仮想通貨に1億円投資するよ。次の投資ターゲットはブロックチェーン関連に決めた!

bitcoin-2643159_960_720

こんにちは、不動産投資家の澤(@SawaAzumi)です。

私のような弱小投資家というのは、少しでも投資で良い成績を残すためには、出来る限り未来を予測して適切な投資対象を選んでいかなければいけません。

リターンがある投資には必ずリスクが伴うので、出来るだけ確率を上げる努力をする事が大切なんですよね。

少しお金が貯ったからと言って、闇雲に株・FX・不動産などに手をだすと素人はたちまち負けて市場から追い出されます。

負ける大半の理由はタイミングが悪いからです。

株を選んだから、FXに手を出したから、という理由で負けるのではなく、参加するタイミングを間違えているケースが殆ど。

タイミングを見極める為には、論理的な未来予測をしながら常に世の中の動きにアンテナを張る必要があります。

私がリーマンショック後にアメリカ不動産に投資を行ったのも常にアンテナを張っていたからと言えるでしょう。

当時は「投資対象は?どのタイミングが一番適切か?」という事を常に考えていました。

2017年の現在、巷ではアメリカ不動産投資に人気が集まっていますが、タイミング的にはもう完全に遅い。 アメリカは近い将来、必ず不動産バブルが崩壊するので、今現在購入している素人投資家はお金を失う事になるでしょう。

株、為替、不動産、金融商品、なにを選んでも同じ事が言えます。

投資のタイミングは、アメリカ不動産のように金融破綻が機会をもたらすケースもあれば、時代的な流れから来るチャンスもあります。

今回の投資ターゲットは時代的な流れからくるチャンスです。

これに1億円投資します|・`ω・)ちら

次の投資ターゲットはブロックチェーン関連だ!

Blockchain_Grid
仮想通貨のビットコインはご存知でしょうか。 ブロックチェーンとは、ビットコインを支える中核の技術です。

最近ではEthereum、許可型ブロックチェーン、プライベートブロックチェーンなども存在しますが、ここでは簡単にビットコインのブロックチェーン技術を紹介しましょう。

ビットコインは仮想通貨(暗号通貨)といわれるもので、通貨ですから他人に渡したり、逆に受け取る事もできます。

仮想通貨なんて言ってみればコンピューターのデータベースを使えば誰でも簡単に作れる仕組みですよね。 ネットショップのポイントなども言ってみればある意味仮想通貨です。

ビットコインのブロックチェーン技術が違うのは通貨のやり取りに使う取引記録の履歴(データベース)の仕組みです。

ネットショップのポイントデータなどは通常は運営会社のサーバーで管理していますが、ビットコインのデータは一つの場所に保存されているのではなく、ビットコインのネットワークに参加しているコンピュータに分散されて保存されています。

この取引記録(ブロック)がネットワーク(チェーン)で繋がれている事からブロックチェーンと呼ばれています。

これから応用対象を拡大していくであろうブロックチェーンの技術に投資をします。

関連記事:マイニングしてたビットコインの価格が高騰していて笑いが止まらない

もうすぐブロックチェーン技術が社会の形を劇的に変える

pexels-photo-27406
ビットコインのブロックチェーン技術の概念にDAO(Distributed Autonomous Organization)というのがあります。

これを自律分散型組織とも呼びます。 人間中心で回してきたシステムが、今後は逆にシステム中心の組織に変わります。

現在の組織図というのは中心にCEO(人間)がいて、その人間が人間を管理するような形がごく当たり前ですよね。

しかし自律分散型組織というのは中心に人間ではなくプロトコルを置く。 ビットコインで例えるならば、ビットコインのシステムの中心には人間がいない、データーが一つの場所に保存されていなく参加している全ての人間が管理しているから。

参加している人間全ての人がデータを持つ(チェーンで繋がっている)事からデータの不正が出来なくなる、そうすると企業や組織に対する信用の概念が変わります。

先程のポイントサイトで例えるなら、怪しいポイントサイトって沢山あるじゃないですか? でもブロックチェーンの技術を使えば不正が出来ない、というか運営すらいなくなるという事ですからね。

こういったブロックチェーンの応用技術が今後はどんどん採用され、経営者が存在しない企業組織になっていきます。

ブロックチェーンの技術はIT革命の時のような非連続のイノベーションを起こり、当時、一部の人達が巨額の富を得たように、これから起こるブロックチェーン革命でも多くのビリオネアが誕生するでしょう。

私もその一人になります(○´艸`)ウシシシシ

タイミングは今しかない

pexels-photo
実はブロックチェーン技術ってけっこう昔からあるんですよね。 ビットコインはサトシ・ナカモトという謎の人物が作った論文を元に技術者が作ったものですが、この論文は2008年に発表されています。

元になっているP2Pネットワークの技術だって15年くらい前からあるんじゃないかなぁ。

10年前にP2P関連の技術に投資をしていても時期尚早、しかし10年後にブロックチェーン技術に投資をしてももう遅いでしょう。

タイミングは今しかありません。 時代の流れは完全に来ています。

日本はブロックチェーンの技術を導入せざるを得ない

pexels-photo-427747
日本の人口減少問題はこれからが本番です。 人口減少から企業の人手不足は深刻化していくでしょう。

人手不足から日本の企業は既存の中央集権型のビジネスモデルから非中央集権型、即ち自律分散型組織に変化するしかありません。

自律分散型の組織作りをする為には、否応なくこのブロックチェーン技術を最大限活用する以外ないでしょう。

更にもっと先の未来を予測するならば、プロトコルを中心に人間が管理する形から、その後、人間はAIに置き換わります。

今後10~20年で殆どの仕事が人工知能に奪われると言われていますが、これが具体的な流れです。

これは投資ではなく完全に投機だよ

ブロックチェーン関係の派生技術、仮想通貨に投資をしてきますが、これは投資ではなく投機。

いや、ギャンブルに近いかも(~_~;)

というのは、今現在、まともに稼働している仮想通貨が殆どなく仮想通貨の基軸通貨になりそうなビットコインも色々な問題を抱えています。

詐欺の仮想通貨も多く、怪しいネットワークビジネスに利用されているケースが殆ど。

しかし、時代は確実にこっち方向に向かっていくと確信しました。

さて、私の1億円は30億円になるのか、それとも綺麗に無くなってしまうのでしょうか。

今後は注目している通貨や業界の流れなどをブログで紹介していきます。

以下の4つの記事も必読の記事です!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

シェアありがとうございます