世界最強!?ハワイの巨大ゴキブリと戦う方法

IMG_7051

こんにちは、ハワイ在住の澤(@SawaAzumi)です。

ハワイに移住してきて早3年、あと数ヶ月で4年目に入ります。

4年目ともなると生活にも慣れ、地元の習慣やルールなども大体理解してきました。 

ハワイは気候も景色も最高、お友達も皆さん本当に親切で優しい人ばかりです。 ハワイでの生活には不満は一切なく、完全なストレスフリーの世界で幸せに暮らしています。

いや、、、1点ありました。 不満が・・・ 不満というか不安な事、、、いや、恐怖というか・・・

それは、ハワイの巨大ゴキブリの存在です。

暖かい気候ではなんでも大きく育つ! これは地球のルールです。 人間も植物も、昆虫だって暖かい気候の所にいると大きく育ちます。

人間が大きく育ったら、小錦や曙のように相撲取りになって活躍する事ができます。 果物は大きければ食べる箇所が増えるのでデメリットはありません。

でも、大きく育ってはダメな奴もいます。

それはゴキブリです(||゚Д゚)怖ァ…

ハワイのゴキブリは超巨大

2000px-Big_Ten_Conference_logo_(2012).svg
人間だったら小錦や曙のように育つんですから、ハワイのゴキブリのそれはもう大きく育ちます。 

日本のゴキブリと比べると軽く2倍くらいの大きさはあるでしょう。 もはや昆虫というよりも小動物レベルです。

以前、庭でバーべーキューをしていた所、地面に黒い影がサササッと見えたので、「あれ?ネズミかな?」と思ったらゴキブリでした(;´・ω・)

ハワイのゴキブリは恐らく子ネズミと同じくらいの大きさです。

日本のゴキブリの2倍くらいのゴキブリが存在している事を想像してみてください。 そんな大きなゴキブリが貴方の家の中で徘徊をしているんです。

こんな怖い事ってありませんよね?

なんでそんなにゴキブリが怖いの?

2301224820_ff8c32b1c3_b
ハワイに来て気付きましたが、ゴキブリに対して極端な恐怖感を抱いている人種って日本人だけなんです。

アメリカ人なんか、素足で踏みつぶしたり、死んでいるゴキブリを手で掴んでゴミ箱に捨てます。

友人の日本人の女性は異常なほどゴキブリを怖がるので、アメリカ人の旦那が彼女を精神病院に連れて行こうと考えたほどです。

なぜ我々日本人はゴキブリに極端に怯えて生活をするのでしょうか?

謎です・・・

そういえば、ハワイで戸建てに住みたいけど、ゴキブリがでるからコンドミニアムに住んでいるって人に数名会いました。 ハワイ在住の日本人は、それだけ、ゴキブリに支配されて生活しています。

考えてみれば、カブトムシ、クワガタ、カナブンなどと見た目は変わりません。 違いがあるとすれば、体が柔らかいくらいでしょうか?

もしかしたら、殺虫剤の会社が日本で売り上げをあげる為にゴキブリの存在を煽る事によって、日本人の潜在意識に対して、恐怖心を植え付けているのかもしれません。

理由は分かりませんが、兎にも角にも、一度植え付けられたゴキブリへの恐怖心は簡単には拭えません。

ゴキブリの素晴らしい能力をご紹介

scared_eye_by_marinadw-d65x45q
折角なので、ゴキブリの優れた能力などを皆さんと共有します。

・ゴキブリは頭が取れても死なない!
⇒ゴキブリには頭とお尻の2カ所に脳がある為、頭が取れても行動が出来ます。 そのまま放置する死にますが、死因は餓死。

・ゴキブリの口は2つある
⇒ゴキブリの口の中に更に口があります。 食べ物を食べた後に更に細かく2個の目の口で砕いています。 まさに映画のエイリアンと一緒。

・水があれば生きられる
⇒ゴキブリはなんでも食べます。 残飯はもちろん、人間の髪、頭皮、皮膚なども食べます。 しかし水があれば半永久的に存続可能です。 コスパが最強。

・触覚が優れている
⇒ゴキブリは回りの変化に敏感です。 貴方の行動をじっくり観察しています。 わずかな空気の振動や湿気も察知する優れた触覚の持ち主です。

・抗菌成分をまとったBODY
ゴキブリの体は抗菌成分の油分で体を保護しています。 水分の蒸発を防ぐ効果もあります。 逆にママレモンなどの殺菌油分をかけると死にます。

・逃げる時、死ぬ時に卵を産む
⇒ゴキブリのメスはお尻に卵鞘(らんしょう)を付けています。 中には卵が常に30~40個ほど入っています。 ゴキブリが危険を察知して逃げたり、死ぬ間際に卵を産み落とします。

・超高速移動が可能
⇒ゴキブリの動きは人の身長に換算した場合時速約320kmで移動できます。 その為、私達が殺そうと思ってもサササッと簡単によけます。 

ゴキブリの生命力は地球上でもっとも強いと言われています。 これで皆さんもゴキブリに対する恐怖心が増しましたよね? 

(ΦωΦ)

ハワイのゴキブリとどうやって戦う?

maxresdefault
では本題です。 日本の2倍の大きさがある小動物並のハワイのゴキブリとどのように戦ったらよいのでしょうか?

人間も体が大きければ強い様にハワイのゴキブリも強いです。 ゴキブリの世界大会があれば、恐らくハワイのゴキブリが世界最強でしょう。

おすすめな方法は他人に駆除してもらう方法です。

私の場合、妻とゴキブリを戦わせます。 妻もゴキブリが嫌いですが、私と違うのはゴキブリを見つけたら殺さずにはいられません。 どうやら家にゴキブリがいる事を知っていながら寝る事が出来ないようです。

夜中に自分の顔とかに飛んで来たらどうしようかと、勝手に想像を膨らますタイプです。

なので、私がゴキブリを発見した時は妻に「あっちの部屋にゴキブリがいたよ! なんか凄い元気に飛び回ってたよ、夜中に寝室に来るんじゃない?」と伝えると勝手に戦い始めます。

妻がゴキブリと戦い始めたら、とばっちりを食らいたくない(自分の方にゴキブリが飛んで来たり)ので、違う部屋に行ってドアを閉めます。

格闘が終わったら部屋から出ていくという作戦がオススメです(〃゚д゚;A

というのは冗談で、ハワイでゴキブリと戦う一番の方法はこちらです。

家に殺虫剤を事前に撒いておく

ホームセンターにHome PestとかHousehold insect controlといった害虫駆除の薬が販売されています。
IMG_6906
害虫駆除の薬(液体)を家の中、家の周りにスプレーすると虫が寄ってこなくなります。 

このスプレーが凄く強力で、仮に虫が家に侵入して来たとしても、直ぐに死んでしまいます。 人間や動物には害がないので、虫が入ってくる侵入経路(窓、玄関、ドア、網戸など)にスプレーしておけば、ゴキブリが侵入したとしても、発見時には殆ど死んでいます。

死んでいるゴキブリを処理するのも嫌ですが、生きているのを殺す方がもっと辛いですから、ゴキブリが嫌いな人は害虫駆除の薬を定期的に使いましょう。

家の中で大きなムカデが死んでいるのも、極まれですが発見するので、ムカデに刺されたりする事も防げます。 またシロアリにも効果がありますから、住宅保護の意味でも重要な意味があります。

ハワイでゴキブリに怯えて生活している人はホームセンターで売っている害虫駆除の薬がおすすめですよ!

以下の4つの記事も必読の記事です!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

シェアありがとうございます