39才になりました。 30代最後の目標と今の心境を書きます。

happy-birthday-14388056292Ev

こんにちは、本日7月27日は私(@SawaAzumi)の誕生日です。

39才になりました。 いや~まさか自分が39才になるなんて思ってもいなかったのでびっくりです。 中身は小学生の頃と全然変わっていません。

小学生の頃って39才の人は完全に大人で、別世界に住んでいると思っていましたが、実はあまり心の中は変わっていませんd( ゚ε゚;). ワタシダケ?

皆さん、そんな私の事が気になって仕方ないと思うので、今の心境や30代最後の目標、40代をどうやって生きていきたいのか、などを書きたいと思います。

残りの人生は長い?短い?

男性の平均年齢が79.5才ですから、このまま順当に寿命まで生きられるとした場合、残りの人生は40年という事になります。 しかし、男性の場合健康年齢は70.4才。

健康年齢とは平均寿命から介護(自立した生活ができない)を引いた年齢。 男性は平均寿命79.55歳に対して健康寿命が70.42歳、女性平均寿命は86.30歳に対して健康寿命が73.62歳。

健康年齢から逆算した場合、健康的に自由に生きられるという意味では残り31年。

残り31年と考えた場合、正直な所「まだまだ長いな」と感じます。 恐らく8才の頃からの31年間よりも圧倒的なスピード感で年をとっていく事でしょうけど、それでも残り31年は十分な時間があると感じます。

そういえば、昔、祖母が85才くらいの時(現在は既に他界しています)に「ねぇ、おばあちゃん死ぬの怖くないの?」って聞いたら「ぶははwww 死ぬのなんか怖いわけないやろ、もうはよ死にたいわ」と言っていたのを思い出しました。

年をとっていくと死に対して怖くなくなると言いますが、39才になると、なんとなくその感覚が理解できるようになりました。 世の中の事や仕組みを理解したというか、やりたい事があるけど、別にやり残した事はないという心理。

あ、でも子供の成長は絶対に見たいな。 それだけが唯一の楽しみ、と言うと凄く寂しい感じがしますが、でもそんな感じかな。

人間、いつ死ぬかわからない

life_is_short_time_is_fast
39才にもなると同級生が死んでいたり、周りにいた人達で死んでしまった人達は多数います。

その殆どの人達は「突然」死んでしまいました。

という事は私も「突然」死んでしまう可能性があります。 車の事故で死ぬかもしれないし、アメリカだから銃撃乱射事件に巻き込まれるかもしれない、病気で死ぬ可能性だって十分にある。

ブログを書いている今だって、もしかしたら突然、脳梗塞になって倒れるかもしれません。

( ꒪﹃ ꒪)ウッ

そう考えると、過去の事や未来の事をやたらと気にしたり、心配するなんて時間の無駄。 いつ死ぬか分からないなら、今に感謝して「今を生きるべき」ですね。

スティーブ・ジョブズは、毎朝、鏡の前で自問自答していました「今日が私の人生最後の日だった場合、今日する予定のことをしたいと思うか。」と。

「いいえ」と答える日が続くなら、軌道修正しなければいけません。

「人間、いつ死ぬかわからない」という事に真剣に向き向かったら、人生はもっと楽しくなるんじゃないかな。

貴方はどうですか? 今日が人生最後の日だった場合、今日する予定の事は楽しみですか?

ミドルエイジクライシスはくるかな?

SONY DSC
2年ほど前に糸井重里さんが書いたコラム「40歳の人たちへのメッセージ」がネットで大反響を呼んでいました。 

40歳というのは、戸惑う年齢で、自分はいったい何者なんだと悩みだす年齢のようです。 反響が大きかった事から一般的な40歳前後の人も糸井さんのように仕事や生き方に対して戸惑っている人達が多いのでしょう。

私の周りでも、仕事や生き方について悩んでいる人が多い。 年齢的に、ある程度仕事にも余裕が出来てくる時期、人生の折り返し地点に立って、無駄に考える時間ができるようになったからでしょう。

俗にミドルエイジクライシスと言われるものですね。

ミドルエイジクライシスは思秋期ともいいます。思春期が、大人への成長を前にさまざまな葛藤に悩む時期であるのに対し、思秋期は、若い頃の価値観や生き方を見直し、人生の後半をどう生きるか考えていく時期にあたります。

私の場合、それなりに悩みはありますが、悩みのレベルが「お金も時間もあるから、これからどんな仕事やっていこうかな~( *´艸`)ムフフ」と、とてもブログに書けないような事なので、今の所、ミドルエイジクライシスとは無縁です。

