お金があってもビジネスクラスに乗らない5つの理由

000

本日、ハワイから日本に帰国してきました澤(@SawaAzumi)です。

日本は最高ですね、缶コーヒーが旨い! 

ホノルルから成田の飛行時間は7時間30分程度でしたが、飛行機の中ではずっと映画を見ていました。 

皆さん、飛行機を利用する時、経済的に余裕があれば、ビジネスクラスやファーストクラスに乗りたいと思いますか? それともお金があっても乗らない派ですか?

私はビジネスクラスに十分乗れるだけの経済力がありますが、飛行機に乗る時は常にエコノミーです。

え? お金持ってるのにケチ臭い?

別にケチではありませんよ。 従業員を連れて飲みに行く時は一晩で100万くらい使う時もありますし、ハワイの自宅は2億円以上します。 車も過去5年くらいで累計3500万円くらい使いました。

でもね、ビジネスクラスにはお金を使いたくありません。 何故だと思います?

以下が私がお金を持っていてもビジネスクラスに乗らない5つの理由です。

コスパが悪すぎる

Project management plan in a diagram about the balance between time, money and quality.
一番大きな理由はビジネスクラスのコストパフォーマンスが悪すぎるという事です。

サービスに対して価格が高すぎます。 ビジネスクラスの料金を支払っても、それに見合ったサービスが提供されていません。

考えてみてください、飛行機を利用する最大の目的は「目的地に到着する時間」を買っているんですよね。

船や電車で行く場合、時間が掛かるから、目的地に「より早く到着する」飛行機を利用するんですよね? その移動している間の空間は、所詮、付加価値でしかありません。

例えば、ホノルル⇔成田間の場合、エコノミーが7万円だとするとビジネスは25万円ほどします。 

3倍の料金を支払うなら飛行時間を1/3にしろとは言いませんが、7時間30分の所を5時間で到着するとか、移動時間を短縮できなければ意味がありません。

しかも、考え方によっては、自分がエコノミーに乗れば、差額の18万円が手に入るという事です。 そのお金を使って家族で旅行したり食事をした方が私は価値があると思っています。

極端な事を言えば、自分がエコノミーに乗って、その差額を寄付した方がましです。 実際に大地震が起こった時は寄付をしました。 自分が快適だという理由で価値の無いビジネスクラスに乗っていたら寄付は出来なかったかもしれません。

見えを張る必要がない

wealth-inequality-in-russia-and-china-will-make-you-look-at-britain-and-the-us-in-whole-different-light_1
飛行機のビジネスクラスを利用する人って、快適な空間にお金を出しているというよりも、自分の自尊心を保つ為、満たす為にお金を使ってるんですよ。

というのは、空港会社がそのような経営戦略でビジネスクラス、ファーストクラスのイメージ付けをしています。

ビジネスクラス利用者は空港のラウンジを使えるようにしたり、専用のカウンター、乗り込み時の優先度、豪華な食事など、「貴方達はエコノミーを利用するような社会のゴミ共とはレベルが違うますよ」と大々的に区別しているわけです。

通常の商売でこんな明白に利用者に対して格差を付けるようなサービスってなかなかないですよね。

という事は、それだけビジネスクラスを利用する人は気分が良いんですよ。

「私はビジネスクラスよ。 見てよ、あの後ろの方にギュウギュウに座ってる社会のゴミ。」でも「私は違う、一流よ!」となるわけです。

私の場合、別に飛行機のビジネスクラスに乗った所で、自尊心は満たされません。 そもそも、こんな飛行機の座席で見栄を張っても仕方ないですからね。

ビジネスクラスに憧れない

PL-LUFTHANSA-02-1486-x-1000
各空港会社のビジネスクラスにかけるイメージ戦略って凄いですよね。 高級で一流であるかのようにイメージ付けるCMをバンバンやっています。 単純な会社経営者、サラリーマンの人達だったらビジネスクラスに乗る事に憧れを抱く人も出てくるでしょう。

中には「いつかはビジネスクラス」と目標に掲げている単純な経営者もいるかもしれません。

そういったイメージ戦略にまったく左右されない自己中心的な私はまったくビジネスクラスに憧れを抱きません。

企業のCM戦略などに思いっきり洗脳されていたりして、移動はビジネス、ホテルは5つ星、食事は料亭とその通りの行動している人達っていますよね。

もちろん、本人の自由ですが、そんな綺麗に型にはまらなくてもいいじゃん、って失笑してしまいます。

ビジネスクラスのおもてなしが逆にウザイ

OMOTENASHI-650x330
飛行機に乗る時って、いち早く自分の世界に入りたいですよね。 映画を見たり、音楽を聞いたり、睡眠を取ったり。

でも、ビジネスクラスに乗ると、添乗員が1つ1つ席を回って挨拶してくれる時とかあります。

「澤様、本日は真にありがとうございます、、、私、本日担当させて頂きます○○です、、、」 

過剰サービスなんです。 こっちはタダのおっさんなのに、そんなに畏まられると恐縮してしまいます。

これも、エコノミーと格差をつける為のサービスですが、こんなサービス私には必要ありません。

料理の注文を取る時も、いちいち丁寧で、もう私に構わないでくれ!と思ってしまう時があります。

別に苦ではない

_81188887_smallbossbigboss
私は身長170cmの62キロで小柄なんです、その為、別にエコノミーの椅子でも苦痛ではありません。

椅子の大きさは全部同じですから、当たり前ですけど、身長が高くて横に大きい人はエコノミーは辛いでしょう。

昨年、日本に帰国した時、斜め前に座っているハワイアンの人が縦にも横にも大きくて、座るのもギリギリの状態でした。

それを見た時は、「あぁ、あのくらい体が大きいと3倍の値段の料金を払ってビジネスに乗る価値はあるな、、、」と思いました。

私もビジネスは快適だと思いますよ、一時期、ビジネスに乗っていた時期もありました。 無料で好きな方に乗せてあげるよ、と言われたら迷わずビジネスを選びます。

でも、小柄な私はそこまでエコノミーを不快に思っていないんですよね^^

以上、私がビジネスクラスを利用しない5つの理由でした。

みなさんはどう思いますか? ビジネスクラスはお金を出しても乗る価値のあるサービスだと思いますか?

以下の4つの記事も必読の記事です!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

シェアありがとうございます