ハワイでDIY:コンドのリノベーション。 カーペットと壁紙を剥がすよー

add_text

こんにちは、ハワイの家の補修・リノベーションならなんでもお任せハンディマンの澤(@SawaAzumi)です。

本日はワイキキのコンドミニアムのリノベーションに来ています。 埃を吸わないようにマスクをして、これから作業を行います。

今から行う作業はカーペットと壁紙を剥がす作業です。 小さなコンドですので、カーペットと壁紙の作業は2日あれば問題なく作業は終了するでしょう(多分)

現在のカーペットはこんな感じです。 アメリカらしい分厚いカーペットがひいてあります。 個人的にはふかふかのアメリカの絨毯が大好きですが、貸し出す場合、汚れて掃除が大変なのでフローリングに変更します。

カーペットを剥がすよー

img_7485

用意した道具はこちら。
img_7487
ナイフはカーペットを切る為です。 バールとハンマーはTack Stripと呼ばれるカーペットと床を繋げている部分を剥がすのに必要です。

それでは早速作業開始です。 ナイフで切ってめくると簡単に剥がれます。
img_7491
下に見えている赤いのはUnderlaymentと言ってクッションです。Underlaymentを剥がすと下にコンクリートがでてくるはずです。
img_7887
赤のUnderlaymentを剥がすとコンクリートが出てきました。 ちなみに木造の戸建ての場合は木がでてきますよ。 この赤い板がTack Stripです。 ここに小さな針が出ていて、その針でカーペットをとめています。
img_7888
Tack Strip本体は釘をコンクリートに打ち込んであるので、これをバールで剥がしていきます。 こんな感じ。
img_7889
どんどん作業を続けますよー。 UnderlaymentとコンクリートはGlueでとめてあるので、それもバールで剥がします。
img_7902
Tack Stripのクギはこんな感じ。
img_7904
作業開始してから1時間も経過していないけど、疲れてきた( 〇□〇)ハァハァ

壁紙も剥がしていきます

img_7492
壁紙はビリビリーと勢いよく剥がします。 けっこう簡単に剥がれました~
img_7501
ん? あれ? しまった! 壁紙の表面だけ剥がれて、壁紙の下半分はまだ壁にひっついています。 しかたないのでお湯でスプレーしてノリの粘着力を弱くして剥がす事にしました。
img_7895
この道具を使って壁に残った壁紙の下地を剥がしていきます。
img_7896
(:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァ なんか思ったよりも大変だぞ
img_7897
腕が痛くなってきた。 2時間くらい作業しても全然進まない・・・
img_7899
疲れたから、反対側の壁紙を確認します。 絵を飾る為に付いていたネジをついでに取っていきます。
img_7489
これは壁紙というよりもDrywallにTexture coatingしてありますね。 何重にもしてあるのでCoatingが分厚いです。 Orange peelとかKnockdownとも呼ばれます。
img_7499
これを綺麗にするには上からペンキを塗るか、もしくは平らにする場合はDrywall joint compoundみたいなものを塗ってSmooth outするしかありません。

もしくは壁を全部剥がしてしまって新しいDrywallを張り替えるか。 うーん、これは困ったな~。

一部、ルー大柴みたいな口調になっていますが、皆さん、私が何を言っているのか理解できているでしょうか?・・・

この問題は後で考えましょう、という事で再度カーペットを剥がす作業に戻ります。

ベッドの下から絵画がでてきた

カーペットを剥がすのにベットを移動させたら下から絵画3点出てきました。
img_7901
ハワイアンの子供の絵ですね、とてもかわいらしい。 もう一つ、画家のサインと発行部数のナンバリング付きの絵が出てきました。
img_7900
ま、まさか・・・

か、神様、、、もしかして、この絵を私に発見させる為に私にコンドを購入させたのですか?

コンドミニアム購入はAirbnbで運用する事が本来の目的ではなく、この絵画を手に入れさせる為だったんですね!

あぁぁぁ、神様、ありがとうございます!

もしかして、この絵は売ったら3億円くらいになるものではないでしょうか?! なんだか物凄い価値のある絵に見えてきました。

日ごろ真面目に生きている私に、神様からのプレゼントに違いありません( *´艸`)ムフフ

どうしても欲しいという人がいたら2億5000万くらいで譲ってあげてもいいですよ。

取りあえず、カーペットも壁紙も中途半端な状態だけど、疲れたから帰ってビール飲もー
img_7891

以下の4つの記事も必読の記事です!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

シェアありがとうございます