ハワイのレンタルサイクル(自転車)bikiを利用する方法と注意点

6

こんにちは、ハワイ在住の澤(@SawaAzumi)です。

2017年の夏からハワイのワイキキ周辺でレンタルサイクル(自転車)のサービスが開始されました!

レンタルサイクルなんて以前からあったでしょ?! と思われるかもしれませんが、完全セルフで乗り捨て(指定の場所)する事できる画期的なサービスが始まったんです。

ワイキキって狭いようで何気に距離あるじゃないですか?

タクシーを使うのはちょっと微妙な距離だし、バスはいつ来るか分からないし、でも歩くのはちょっと厳しい。

こんな悩みを一気に解決してくれるレンタルサイクルbikiは本当に便利ですよ!

これからはもっと自由に観光する事ができます!

自転車のステーションの場所を確認する方法

IMG_3325
ワイキキのあちこちに自転車を借りられるステーションがあります。 

まずはどの場所にステーションが設置されているのか確認しましょう。

ステーションは約100箇所、自転車は1000台、場所は幅広くワイキキ~ダウンタウンに設置してあります。
2
具体的な場所を知りたい場合は以下のWEBで確認してください。
https://gobiki.org/map-of-biki-stops/

ちなみに各ポインタをクリックするとステーションにあるバイクの数などの情報が見れます。
4
自転車を使えばダウンタウンのチャイナタウン~アラモアナセンター~ワイキキ動物園などの移動もできますよね。

歩きでは相当時間かかりますけど、自転車だったら十分に移動できる距離です。

人気のあるレストランやショップなんかはこの地域に密集していますから、行動範囲が一気に広がります。

biki 自転車レンタル料金

レンタル料金ですが、30分で3.30ドルからです。

bikiを利用するのには2つのパターンがあります。

・会員登録してアカウントを作成する
⇒スマートフォンアプリで決済ができる
⇒15ドルのマンスリーパス(30分のレンタルを無制限)
⇒25ドルのマンスリーパス(60分のレンタルを無制限)

・アカウントを作成しないで利用する
⇒シングルライド(30分)3.5ドル(1回のみ)
⇒フリースピリット(300分)20ドル

マンスリーパスは地元の人の通勤の手段として使われる事を期待しています。

ハワイの交通手段は基本的に車がメインですから、渋滞緩和という目的もあるんですよね。

ワイキキからアラモアナ、アラモアナからダウンタウンと通勤している人は十分自転車で通勤できるんじゃないかな。

支払い方法

bikiを利用して自転車を借りる場合、クレジットカードでしか支払いができません。
支払いはステーションに設置されているボックスかスマホのアプリとなっています。
日本のクレジットカード(VISA、MasterCard、AMERICAN EXPRESS、JCB、DISCOVER)も使えますから自転車を借りたい人は持参してください。

使い方はいたってシンプルです。 言語選択で日本で表示されますから英語が苦手でも問題ありませんよ。
IMG_3319
注意点としてはプランを選んでクレジットカードで支払った後、5桁の暗証番号が出てきます。

その暗証番号を入力して自転車のロックを外す事になっているので、番号を忘れないようにメモを取るか写真を撮っておきましょう。

受け取った暗証番号を各自転車のラックのボタンをに入力します。ランプが緑に変わったら完了です。自転車を引き出しましょう。
IMG_3316
返却方法は自転車を今度は枠の中に戻すだけです。 戻した時もランプが緑に変わるので、それが完了の印です。

機械の使い方などもっと詳しい手順が知りたい人はこちらの動画をご覧ください。

Biki 自転車の性能と特徴

IMG_3314
・雨が降っても洋服が汚れないように特別に大きなタイヤカバーとチェーンガードがつき。
・坂道でも楽々!三段変速ギヤつき
・サドルの高さは調整可能
・安全性を高める為に反射板などが多くついています。
・大きな荷物も載せられるようにバスケットがついています。

通常の自転車よりもしっかりしたフレーズが使われていますね。

私も何回か利用しましたが、乗り心地は普通! 可もなく不可もなし! レンタル自転車ですから十分ですよ。

Biki 自転車利用時の注意点

日本と大きく違うのは自転車は歩道の走行は禁止されています。 歩道を自転車で走ると警察に捕まりますから注意してください。

また右側通行ですから、車と同じ進行方向に向かって漕いでください。 自転車レーンがある場合はレーンに沿って走ってください。

Bikiの利用には以下のような注意点があります。

・ユーザー登録は18才以上から、保護者が一緒の場合は16才から可能
・鍵が付いていないので盗難に注意してください、返却できなかった場合は罰金1,200ドル
・自転車は身長150センチから180センチの人が乗れるように設計されています。

開始数ヶ月で早くも大人気!

ワイキキ周辺を訪れると必ずBikiに乗っている人達を見ます。 自転車が一台もないBikiステーションもあったり、サービスが開始されてから数ヶ月しか経過していませんが、早くも大人気です。

レンタル自転車は狭いハワイにマッチしていますよね。

これからハワイに訪れる人は是非自転車を借りる観光プランを作ってみてください、自転車でハワイの風を感じながら町を散策するなんて最高ですよ!

あ、でも万が一の事故のために旅行保険の加入は必要かもしれません。

以下の4つの記事も必読の記事です!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

シェアありがとうございます