しかし、糸井重里さんがコラムの中で「簡単には1位を取れないけれどワクワクするものを40歳で持ってみることって、その後の人生を大きく左右すると思う。」と書いている通り、確かにこの年になるとワクワクするものが無くなってきます

この年齢って何事も妙に悟ってしまうというか、ゴルフなんかも一生懸命練習していても「上達したからって何なんだ?」と身も蓋もない事を考えてしまう時があります。

私も来るべき40歳に向けて、なにかワクワクするものを見つけなきゃ。

肉体的な衰えを感じるようになった

alive-934653_960_720
20代の頃と比べると明らかに肉体的な衰えを感じるようになりました。

お酒は沢山飲めなくなったし、酔えなくなった。 酔う前に眠くなります。 20代の頃は朝まで飲んで仕事にいくとかあったけど、そんなの絶対無理。

体を激しく使うと数日間、倦怠感が抜けなかったり、自分で自分の体が衰えているのが良くわかります。

ショックなのは、頭がすこぶる悪くなりました。 自分でいうのもなんですが、昔は頭の回転が速く沢山の事を同時に考える事が出来ましたが、今は一つの事で精一杯。

しかも記憶力の低下が一番顕著に表れています。

直ぐに忘れるので、自分で自分の事を信用していません。 例えば、翌日に書類を持って人と会う約束がある場合、自分が書類を忘れる事を知っているので前日に車の中に入れて置いたりします。

それだけ、物忘れがひどい。

でも、物忘れがひどい事は悪い事ではありません、嫌な事などがあっても直ぐに忘れるので、案外、人間って40才とか50才くらいが一番生きていて楽しいのかもしれません。

まぁ、脳も肉体の一部ですから、衰えるのは仕方ありませんね。

他人の目線が一切気にならなくなった

1
39歳にもなると、他人の目線が全く気にならなくなってきます。 他人の目線が気にならないと、これもまた生きていくのが楽です。

これは年齢的な理由からなのか、アメリカに住んでいるからなのか分かりません。 はたまた、私が経済的な自由を手に入れて神の領域に入ってしまったからかもしれません✧◝(⁰▿⁰)◜✧

・合わせて読んでね
⇒お洒落は他人の目ありき、自尊心を満たす為:ハワイに住んで気づいた事

また、他人からの評価も一切気にならなくなりました。 私は、私の人生を好きなように生きるから、なんとでも思ってくれという感じです。

というより「なんとでも思ってくれ」とすら思っていません。

昔は「アイツには負けたくない」とか、「凄いと思われたい」とか他人の目線、他人からの評価を気にして生きていましたが、もうね、まったくゼロです。

だからと言って、他人に対して意地悪したり、自己中心的な発言をしたり思いやりがない訳ではありません。 逆に人に対して優しくなったんじゃないかな。

うーん、この感覚分かるかな?

全く新しいビジネスに挑戦したいな

pexels-photo
私は新しい事に挑戦するのが好きなようです。 挑戦するのが好きと書くと響きが良いですが、一つの事を淡々と長期間継続する事が苦手です。

20代の頃に始めたITの会社も7、8年前に始めた海外不動産投資も、ある程度仕組みを理解したので、正直もう飽きました。

ITも不動産投資も最初はワクワクしたけど、もう今は淡々と繰り返しているだけ。 不動産なんて先月ハワイでコンドを購入しましたが、いくらで購入したのか忘れるほど・・・

・合わせて読んでね
⇒ハワイで不動産投資開始!バケレンで運用すれば大儲け?

何年も同じ事を一生懸命繰り繰り返せる人達って凄いマゾだと思うんですよ。 好きだからというけど、好きだから飽きないという理屈は理解できません。

そう考えると、糸井重里さんが言う「ワクワクするもの」というのは私の場合、ゼロから立ち上げるビジネスなのかもしれません。

こんな事やったら儲かるんじゃない? みんな喜ぶんじゃない? と考えるとワクワクが止まりません。

39歳の目標は!?

kids-playing-863613_960_720
今年の1年間の目標は全く新しいジャンルでビジネスの足掛かりを掴むのと、引き続きハワイライフを楽しむ事です。

最大の目標は「子供と沢山遊ぶ事」ですね。 これは子供が生まれた数年前からずっと一番の目標に掲げている事です。

昨年の1年間は一緒にプールで遊んだり、ゲームをよくしました。 最近はお互いボクシンググローブを付けて戦っています、向こうは本気なので、私の体は痣だらけ、、、(ノε・ 。)

子供に一番必要なのは親の愛ですから、必要としている愛情を可能な限り与えてあげたいと思っています。

よーし! 39才は人生で一番楽しい年にするぞ~

以下の4つの記事も必読の記事です!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

シェアありがとうございます