これから仮想通貨に投資をする上で絶対に必要な心構え・考え方

pexels-photo-315788

こんにちは、仮想通貨投資家の澤(@SawaAzumi)です。

仮想通貨面白いですね~!

ここ最近は日夜睡眠時間を削って仮想通貨を勉教しています。

ちょっと前までは、不動産のキャッシュフローが十分にあるから投資からは卒業かな~( *´艸`)ムフ なんて記事を書いていましたが、仮想通貨というエキサイティングな投資対象の出現により前言撤回、がぜん投資意欲が湧いてきました。

海外不動産(特にアメリカ)がバブリーな状態が続いていて物件を購入するのをやめた所だったので、ある意味「新しい遊び」の出現に大歓喜!

残念な事にハングリー精神は全くないので、投資に失敗しても生活に支障をきたすような金額は投資しないのであくまでも「遊び」の範疇なんですけどね。

仮想通貨への投資(コインやトークンの購入)は少額から初められるので、現在仮想通貨に投資している人の殆どは投資経験がない人達みたいですね。

技術も新しい事から若い世代が多いみたい。

今回はそんな投資未経験の人達に向けて、自らを戒めるという意味でも、これから仮想通貨に投資をする上で絶対に必要な心構えをお伝えしたいと思います。

これから仮想通貨に投資をする人達は必見ですよ。

今の仮想通貨への投資はITバブルの時と酷似している。

pexels-photo-239898
1990年代末期から2000年代初期にかけてアメリカを中心に起こったインターネット・バブル(Internet BubbleもしくはDot-com bubble)、通称ITバブルはご存知でしょうか。

私自身、中学生~高校生くらいの年齢だったので実体験した訳ではありませんが、当時IT事業への期待度は凄かったようです。

インターネット通信、コンピューターの処理によるe-コマースの現実の可能性に既存のビジネスモデルは全部潰れるなんて言われて、IT関連企業の株価は高騰、アメリカだけではなく欧州・アジアや日本の株式市場でもお祭り騒ぎになりました。

その後、利上げをきっかけに株価は崩壊、アメリカ同時多発テロ事件も重なり2002年にはITバブルは崩壊してしまいました。

バブル崩壊の大きな理由の一つは「内容のないITベンチャー企業を高評価しすぎたこと」だと言われています。

結果的にはじわじわとネットとパソコンが一般家庭に浸透する事になり、Amazon,Apple,Google,Facebookなどの世界的大企業が誕生、インターネットとコンピューターは当時の期待通り世界をガラリと変えました。

あれ?これって仮想通貨のICOと同じじゃない?

1990年代ってインターネットの技術には期待していたんですが、実際にどのように世の中が変化するのか想像できなかったんですよね。

期待だけが先行していて、投資しなければ損をするような雰囲気が作り上げられました。

それが今の仮想通貨やICOと全く同じです。

1990年代末もIT関係の事業計画書を作れば数億円、数十億円が簡単に集まったように、仮想通貨もICOで多額の資金が簡単に調達されます。

内容のない仮想通貨事業者を高評価しすぎてしまっているのです、時代は繰り返す・・・

今回もっと恐ろしいのは会社に投資をする場合はそれ相応の株式が発行されていましたが、ICOに関しては特になにもありません。

株式の代わりにコインが配られますが、株式分配とはそもそも意味も形態も異なります。

仮想通貨投資家は少し冷静になって、今の異常な状況は1990年代のITバブルと同じ状況であると認識するべきでしょう。

そしてその仕組みを利用して詐欺の道具として利用している輩が沢山いる事も理解しましょう。

今の仮想通貨には殆ど実態がないでしょ。

halloween-1746354_960_720
現在、上場している(取引所で売買できる)仮想通貨の種類は900銘柄を超えると言われています。

900銘柄あるにも関わらず、現実の世界で使える、実需のあるコインはビットコインくらいなもの。

そのビットコインも発行上限2100万と決まっていたにも関わらず分離(上限超えたのと同じ)したりと様々な問題を抱えている。

これはITバブル時のIT事業と同じで「インターネットの世界」には限りなく可能性があるが「各IT会社」についてはいつ潰れるか分からない、価値はない、という事と同じです。

仮想通貨に関しても「ブロックチェーン関係の技術」は間違いなく世の中を変えるが、現時点で出回っている仮想通貨やトークンに関しては殆ど価値がないという事です。

今後、どのような形で実態のある仮想通貨が世の中に浸透するのか分かりませんが、現時点では全く実態がなく、人々の期待値だけで価格が伸びているだけと理解しましょう。

こんな異常な世界はありません。 まさに仮想、推察、想察、憶測の世界!

近い将来ITバブルのようにいつか必ず崩壊します。 

他人の意見に振り回されるな。

seagull-249638_960_720
ここからが本題。

株、FX、不動産にかぎらず投資をする上で重要な事は他人の意見に振り回されない事です。

他人の意見はあくまでも参考程度に、自分の投資スタイルを確立しない限り投資は上手くいきません。

もちろん、適当に買った不動産で利益が出た、塩漬けにしていた株価が高騰していたという事は起こりえます。

しかし、投資はギャンブルではありませんから、勝つ確率を出来る限り上げる努力が必要です。

その努力の一つの条件が「他人に振り回されない」という事です。

他人の話を聞いて自分の投資スタイルを変えるという事はそれだけギャンブル性が高まります。

また、仮想通貨で気をつけなければいけないのが、通貨によっては時価総額が1億、2億と極端に小さなものがあります。

そういった銘柄は仕手に利用される場合もあるので注意してください。

特にネットのインフルエンサーが「○○」のコイン買った、というのコメントや記事に便乗して購入しないようにしましょう。

簡単に養分にされてしまいます^^;

先行者とは違う投資戦略が必要だね。

現在、仮想通貨の投資で億万長者になっている人達の元の投資金は数百万程度です。

ETHを50円の時に200万円で買ったとかね。 少ない投資金が何十倍、何百倍とかになって億万長者になった人達が多い。

同じような事がこれからも起こるかというと、ちょっと難しいんじゃないかな。

もちろん爆発的に価格が上がるICOなどを見つけたら可能ですが、確率は低いでしょう。

段階的に少額で億万長者が出るタイミングは終わり、次は資金力のある投資家が大きく儲ける時かも。

その後、大きく儲けた投資家を見た一般投資家、ファンドなどが参入してくる流れになるはずです。

その時は色々な規制が入って値動きは今の仮想通貨のような極端なものでなくなっているでしょう、株式のように1日で動く値幅制限なども入ってくるかもしれません。

これからは先日、中国がICOを規制したように今後、日本や各国で新しい法律、規制が作らえていく事になります。

仮想通貨投資の後発組ならではの投資戦略が必要です。

仮想通貨はICOに限らず上場している通貨でも殆ど詐欺と言われているような状態ですから、日々勉強して、情報を集めて、仮想通貨投資の後発組でも独自の投資方法を確立して利益を出したいですね。

仮想通貨の買い方、ICO、おすすめ銘柄に関しても今後はブログで紹介していきます^^

以下の4つの記事も必読の記事です!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

シェアありがとうございます