本に帰国する予定です。

比較的近いハワイといっても移動時間(飛行機で7~8時間)は長いし、時差もあるので肉体的には疲れるんですが、ハワイと日本を行ったり来たりする生活が思ったよりも楽しく、気に入っています。

全然意識していませんでしたが、実はこれって最近流行っている「デュアルライフ」ですよね。

デュアルライフって何?

Dual life(和製英語)は2つの場所を双方向で行き交うライフスタイルの事です。

Wikipediaによると主に都市と農山漁村、国内での生活スタイルを指すようですが、私のように海外と日本を行き交うライフスタイルもデュアルライフと言えるでしょう。

インターネットの普及により場所を選ばず仕事が出来る人が増えて、近年デュアルライフを生活スタイルとする人達が増えてきています。

出典:Youtube

出典:Youtube

しかしながら、デュアルライフ自体は昔からある生活スタイルで、アメリカの古いアニメCurious george(1939年)を見てもThe Man with The Yellow HatがGeorgeを連れて田舎と都会を行き交う生活が描かれています。

子供向けのアニメに描かれているくらいですから、昔から2つの場所を双方向で行き交う生活するスタイルは浸透していたようです。

そんなデュアルライフですが、今日はハワイと日本とのデュアルライフがおすすめの理由をご紹介します。

日本とハワイの良さを再認識する事が出来る

beach-1630540_960_720
日本に戻る度に日本の良さを再認識します。 食べ物は美味しいし、サービスのクオリティは高い、町は綺麗だし、安全。

毎回日本に戻る度に「日本最高!」と思いながらハワイに戻ってきます。 しかしハワイに戻ってくると海は綺麗、人はノンビリしているし、何よりも気候が最高です。 ゴルフもサーフィンも気軽にできるし、直ぐに「ハワイ最高!」と頭が切り替わります。

このように日本とハワイを交互にいく事によって両地の優れている部分をより一層感じる事が出来ます。

天国と言われているハワイだってずっと住んでいれば環境に慣れて飽きます。 日本で住んでいても同じです。

多くの人は居住地は一か所であるべきだと思っていますが、住んでいる場所、自分の地元の良さを再認識する為にも複数の場所を拠点として生活する方が土地に感謝する事ができるんじゃないかな。

人と会う切っ掛けが作れる

office-336368_960_720
私は77年生まれですが、この年になると周りの人は子供が小さかったり、仕事が忙しかったりと中々会う機会が作れません。

もちろん連絡すれば時間を作って会ってくれますが、逆に連絡すれば「いつでも会える」という理由から、日本に住んでいた時は疎遠になっていた人達も多くいました。

しかし、ハワイと日本を頻繁に移動する事により、「〇〇に日本に帰るから一緒に食事しよう」などと連絡する機会が作れるようになりました。

仕事関係も同じです、日本の滞在日数が決っている事もあって人と会うときは細かくスケジュールを組みます。 必然的に生活が濃くなりメリハリがつきます。

人と会うという意味では海外に住んでいる日本人と会うのも面白いです。 海外に住んでいる日本人は自分も含めてユニーク(変人)な人が多い。 

海外事業者、投資家、海外赴任者、旅人、セミリヤイアしている人達など日本ではなかなか出会えない人達と出会えます。 中には親から莫大な資産を受け継いで一度も働いた事のない人達もいたりして、逆に心配になる人達とも会ったりしますが。。。

考え方の幅が広がる

success-1648574_960_720
ハワイで生活していると国も違う事から、言葉や法律、ルールなど新しく覚えなければいけない事が沢山あります。

新しい事を覚えるという事は単純に脳の刺激にもなるし、気分転換にも繋がります。

双方で流行っている事、片方の地域でしか浸透しないサービスなどビジネス面でも色々考えさせられる事が多いです。

一つの地域で暮らすよりもデュアルで生活をする事により、今まで考えつかなかったアイデアなども出てくるようになります。

一か所に住む必要がないならデュアルライフがおすすめ

同じ場所に住む必要がなく、どこにいても仕事ができるなら一カ所に住む必要なんてないですよね。

住宅を持たずにホテルを転々として暮らす人達だっているし、もっと気軽に住む場所を変えてみてもいんじゃないかな。

国外の場合、ビザの問題とかあるのでハードルが高いかもしれませんが、まずは国内で始めてみると面白いかもしれませんよ。

以下の4つの記事も必読の記事です!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

シェアありがとうございます