ハワイの賃貸事情、月1000ドルでどの程度の部屋を借りる事ができるか調査してみたよ

honolulu-skyline-734694_960_720

こんにちは、不動産投資家の澤(@SawaAzumi)です。

先日、アメリカの家賃が高すぎて生活に必要な給料額が半端じゃない!といった記事を紹介しました。

・読んでみてね
⇒アメリカで高騰する家賃が深刻化、各主要都市で生きていくのに必要な給料ランキング

先日のランキングではアメリカの主要都市がメインだったのでハワイのホノルル市は入っていませんでした。 折角なので、本日はハワイの賃貸事情をご紹介します。

2016年度のハワイ、ホノルル市の平均家賃は$2341、1ベットルームが$1847、2ベットルームが$2771となっています。
1
アメリカ政府は家賃と給料の関係を30%程度を理想としているので、ハワイのホノルル市で2ベットルームの賃貸する場合、給料は年収で約1200万円必要となります。

仕事の少ないハワイで、年収1200万円は非常に難しい数字です。 実際に2ベッドルームを賃貸している人で1200万円年収がある人は極わずかでしょう。 現実は夫婦共働きだったり2つの仕事を掛け持ちしたり、給料との比率が60%になったりしているのが現実です。

ホノルルの2ベットルームの賃貸情報を実際に見てみると

6
Apartments.comという賃貸情報のデータを集めているサイトを使って、ホノルルの2ベットルームの賃貸募集状況を見てみましょう。

2ベットルームの平均家賃は約2700ドルですが、一番安い所で1000ドル前後、高い所で15000ドルのコンドがあります。 2ベットルームといってもコンドミニアムによってはサイズが全然違いますから値段に幅が出てきます。

ホノルル市:家賃が安い順

ホノルル市:家賃が安い順

ホノルル市:家賃が高い順

ホノルル市:家賃が高い順

東京都内で一番家賃が高いのは港区です。 港区の2DLKの平均家賃は約25万円ですから、ハワイのホノルルの方が2万円ほど高い事になります。 給料で比較した場合、東京都民の平均年収が約470万でホノルル市民の平均年収が約300万です。

しかも、これは東京都民の平均年収ですから、港区の区民はもっと年収が高いはずです。 そうかんがえると、どれだけハワイで生活するのが大変か想像できると思います。

ホノルル市で月1000ドルでどのような賃貸があるの?

家賃が東京の港区よりも高いホノルル市ですが、では月1000ドルでどのような賃貸を借りる事ができるのでしょうか?

Apartments.comで調べてみると1000ドル以下で登録されている賃貸物件はなんと全部で7つだけ!
2
賃貸物件の場合、全てのデータがMLSに登録されるわけではないので、正確な数ではありませんが、ホノルル市で1000ドル以下で賃貸物件を探す場合、殆どないという事には変わりありません。

例えば、こちらの物件は、ワイキキのスタジオタイプ、月$900、広さ100 Sq Ft 相当狭い^^;
4
カイムキにあるこちらの物件は住宅の一部を間借りする形。 スタジオタイプで月$900、広さは書いてありませんでしたが、写真を見る限り広そうですね。
7
マキキにこちらのコンドはスタジオタイプで月850ドル、広さは350 Sq Ft
9
ホノルル市を外れると月1000ドルでも賃貸物件は探せますが、ホノルル市ではなかなかありません。

ハワイは物件も高額で家賃も高額、先日のランキングに当てはめると家賃の高さは全米でトップ5に入ります。

しかし、家賃の高さと給料の比率を比べると、ハワイが最も給料に対する家賃の比率が高い州です。

今後、ハワイの家賃や不動産はどのようになっていくのでしょうか。 このまま不動産価格や家賃が上がり続け、もしかしたら地元の人達は1ベットルーム以上は
経済的に借りられないような時代が来るのかもしれません。

以下の4つの記事も必読の記事です!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

シェアありがとうございます