Amazonの値段変動をグラフ化&値下げのメール通知するWEBサイトを作ったよ

2

こんにちは、2016年からアメリカでアフィリエイトに挑戦している澤(@SawaAzumi)です。

アメリカ人向けにアメリカのAmazonを使って商品の値段変動をグラフ化して、価格に変動があった場合メール通知するWEBサービスを作成しました。

サイトはこちらです、Amazon price tracker – Pathprice.com

仕組み的には非常にシンプルです。 ユーザーが検索したAmazonの商品を一度データベースに入れて、毎日値段が変更されていないかバックグランドで確認します。

価格に変動があった場合、価格情報をデータベースに追加してグラフを作ります。 その時に、商品に対してアラートを希望しているユーザーに対して、メールで通知しる仕組みです。

例えば、アマゾンのASIN- B00DPK10O2を検索してみます。 商品はおもちゃのヘリコプターです。
4
商品画像の横に現在の価格、アマゾンへのリンク、メール通知登録ボタンがあります。
6
・View on Amazon:アマゾンアフィリエイトのリンクが貼ってあります。
・Alert when the price drops:ここからユーザーはメール通知の登録が可能です。登録には会員登録が必要です。

メール通知の設定は会員画面からも可能です。 会員登録するとこのような設定画面があります。
8
現在3つのAmazon商品を登録してある状態です。

値段変動をグラフ化したものです。 Amazonの商品は日々値段が変動しています。 もう少し値段が下がったらほしいとか、しばらく様子を見る場合などに活用すると便利です。
10
Amazonの商品は値段が下がるだけではなく、上がる時もあるので、待っていたからと言って必ず安くなる訳ではありません。

メルアド集め

前回作成したAmazon APIを利用したアフィリエイトサイト、getWprice.comはロングテールSEOを狙った方法でした。

ユーザーが検索したページをHTMLで排出して、そこからアマゾンアフィリエイトリンクを踏んで貰おうという作戦です。 今回作成したpathprice.comも同じです。 ユーザーが検索したAmazonの商品は値段の変動がグラフ化されるページが作成されます。

同じように、検索エンジンから商品単体ページに誘導させてアマゾンアフィリエイトリンクを踏んでもらう作戦ですが、今回はメルアドの収集もします。

メール通知の設定にメールアドレスの登録が必要なので、登録されたメールアドレスには別途メールマガジンを発行する予定です。

アメリカでもメールマーケティングは効果の高い手法とされていて、ブロガーは色々な手を使ってメルアドを収集しています。 面白いのはメールマガジンを代行する会社、手法が日本よりも確立しているので、それを実際に試してみたいと思います。

こちらのサイトについても今後ブログで報告しますね~

以下の4つの記事も必読の記事です!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

シェアありがとうございます