実体験した日本ですると変質者扱いされて通報されるかもしれないアメリカの習慣

unhappy-389944_960_720

こんにちは、アメリカ在住の澤(@SawaAzumi)です。 今月は夏休みを利用して日本に一時帰国しています。

日本には1ヶ月ほど滞在する予定ですが、あっという間に半月が経過しました。 美味しい物も沢山食べて日本を満喫中です。

日本に来る前に9キロ痩せたのに、リバウンドしていないか心配です。 ちなみに体重計には乗っていません(;´・ω・)

⇒ハワイでダイエット、ハワイで9キロ太って9キロ痩せた。

日本に滞在していて、ちょっと驚いた事がありました。

自分でも気付いていませんでしたが、アメリカ人っぽくなったな~と感じた事がありました。 と言っても、言葉の端々で英語が飛び出したり、リアクションがハリウッド映画の役者みたいに大袈裟になったわけではありません。

アメリカならではの習慣が勝手に身についていたのですが、日本でする事によって色んな場所で変質者扱いされていないか不安です。

もしかして私は誤解されて日本で逮捕されて、アメリカに戻ってこれないかもしれません。。。

さて、そのアメリカの習慣とはどんなものでしょうか? なんだか分かりますか?

目が合ったらニコリと笑うアメリカの習慣

2005-ketchup-bread-smile
アメリカではお互い目が合うと微笑む習慣、文化があります。 アメリカに旅行に行った事がある人なら分かると思いますが、男性でも女性でも目が合うと大抵の人はニコッと微笑んでくれます。

これは挨拶の一部で特に深い意味はありません。 お互い全然知らない者同士でも微笑みます。

恐らく、銃社会のアメリカでは目が合った瞬間、「私は危険な人間ではない、争い事は望まない」という意思を伝える事から生まれた習慣でしょう。

握手も同じです。 私は拳銃を持っていないという意思の伝達から発達していますよね。

ハワイの場合、特に目が合うと微笑む人が多いです。 みんなニコニコしています。

そんな環境に住んでいると、典型的な日本人の私でも人と目が合うと微笑む習慣が自然と身に付きます。

日本で人と目が合って微笑むと速攻で目をそらされる

目が合うと微笑む癖がついている私は日本にいる時でも、人と目が合うとニコッとしてしまいます。

しかし、日本でこれをすると結構ヤバイです。 

日本人って人と偶然目があっても直ぐにそらすのが常識というかエチケットですよね。

知らない人と偶然目が合って、相手がニタ~と笑って来たら気持ちが悪いとかいうレベルではありません。

ましてや、私のようなオッサンが同世代の男性と目が合ってもニタ~と笑ってくるのですから、相手からすればもう不愉快極まりないでしょう。

しかも、私は梅雨で雨が降っているのにビーチサンダルを履いています。 しかもROSSで買ったファッションセンスゼロの短パンとTシャツ。 更に小学生が使うようなアディダスのリュックサックを背負っています。 怪しい雰囲気は倍増されている事でしょう。

日本では、「人と目が合った場合は直ぐにそらす」と頭の中で理解していても、培われた習慣はそんな簡単に治りません。

若い女性にニタ~と笑って通報されたらどうしようかとドキドキしながら生活しています。

ドアを他の人の為に開けてあげる

night-shop-748203_960_720
アメリカの場合、女性でも男性でも自分がドアを開ける時は必ず後ろを見て、後に続く人がいないか確かめます。

後ろに人がいた場合、その人たちの為にドアを開けて待っていてあげる習慣があります。

もちろんレディーファーストという事で男性が女性をエスコートするケースの方が多いですが、女性でも開けてくれる人は沢山います。

日本でも後ろの人の為にドアを開けてくれる人もいますが、そんなに多くないですよね。

アメリカで生活していると、周りの人がドアにやたら気を遣うので、自分も後続の人達の為にドアを開けて待っているようになります。

でも、これも日本でやると結構、変な目で見られます。

後続の人達の為にドアを開けて待っていると、男性でも女性でも「なんだコイツ、キモッ」という顔で私を一瞬見ます。

お前みたいな奴にドアなんか開けてもらいたくなんだよ、と言わんばかりの雰囲気を出して、小走りにドアを通っていきます。

年配の人はお礼をいってくれる人が大半ですが、私より若い世代の人は、私にドアを開けてもらうのは、気持ち悪い以外の何事でもないようです。

しかもドアを開けて待っている私と目が合えば、ニタ~とほほ笑んでくるのですから、気持ち悪さは果てしないものでしょう。

想像してみてください、雨なのにビーチサンダルに短パンで、リックサックを背負ったオジサンがドアを開けてニタ~と待っているんです。 通報されても仕方ないですよね? 

アメリカ在住者は気を付けてね

アメリカ在住の人は私が言っている事を良く理解してくれると思います。 目が合うと微笑む習慣、ドアを他人の為に開けてあげる習慣。 個人的には素晴らしい習慣で日本でも広がってほしいと思います。

でもね、日本ですると変な目で見られますから、気を付けてください。

日本の皆さんは、ドアを開けたり、目が合ったら微笑んでくる人はもしかしたらアメリカから来ている人なのかもしれないので、必要以上に気持ち悪がらないでください。

以下の4つの記事も必読の記事です!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

シェアありがとうございます