ブログにコメント欄は必要なかったんだ!ブログ運営で気付いた事

blog-769737_960_720

こんにちは、2016年からSAWAAZUMI.comのブログを始めた澤です。(@SawaAzumi)です。

ブログ開始当初からコメント欄を「有り」に設定していて、読者の人達とコメント欄を通じて、楽しいやり取りをさせて頂いていたのですが、先月からブログのコメント欄を外しました。

沢山コメントを頂いていたのに、、、 m(。・ε・。)mスイマソ-ン

主な理由は、コメントに返信する時間が取れなくなってしまった事です。

アクセスが増えるにつれてコメントも沢山頂くようになったのですが、全てのコメントに返信する事が出来なくなりました。 コメントを頂いて返事をしないで放置する事が性格的に出来ないので思い切ってコメント部分を非表示にしました。

コメント欄を閉鎖して気付いたのですが、そもそも、ブログのコメント欄って必要ないんじゃないかと思いました。

良いコメントもあれば悪いコメントも出てくる

good-1122969_960_720
大抵の人は良識のあるコメントを書いてくれるのですが、中には「死ね」「嘘つけよ」「お前の考え方は間違ってる」などの不快なコメントを残す人達もいます。

考え方が間違ってるとか書かれても、私の個人ブログで私の個人の意見を書いていますから、意見の食い違いはあるでしょう。

人のブログを読むのって、そういった意見の相違の部分を楽しむものだと思いますが、中には私のバカな考え方が許せない人達がいるみたいです(笑)

ブログはアンチが出てきたら一人前と言われている世界ですから、悪意のあるコメントを書いてくれる人達が出てきてくれたのは嬉しいです。 感謝はしていますが、それらのコメントに対して時間を割く事は出来ません。

面白いのは、悪意のあるコメントを書く人、メッセージを送ってくれる人達って全員匿名なんですよね。 自分の身分を明かさないで、他人を指摘したり、攻撃する人達がいるなんて、想像するだけで笑いが止まりません(≧∇≦) ブハハハ

メッセージはわざわざフリーメールまで取得して送信してきてくれます。 芸能人でもない私にそんなに時間を使ってくれて嬉しいです(o≧∀≦o)ノ゙

SNSを使って個人で簡単に情報を配信できる

media-998990_960_720
今はTwitterやFacebookなどのSNSサービスを使えば簡単に個人で情報を配信できますよね。

発信ツールを誰もが持てる時代に、他人のブログのコメント欄に情報を書いたり残したりする必要性が昔と比べて極端に落ちています。 ブログ主に対して意見・感想・不平不満・苦情・クレームなどあった場合もSNS経由で送れば良いだけです。

コメント欄には凄く重要な情報を載せてくれる人達も沢山いましたが、コメント欄を無くす事によって、情報を付け加えてTwitterでリツイートしてくれたり、Facebookでシェアしてくれたり、結果的に貴重な情報はブログ欄を使うよりも拡散されています。

ブログのコメント欄って実は誰のためにも機能していないんですよね、ソーシャルボタンを付けておいた方がブログ的にも読者的にもメリットがある事が判明しました。

ブログにコメント欄を設置しない危険性

wordpress-265132_960_720
ブログのコメント欄を設置しない事による危険性もあります。 ブログは不特定多数の人達が読む可能性がありますから、私の発言が他人や団体の逆鱗に触れる事もありえます。

そういった地雷を踏んでしまった場合、コメント欄がある場合は、記事に対してクレームや指摘が入って、ブログ主が反応する事により怒りを鎮める事も出来ますが、コメント欄がない場合、地雷が核爆弾にパワーアップして、2chなどに飛び火する可能性もあります。

よほど危ない発言をしない限りそのような事にはならないと思いますが、コメント欄を設置しないという事は多少リスクも存在しています。

まぁ、私の場合、もう経済的な自由を手に入れているし、ブログが炎上しまくって社会的信用を落としたとしても、私の人生には全く何の影響もありませんけどね。

コメント欄は最初から不要

14492790376_31d1b362db_b
ブログ界隈でよく話題になるコメント欄ですが、ブログを始めるなら最初からコメント欄は不要ですよ。 SNSが普及した今、管理が大変なコメント欄をわざわざブログに設置するメリットは殆どありません。

同じような理由でコメント欄を閉鎖しているブロガーさんが沢山いる事からも、これからブログを開始する人達は最初からコメント欄は設置しないでもいいんじゃないかな。

以下の4つの記事も必読の記事です!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

シェアありがとうございます